最近のトラックバック

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

変化

昨日は、大きな変化を選択した日ですね。
自民党、公明党の連立政権に対しての批判と
とるのが本筋なのでしょうね。
ここは真摯に受け取るべきなのでしょう。
とりあえずは、
これからの民主党政治に期待しましょう。

政治の話題は、これくらいにして、
先週末から日本青年会議所の九州地区大会に
参加してきました。
今回の大会は、かなり充実したファンクションが
たくさんありました。
そのなかでも、
式典において、孫正義氏による講演は、
非常に興味深いものでした。
会員のみが対象になっていたもので、
ソフトバンクの志が感じられるたいへん貴重なものでした。
しかも当初予定は、30分だったものが、
次第に熱が入ってきた孫社長、気がつけば1時間30分・・・。
これだけでも、今回参加した価値があったと思いますね。
私の中にも変化をくれたかもしれませんね。

来年は、奄美大島で開催されることが決定しました。
奄美・・・・・・・・。
・・・・・・。

社長就任

お取引先であり、延岡JCの後輩でもあるN氏が
社長に就任された。
そのお祝いがあった。
そこで、2冊の書籍をお祝いとして進呈した。

「経営者の条件」P.F.ドラッカー
「人を動かす」D.カーネギー

どちらの書籍も、古典である。
しかし今読み返してみても、十分に通用する。
普遍的なものが書かれているからだ。

内容も実に読みやすく構成されているので、
何かの拍子にでも、手にとっていただけることを祈る。

2年前、私も社長に就任させていただいた。
自分では意識していなかったのだが、
かなりのプレッシャーなのであろう。
血圧が上がって、体調を崩してしまった。

当時、ある先輩が社長就任祝いをしてくださった。
それを思い出している。
同じように、後輩にも何かしてあげたいと思って、
今回、書籍を送ることにしたのである。

おそらくは、今後、迷い、悩み、苦しみながら、
さまざまな決断をしていかなければならない。
しかも独りで決めなければならないのだ。
決して、合議制ではない。

私も、大学を卒業してすぐに大学の先生から
カーネギーを読めと言われた。
今も苦しみながら、決断をする日々である。

段取りの先にあるもの

一般に段取り八割とか、
段取りがよい人は、仕事が速いなど、
当たり前の用に言われるし、
その通りだ。
段取りとはそれくらい大切なものであることは、
まちがいない。
だからできる人とできない人の差は、そういったところに
表れ評価の対象になる。
当社の場合、
ほとんど同じようなものを毎日作っている。
作業も同じだ。
そうすると段取りも含めて同じことを繰り返している。
ここに落とし穴がある。
決まった仕事では、それでもいいかもしれないが、
新しい仕事や可能性に富んだ仕事の場合は、
これまでのやり方では通じない場合が多くある。
新しく考えなければならないのです。
正直教えられるものではないです。
新しい取り組みなのですから、
誰も知らないわけです。
それを試行錯誤しながら進めていく力が求められます。
そういうことができない人は、
どうしてしないの?なぜ、すすまないの?と聞くと、
「聞いていません」などと平気でいったりします。
意地悪して、「言ってないよ」とも言いたくなりますが、
考える力がない人たちは、
残念ながら・・・・・という結果になるでしょう。

できない理由を人のせいにする人も同じです。
誰々がしてくれないから・・・。
あの人がしないから・・・。
あの部品が届いていないから・・・。
さまざまですが、
原因を人に持っていってそれで終わりでは、
なんの解決にもつながりません。

因は我にあり。

今年の宮崎ブロック協議会会長が
口癖のようにおっしゃられています。
耳にするたびに、自戒しています。

段取りの先にあるもの
段取りだけでは、突発的な仕事や新しい仕事には、
対応できにくい時代になってきています。
懐の深い柔軟性に富んだ感性が求められるのだと思います。

段取りよくできるというのは、前提の話ですが・・・・。

流通の変化

コンビニが変わろうとしている。
昨日は、ローソンとマツキヨの業務提携が
話題になっていた。
今年6月の規制緩和に伴い早速仕掛けてきた。
両社の思惑が一致したのであろう。
基本的に商売であるので、WIN-WINの関係でなければ
長続きしない。
今後どんな展開で発展していくのかが楽しみである。

コンビニといえば、最大手セブンイレブン。
最近は、いろいろとオーナーたちとの訴訟問題を抱えている。
セブンイレブンだけの問題ではないだろうが、
業界を代表するポジションなだけに、致し方ない。
消費期限の問題や24時間営業を強要しているなど・・・。
消費期限はなんとなく理解もできるが、
24時間営業の件は、わかっていて参入したのではないのか?
そういう疑問が頭に浮かぶ。

ではなぜ、こういうことになってしまったのか?

これは、構造的な問題なのかもしれない。
おそらくオーナーたちのライフスタイルが変化しているから
であろうと推測する。
若い時分は、少々も無理もしたし、できた。
それが年齢を重ねるにつれて、困難になってきている。
しかも深夜営業の連続などは体力的にきつい。
おそらくデータでも、時間ごとに売上や利益率もしっかりと
把握できているだろうから、
深夜のコストと利益を考えると・・・・・。
そんなところが出発点ではないのか。
そして、そろそろ仕事以外でも人生を楽しみたいと
考える世代にオーナーたちがなってきているからではないか。
だが現実問題は、深夜勤務してくれる人材が確保できないで、
苦しんでいる。
そういう状況下にあって、
本部の対応は、24時間が当たり前。
その一点張りだったのではないか。
人は感情を持っている。そのことを忘れてはいないか。

そういえば、24時間営業だったジョイフル。
最近は、そうでない店舗も増えてきている。
コンビニの問題とは比較することではないが、
変化に対応できるか否かが
生き残れるか否かである。

秋の気配

今朝は、秋空だ。
空が高く感じでいる。
会社では赤とんぼが飛んでいます。
そうは言っても、残暑は厳しいことに違いはないが・・・。

ネット・通販の伸びが著しい。
その反面、デパート、コンビニが悪くなっている。
店舗を構えている既存の商売形態が
変わってきているということであろう。

これはどういうことを意味するのか。
大きな時代の変化を感じざるを得ない。
何かを買おうとするときを思い浮かべてみればいい。
売っているところがわからなければ、
最近はGoogleやYahoo!を使って検索する。
すると、かならずネット通販のサイトに突き当たる。
都市部では、ネットで検索したものを
直接買いに行き、手にとって確認することも出来るが、
地方になるとなかなかそうもいかない。
するとついネットで買ってしまう。
2~3日待てば手元に届きますからね。
この傾向は今後ますます加速することになりますね。
対応できないところは・・・・。
その一例と言えるかどうかは、わかりませんが、
ただいま、真っ只中の選挙。
なんでも、ブログやメールでの運動はダメなんだとか。
なぜか、電話はOK。
法律ができたのが古いからと言われていますが、
それって、解釈の違いじゃないの?
もしかしたら、インターネットを使うことが不得手なお歴々が
うん、と言ってくれないのか?
10年後くらいには追いつけるのかな?

今年の夏は、30日に大きな変化が起きそうです。

マイナビ2011から

人事を尽くして天命を待つ。

この言葉はよく耳にする。
組織運営においてもっとも大切であろう人材。
その人材をいかにして活躍してもらえる場を
しつらえていくか、今後どういうことをしたいから、
どういう人材が必要になるかを考える。
それが私の仕事である。

マイナビ2011とは、毎日コミュニケーションズと言う会社が
開催している新卒採用における情報伝達手段である。
近年は、インターネットでの募集が主流で、
それを活用しなければ採用活動自体が成り立たない。
その提案が、先月末にあった。
詳細の提案は、後日ということらしいが、
日程的に今月中であろう。

話は戻るが、
組織を作るには、順番がある。
なんといっても目的である。
その組織が何をするのかを明確にしなければならない。
会社であれば、経営方針や経営計画、事業計画などである。
JCなどの団体であれば、理事長所信など。
組閣の前にそれがなければならない。
もしも、組閣ありきでおこなうと、
こんなはずではなかったと言う結果になりかねないのである。
私の先輩が、JCで組閣を考えるときに40数パターン考えたと言う。
かなりの熟考だったのでしょう。
それも、やっぱり所信があって出来ることだと思います。
手前味噌になるかもしれないが、
あの年は最高の組織運営ができたことを
今に思う。

当社も同様に、2011年の新卒採用に取り組むにあたり、
人材戦略を社内で協議する。
最終的には私が決めるのであるが、
この採用活動を通して、自社を見つめると言うことを
社員で行なうのである。
事務局は、今年入社した新入社員が受け持つ。
入社してまだ半年経っていないのであるが、
一番学生に近い感覚を持った彼ら感覚は我々よりも正しいからだ。

お盆休みの間に考えていた計画を
実行に移していく時期になってきた。

GDP4~6月期

本日、内閣府からGDP速報値が出された。
それによると、5四半期ぶりに前期比(1~3月期)0.9%増
であったようだ。
年率換算では3.7%増になるらしい。
最近は、株価も10000円代を安定して推移している。
景気は底を打ったと言う判断は、正解だろう。

だが安心は出来ない。
アメリカでは、今年になって地方銀行
74行が経営破たんをしている。
これでは、その銀行に依存しているアメリカの中小企業は、
たまったものではない。
実体経済にはお金が回っていないことが明白だ。
大半は、その破綻した銀行の後を大手が
営業を引き継ぐ形で取り繕っているが、
いづれ処理の過程においてリストラがされていくだろう。
いまの経済は、基本的にデフレであるため、
この傾向はしばらく続くだろう。

問題は資金の流通量ではなく、需要の拡大であろう。
今の極端な金融緩和政策は、
市場にお金をジャブジャブと投入している。
そのお金の行き先がなくて、
結局投機に走っている。
ここに規制をかける必要があるのではないか。
そう思えてならない。
少なくとも、株は投資であってほしい。
中期で3~5年は、猶予を見ていただきたいものだ。
これがデイトレードされている仕組みが、
問題なのではないか。
そう思えてならない。

夏休み

早いところでは、先週末から夏休みになっているところも
あるようですね。
長いところでは、9連休でしょうか。
当社は、13日から16日までの4日間が休みになります。

昨日は、日本青年会議所の中間監査で、
福岡に行ってきました。
本年度宮崎ブロック協議会の財政局長の
神田君と一緒にドライブです。
8時30分に延岡を出発して、
佐伯ICより東九州道に乗りました。
が・・・Σ( ̄ロ ̄lll)
大分から由布院まで霧のため通行止め。
すでに佐伯ICの前です。
仕方なく光吉ICまで乗って、
それから210号線を由布院に向かって北上。

やっぱり夏休みなのでしょうか。
天気もよくないのに、案の定、渋滞です。
それでもなんとか運転をがんばって、
無事に福岡国際会議場へ12時45分到着。

2時間の監査をしっかりと受けてまいりました。
神田君が資料を見やすくまとめてくれていたおかげで、
監査もスムーズに進みました。
何点かの指摘を受けましたが、
大きな指摘ではなかったので、ほっとしております。
年末の監査は、
たくさんの議案が決算を終えておりますので、
しっかりと作り上げて臨みたいと思います。

帰りは、熊本経由で帰ったのですが、
途中、基山SAに立ち寄ったら、
めんたいワイドというニュース?番組から取材を受けました。
宮崎県で、何度も行きたくなるお勧めの飲食店を教えてほしい
というものでした。
宮崎ナンバーのZが目立ってしまったのでしょうね。
当然、辛麺屋 「桝元」を全面的にアピールしておきました。
採用されたかどうかは、確認できませんが・・・・。

監査のために日帰り弾丸ツアーでしたが、
最後に、神田君がやってくれました。
帰りは、基山SAから神田君が運転をしてくれたのですが、
最後の最後、自宅へ到着してバックから、
玄関前に止めようとしたとき。
左側後方から「グヮシャ、グヮシャ」という
悲しい音が・・・・・・・。

通常の神経の持ち主であれば、
動揺するところですが、
彼は、あちゃーといって、
平然と「すみません、直します。」
さすがは、神田自動車。
そりゃ、修理はお手の物でしょう。

これで、車体についている小傷もいっしょに
直してくれることでしょう。

夏休みまでには、修理してもらえるのかなぁ。

健康第一

昨日、M社の社長とお話をしました。
久しぶりのように思えます。

話題は健康。
そろそろかなり意識しなければならない年齢になってきたと
いうことでしょうね。
これは本当に考えなければならない。

延岡のIT社長 T氏ともお話をしました。
話題は同じくです。

世界一の長寿社会になった日本。
人生50年と歌われた織田信長の時代からすれば、
30年も長く生きていられる。

私も人生の半分に到達したと言うことは、
せいぜいこれからの10年が勝負できる時間ということになろう。
あっというまである。
何をするべきなのか、
しっかりと未来を見据えていきたい。

台風の影響かな

昨日から降り続いている雨は、
今も降り続いている。

結構な強さで鉄板屋根の工場内は、
雨音の調べならぬ、雨音太鼓だ。
それも、機械の音にはかなわないが・・・・。

この音であるが、
ひとつのバロメーターになる。
当社は機械でものを作る会社である。
ここにおいて音は大切な判断基準を持つ。

私はいつも思うのだが、
ものづくりにはセンスが必要だ。
一言にセンスと言っても、その範疇は広いので、
ここでは工業製品に関するとしておこう。
みんなだいすき、大量生産だ。
(nota町民さんは特に好きな響きらしい)

同じものを作っているように見えるが、
実は一つ一つバラツキがある。
見た目では、わからない。
たとえば、重さが違ったり、角度が違ったり、
さまざまだ。
そのバラツキの範囲は、極少だ。
極少の範囲であれば問題ないのであるが、
ときどき、許容範囲を超えるものがでてくる。
こいつが厄介だ。

この許容範囲を超えたものでも、
若干超えたという程度ものは、見た目では判別しがたい。
だが、センスのあるものづくり社員は、
見つけることが出来る。
これがセンスのある、なしになってくる。
いわゆる五感が鋭いのだ。
音の場合は、
同じようなリズムで生産されている中に、
耳慣れない音がするときがある。
それを聞き逃さない感性が要求されているのだ。
慣れると言うことも大切であるが、
意識をそこにおいておくことが大事である。
難しいことであるが達人と言われる人たちは、
意識していなくても気づく勘所を持ち合わせているのだ。
これを習得するには時間がかかる。
だけど、
知っているのと知らないのでは、大きな差が出る。
さらに、
意識しているのとしないのでは、もっと大きな差が出る。

音。 重要なバロメーターだ。

台風は、台湾を直撃しそうだ。
大きな災害が出ないことを祈ろう。

ボトムアップとトップダウン

組織運営をしてみると、
その組織に属する人たちのモチベーションを
あげること、維持することがいかに難しいかを
痛感する。

なぜ?

どうして?

そんな疑問・・いや不満が脳裏をよぎる。
だが、原因を社員にもっていっては、解決策が見えない。

8月から本格的に組織変更をした。
月初の朝礼では、かなりきついことも言った。
トップダウンでの指示である。

さかのぼること2週間前になる。
キーマンをつかまえての落とし込みを行なった。
それから毎日、キーマンを中心にスタッフへの
落とし込みをしていった。

数人のスタッフは、やる気を見せて、
取り組んだ。
すぐに壁にぶつかった。
人を動かすことの難しさを痛感していた。
なんどか、彼らにアドバイスをした。
今は我慢をする時期だ。
相手の言い分を聞け、そして飲み込め。
あきらめたら負けである。
仲間を作れ
賛同してくれるメンバーは必ずいる。

それが功を奏してか、
月初の朝礼以降、ボトムアップの動きが見られ始めた。
期待していること以上の危機感を持って、
動き始めてくれている。
今が正念場だ。
ここで一気に加速させなければならない。
組織の次なるステップアップである。
まだまだ幼稚ではあるが、
自ら考え、動くようになっている。
支援しなければならない。

矢継ぎ早に、次のステップを取り組むことにした。
就業規則の全面改訂を考えている。

基本的に、
就業規則は労使の合意の下に作られなければならない。
それを一緒に作ろうと考えている。
今ある就業規則は、一般的な雛形を模したものだ。
それではないほうがましだと思っている。
だから、社員の「安心」を満たして、
「やる気」に火をつける就業規則を作ろうと思う。

いづれしにても、まずはトップダウンからはじまる。
まず櫂より始めよ。

電気自動車

日産が、電気自動車を発表しました。
Nissan_leaf


5人乗りのハッチバックですね。
デザインは・・・うーん。
発売は、来年らしいので
まだまだ詰めるところがあるのでしょうね。

自動車業界は、今後 電気 vs ハイブリッド の
構図になるのでしょう。
今のところ、ハイブリッドの分がありますね。
まだ電池の能力に問題があります。
ハイブリッドはそこをエンジンがカバーできているので、
分がありそうです。
むしろ、エンジンのカバーを電気でしているというべきでしょうが。

技術的にはそうですし、
充電インフラとしての整備もこれからのEVは、
10年後くらいを見据えておくべきでしょう。

来月にはリーマンショックから1年になりますね。
その間の経済環境の変化と言ったら、
過去経験したことがない激変でした。
まだまだ、予断を許さない状況ですが、
なんだか少しは光が見えてきたのではないかと
各社の4-6月期の報道を見ていると感じます。
その波及が中小企業まで降りてくるか否かですが・・・。

さて表題の電気自動車ですが、
では今後の期待は、燃料電池というところに
なるのでしょう。
ようするに、電池の技術革新に大きく依存していると
言えます。
日向市にハイポアの工場が建設されています。
リチウムイオン2次電池に使われる素材を
生産する工場です。
日向としては、期待の大きいところですね。

8月です

夏になりましたね。
蝉の声が朝から、うるさいくらいに耳につきます。
それでも空はすっきりしないですね。
まだ梅雨空が残っているようです。

8月は、お盆休みです。
当社は、暦どおり13日から16日までです。
出来れば夏休みも長く取りたいものですね。
今年だと、9日から16日までとか・・・。

話題は変わって、
今年の夏は、選挙の夏になりますね。
各党からマニフェストなるものが、発表されております。
感想は、どの党も耳心地の良い政策ばかりですなぁ。
というところでしょうか。
共通する政策もあるようです。
小選挙区制をとっているのですから、
自民VS民主の構図なのですが、
はっきりとした違いを見せてほしいものです。

今月末30日が投票日ですから、
投票にだけは行かなければなりませんね。


« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ