最近のトラックバック

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

公益性を重視した大会へ

先週末、延岡において
2009年度社団法人日本青年会議所
九州地区宮崎ブロック協議会の
会員大会が開催されました。

宮崎県内の青年会議所の大会だと思っていただければ、
良いかと思います。

私は、今年その協議会に運営専務として、
参加させていただいています。
そういう関係もあり、
例年になく係わり合いの深い大会になっております。

今年最大のイベントといってもよいでしょう。
そんな3日間でした。

タイトルですが、
公益性を重視した大会とあるように、
ここ2、3年くらいでしょうか、
公益性ということを特に意識して大会が
開催されるようになってきております。

そもそも、青年会議所の運動というものは、
社会に変化をもたらすために行なっているのですから、
いまさら公益性を言われても・・・と思うかもしれませんが、
あらためて、公益性の高い大会となると
一考しなければならないところが多々出てきます。

本来ブロック会員大会というのですから、
会員のための大会であるはずなのですが、
我々の本来の運動体という観点から考えると
より多くの市民に開かれた大会であってしかるべき。
そういうことになるでしょうか。

さまざまな議論はあるにせよ、
延岡でそういった大会が開催されたことは、
延岡青年会議所にとっても、意義深いことであったと
思います。

その大会に社員が参加してくれました。
ビジネス系のファンクションに6名。
青少年育成のファンクションに、4家族。
ビジネスのファンクションは、少し早めに終了したので、
そのまま、青少年のファンクションに移動してくれたそうです。
ありがとうございました。

感想を聞くのがこわいのですが、
今朝は、部長と少しだけ話題に出来ました。

部長は、ビジネス系のファンクションの感想として、
当たり前のことを言っているのだが、
それができることがすばらしいと・・。
また、社員の能力すべてを引き出していくことが
経営者の仕事だとおっしゃられておりました。

社員の能力すべてを引き出すことができているのか。
自問しております。

護衛艦ひえいにて

昨日は、海上自衛隊の護衛艦ひえいを
見学させていただきました。

きっかけは、日向JC OBのT先輩が、
誘ってくださったからです。

11時からの式典では、
日向市長をはじめ、商工会議所会頭など
日向市をあげて歓迎されておりました。

2日間の寄港ですが、
およそ300人の乗員のうち18名が宮崎県出身ということで、
宮崎出身の皆様は、一瞬の帰宅をされるということでした。

さてさて、その式典も終わり、
特別公開という特典をいただいている関係で、
そのまま乗艦させていただきました。(^^)v

まずは、艦の主砲をバックに記念撮影。
その後、昼食会に招いていただきました。(昼食代は、別途)
期待していた海軍カレーだと思っていたのですが、
カレーは金曜日と決まっているそうです!たしかに!(>_<)
しかし、ひえいの調理長が腕をふるっていただいた昼食(和食)を
おいしく堪能させていただきました。

昼食の会場は、士官室 !!(゚ロ゚屮)屮
ここで作戦会議があるのかぁ・・・。
感動モノです。

その後、艦内を雷砲長の案内で見学させていただきました。
まずは、雷砲長お得意分野からです。

記念撮影をした場所にもどり、
73式5インチ54口径単装速射砲 2門の説明です。
33発/分 の能力で、
23km先まで狙えるそうです。∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

その後、74式アスロック8連装発射機 の説明です。
アスロック・・・なんということでしょう。
これで、潜水艦も撃破です。

Launching_harpoon


そして、いよいよ艦橋へ 
そこでは、艦の操舵方法を説明していただきました。
2軸のスクリューが独立して制御されるのですが、
艦橋からの指令に対して、
実際のオペレートは、機関室で行なわれるため、
一瞬のタイムラグが生じますが、(3秒くらい)
船の操艦ですので、ぜんぜん問題ないですね。

それをちょっと体験させていただきました。
T先輩と一緒に感動の嵐です。

その艦橋から外に出て、
出ました!ファランクス!!Σ(゚□゚(゚□゚*)

フル自動制御で飛翔してきたミサイルなどを
打ち落とす最終砦ですね。
4500発/分の能力です。
ただし、打ち終わると銃身は使い物にならなくなるそうです。
そりゃ、そうだ。


200pxclosein_weapon_system


そんなわけで、続きはまた来週。

細島港に寄港中の護衛艦ひえい

Hiei06

梅雨ですが

梅雨の晴れ間が続いています。
週末までもってくれればいいのですが・・・。

今週末の天気。
それだけが心配です。
私の予想では、曇り。
たいへん過ごしやすい週末になるでしょう。

昨日ニュースでOECD(経済協力開発機構)が発表した
経済見通しが報道されておりました。
どうやら、底がみえてきたということらしいですね。
早ければ、年末には底を打ちそうです。
日本経済にも明るさが見え始めています。
まだまだ油断は出来ない状況ではありますが、
お先真っ暗から、一筋の光明が見え始めているところでしょうか。

私たちがしなければならないこと。
それを今一度足元から見直すときだと思っています。
社員のモチベーションは高く維持できているので、
そこをさらに引き出していくことを
私たち経営陣がしなければならないですね。


話題は変わりますが、
本日、細島港に
海上自衛隊護衛艦隊第4護衛隊郡所属
護衛艦「ひえい」が入港します。


Hiei


お昼に特別公開がありますので、
見学させていただきます。

まかせてまかせず

松下幸之助翁の言葉です。

以下に、松下幸之助 一日一話 より

まかせてはいるけれども、たえず頭の中で気になっている。
そこでときに報告を求め、問題がある場合には、
適切な助言や指示をしていく。
それが経営者のあるべき姿だと思います。
これは言いかえますと“まかせてまかせず”ということになると思います。
まかせてまかせずというのは、
文字どおり“まかせた”のであって、
決して放り出したのではないということです。
以上 引用終わり。


反省しなければならない。

自分は、本当の意味でまかせていたのであろうか。
現場からのSOSに対して、
適切なアドバイスや指示ができていたのであろうか。
昨日は、諸事情により、
陣頭指揮を取ることになった。
そこで感じたことが、本日の反省である。

私がしっかりしないで、なにが経営であろうか。
数字だけを追いかけていて、なにがわかるのであろうか。
そこにいる人の機微や私たちのおかれている環境すべてを
しっかりと洞察できているであろうか。

昨夜は、遅くまでがんばってくれた社員がたくさんいました。
今朝も、早くから現場で段取りをしている社員がたくさんいました。

こういう社員を大切にしなければならないし、
彼らと共にこれからの未来を作っていかなければならない。


出ました。VersionNISMO

Versionnismo


ひさしぶりに、わくわくする車が出ましたね。

おもわず、お買い上げ!と言いそうになります。

言うだけならただですから・・・。(ディーラーでは言えない・・・(-_-;)

最近の話題は、エコカーですので、

最近のトレンドに真っ向勝負です。

たしかに、地球温暖化をはじめとして、

地球環境というのは大切です。

私も、次の車はエコカーにしようかなぁと思ったりも

しますしね。(゚▽゚*)

それでも、なんだかわくわくはしないのです。

そういう部分は、残しておいてほしい。

そう思いますね。

ハイブリッドカーで、スポーツカー。

そんな車を期待しております。

今のところ、国産車で純粋にスポーツカーといえるのは、

Zだけでしょうね。GTRは、別格。

そろそろ、次期 NSX あたりを

ハイブリッドで出してほしいなぁ。

イノベーション

昨夜、来週末に控えた
日本青年会議所九州地区宮崎ブロック協議会の
大会式典リハーサルが行なわれました。
遠くは、都城、宮崎からも関係者が
遅くまで取り組んでいらっしゃいました。
頭が下がります。<(_ _)>
リハーサルに関しては、ここでは割愛します。

その会場にて、
友人が、携帯電話で写した写真を見せてくれた。

そこに移っていたのは、

Z(ゼータ)ガンダムの頭部 !!(゚ロ゚屮)屮

チタンで作った!と言われるとおり、

チタニウム合金が渋く光り輝いていた。

チタンは、難加工材です。
特徴はなんといっても、硬いこと。
熱を加えると酸化しやすいこと。
何かと手に負えない奴でございます。

そんな材料で、製作しているとは!

さすがでございます。キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


中小企業に限ったことではないが、
生き残るためには、
その組織にイノベーションをもたらすことが出来るか否か。
それに尽きる。

新しい製品であり、技術であり、サービスであり、
そこにイノベーションをもたらすことが出来ない企業は、
いづれ淘汰されてしまいます。

企業が開発型の組織になるためには、
どうすればいいのでしょう。

そのためには、経営者の覚悟が必要です。
その陣頭指揮の下に、全社員がそれぞれの立場で、
創造性を発揮して、リスクに挑戦するベンチャー精神を持ち、
燃える集団をつくらなければならない。

紹介したZガンダムを創った会社は、
そういうことが出来ているといえるでしょう。

新たな分野に挑戦していく、
それが、今の閉塞感を打破するために必要なことだと思う。

当社も
難しいと思う分野に挑戦していかなければならない。
亦、それが楽しい。

自己投資

自分にいくら投資できるか。
そういうアンケートを見かけると、
大体平均で10,000円~15,000円くらいです。
アンケートは、都心でのデータが多いですし、
ビジネスパーソンが対象ということもあります。
その正確性には、フィルターがかかりますが、
それでも、都会のビジネスパーソンは、
そのくらいは、自己投資しているということです。

さて、自己投資といいますが、
みなさんは何をしているのでしょうね。
私は、よく本を読みます。
実用書がその大半です。
小説なども読むといいのでしょうが、
あまり好んでは読みません。
よって、情緒豊かな表現とかできませんよね。(/□≦、)

昨日の話題は、
一般的に、
県北の人は自己投資の割合が少ないというものでした。
あくまで、一般的にです。
では、なぜ自己投資をするのでしょうか。
反対になぜ、しないのでしょう。

それを考えると見えてくるものがありますね。
そうです。
ライフプランですね。
自分のゴールをどこに置くかで、
今の自分とのギャップを測ります。
そのギャップを埋める作業が自己投資ではないか。
そう思いますね。
自分のゴールを描いてみる。
まずは、そこからです。

なにも、お金をかけることが自己投資ではありません。
図書館に行って、本を読む。
仕事が終わったあとに、会社に残って研修する。

タイムカードはしっかりと打った後です。

ここが大切です。

これは仕事(Work)ではないからです。
投資なのです。
この意識がない人は、ただの残業稼ぎより、たちが悪いですね。
絶対に身につきません。

あくまで投資なのです。
投資にはかならず、リスクが付きまといます。
これも事実です。
株などをする人はよくわかっているはずです。
リスクのない投資などないということを。

実は、リスクの最も少ない投資が、
自己投資なのです。

リターンを求めるのであれば、
リスクをとることは、当たり前ですね。

その投資先が自分なのですから、
すべて自分にゆだねられているということになります。
だから、安全なのですね。


夏メニュー

日に日に熱さが増してきました。
飲食店には、夏メニューなるものが
登場してきます。
夏季限定!そんな言葉に弱い・・・。

昨夜は、桝元本店にて夏季限定メニューを
いただきました。

Masumoto_summer


冷麺です。
別のたれにつけていただきます。
つけだれは、ごまベースのさっぱり味です。
夏の日差しにやられて、食が進まない日でも、
スルスルといけるでしょうね。

当然、桝元ですので唐辛子もたっぷりです。
私は、へなちょこなのでかなり少なめですが・・・・。
(。>0<。)

おそらく、このごまだれに豆板醤などを加えて、
辛さが強くなるとますます、食欲がそそられるでしょうね。

暑さ対策に、桝元でマッスル(桝する?)。

宮崎市ジャスコ近くに、新店舗開店がまもなくです。

宮崎の方も、行きやすくなりますね。

今日は、桝元のコマーシャルになってしまいました。

にんにくたっぷりの辛麺屋桝元は、

夏バテ対策には、もってこいですね。(^^)v

たまごかけごはん

このシンプルな

ごはんが

大盛況だそうです。

岡山県美咲町というところは、

たまごで町おこしをしようと、

食堂かめっちをオープンさせています。

何でも、西日本最大の養鶏場があるそうです。

Osinagaki

食堂かめっちのおしながきです。

養鶏といえば、

イセ食品が有名ですね。

以前、なにかのテレビ番組で見ましたが、

卵工場は、凄まじいです。

フルオートメーションで卵が、

仕訳され、パッケージングされていきます。

鶏は、

騒音がすると卵を産まなくなるという

性質があるのに、

産み落とされた卵は、

すべて自動で集荷されていきます。

搬送装置は、極力無音化されていると思われます。

まさに、卵製造装置と課した鶏君たちは、

いまや、1日に2個に近い生産性を持っているとも

聞き及びます。

うちでも、鶏を少々飼っております。

烏骨鶏という品種です。

その卵かけごはんが、

これだ!

20090516201530

温室効果ガス15%削減

昨夜、政府は、
2020(平成32)年までの
日本の温室効果ガス排出削減の
中期目標を05(17)年
比15%減とすると表明しました。

これは、非常に難しい問題ですね。
これを個人に置き換えてみたら、
よくわかります。
2005年にどれくらいのCO2を輩出していて、
その15%は、いったいどれくらいになるのか?
それがわからないからですね。

政府の2005年度比というのも、
どのような基準で算出されるのでしょうか。
環境省のホームページにでも、記載されているのでしょうか?
見つけきらない・・・(@Д@;
基準はあるのでしょうから、
その基準を私たちにそのまま当てはめられるのか?
たとえば、今自宅には白熱球がいくつあって、
その熱効率はいくらで、それをLEDライトに変えると、
熱の発生がほとんど抑制されるため、
白熱球△△個分の省エネになった。
それをCO2換算すれば、××ccの削減に匹敵する。
そんな計算をするのでしょうか?

ハイブリッドカーや電気自動車を50%まで高める。
ソーラー発電の普及をする。
そんなところでしょう。

そもそも、CO2を減らすには、化石燃料を使わない。
そこに集約されます。
低炭素社会なんて言われていますが、
人類は、いままでの産業構造から新しい産業構造に
変革しなければならない時期に来ていると
いうことになりますね。

バックトゥーザフューチャー3だったか、
ゴミ箱のごみを燃料にデロリアンが動いていたけど、
そんな夢見たいな世界が求められているということかな?

ということは、やっぱり ガンダムになるなぁ。
RX-78ガンダムは、核融合炉(重水素&ヘリウム3)で
エネルギーを作って動力源としていたからなぁ。

最近のガンダムWOOでは、GNドライブ(太陽炉)が
その動力源とされていたなぁ。
まだ、核融合炉のほうが、現実的だろう。
それでも、核分裂よりも遥かに現実味はない。
ほとんど0に近いだろう。

15%削減となると、
エネルギー形態を変えることになりますね。
原発と太陽光発電と風力発電と海洋国家なので、
波力発電、火山列島なので地熱発電。
忘れてはならないのが、燃料電池。

そこに予算を重点投入するということでしょうね。

人事問題

郵政社長問題で、総務大臣がごねてますね。
この騒動を見ていると、
いったい誰が決定権を持っているのだろうかと、
思ってしまいます。
真剣に見ていないのでよくわかりませんが、
いづれにしても、
このような問題は早急に決着を付けることですね。

人事といえば、
昨日、取引先の専務様が来社されまして、
人事に関して、悩んでおられました。
内容は、部下の働きがあまりにも悪いために、
何度か、訓告、戒告をしたのちに、
最終的に解雇に至ったのですが、
それをまだ悩んでいらっしゃったのですね。

結論から言えば、
「 悩んでも仕方がない。 」ですね。

ただし、悩まなければならないのですが・・・。
矛盾するのですが、
これが大切なことです。
人を解雇することは、とてもエネルギーが要ります。
解雇に至るまでのプロセスで相当なエネルギーを
消費します。
「何とかならないか?」
それをずーっと考えて、考えて、考えて、考えて、
でも時間が(コストが)それを許容できなくなって、
最終決断に至ります。

この悩むことが、大切なことなのですね。
同じことを繰り返さないように、
「次はこうしよう!」と思うこと(考えること)が大切ですね。

ここで一つの問題があるのです。
このことは永遠に解消されることはないということです。
基本的に経営者や人事担当者は、
永遠にこの問題からは逃れられません。
次から次へと同じことが繰り返されるのですね。

それは当たり前のことです。
会社(組織)は、新陳代謝をして成長します。
どこの会社も60歳で定年です。
強制的に代謝がなされます。
新入社員も採用していきます。
中途社員も採用します。
中途で退職される方もいます。
それでも、会社は存続します。

だから永遠になくならないのですね。
その代謝比率は、社員総数の年間で8%~10%くらいが
適正ではないかと思いますね。
それがないと組織は活性化しない。
人事異動も同じことですよね。


不思議なもので、あの人がいなくなったら、
会社はなくなる!とか
つぶれる!とか思うかもしれませんが、
社長が明日死んだとしても
会社はなくなりません。
(中小企業の社長の場合は、それなりの手当てが必要ですが)

余談ですが、
そんなに悩むんだったら、JCに入れ!と
言っておきました。

原価を考えてみる

原価とは、商品の販売、製造といった
経営活動にかかった費用を貨幣価値的に表したもの。
そう考えることが出来る。
難しいので、
簡単に言うと、品物を作るために使われたお金。
といえます。

原価がなぜ必要になったのでしょう。
そもそも、作ったものをいくらで売るか?という
疑問から発生していることです。

売価=原価+利益

これが原点だと思います。

次に、企業間競争が激しくなり、
売価が他社との競争によって決まるようになると
売価の決定というよりも、
決められた売価でいかに作るかということが
求められてきます。
すなわち原価管理ですね。
原価管理とは、決められた売価(標準原価)と
実際かかった原価(実際原価)を比較して、
無駄を排除することを始めます。
製造部門でいくらがんばっても、
販売部門や管理部門で無駄が出ては、
水の泡ですので、
お金を管理するために、
総原価=製造原価+販売費・一般管理費と
管理の範囲が広がってきました。

いわゆるこれが、原価管理です。

次のステップでは、利益を管理します。
原価管理が進んでくると利益を管理したいということに
つながるからですね。

売上高-原価=利益 ですから、

売上高を10%増やすと利益がいくらでるか?
利益を10%増やすには、売上がいくら必要か?

会社ではよくある話題です。
つまり原価をしっかりと管理していなければわからない
話ですね。

変化のスピードが激しい現代ですので、
いかに原価を把握しているかが重要になってきますね。

こういったことは商業高校などで勉強するのでしょうが、
私は、工学部なので今頃です。

週末に

長野に行ってまいりました。
ASPACという国際会議があり、参加しておりました。
会議の内容は、ここでは割愛させていただきまして、
長野までの感想を書いてみたいと思います。

まずは、東京。
羽田空港に午前9時に到着しました。
そこから、モノレールで移動なのですが、
国際ターミナルが建設されていました。
まだまだ工事中ですが、
かなりの大きさの空港ビルが建設されております。
こんなの作ったら、成田には飛ばなくなるように思えて・・。

それから一端、東京駅へ向かいます。
駅も様変わりしております。
長野新幹線のホームまでは、巨大な商業施設です。
各地のお土産モノや名産品。
駅弁などは、種類がいくつあるのかわからないくらいです。

印象に残っているのは、
ジンバブエ応援フェア?
Tシャツなどが売っていました。
売上の一部がジンバブエに行くのか?
ジンバブエドルってどうなったのだろう?
そんなことを思いつつ、視線を送って終了。

時間があったので秋葉へ。
小雨が降っていたのでそんなに移動はしないで
駅周辺で済ますも、
その様変わりぶりには、
驚きます。
駅構内もぜんぜん違っているし、
新しい駅ビルもできています。

一緒に行っていた、N君も
その変貌振りに驚いていました。
そんなこんなですごした後、
東京で会長と合流し、
長野に移動したのですが、
東京から長野までは新幹線で1時間半。
近いですね。
新幹線通勤も可能です。
ちなみに、大宮まではほとんど5分おきに新幹線が出ておりました。
大宮から分かれるので大宮までは本数がたくさんになります。

どこが不景気なの?
そんな東京でした。

というわけで、この続きは気が向いたときに。

PSP go 11月に?

PSP go が発表されてましたね。
現在のPSPの最新機種だそうです。
それにしても、
最近のポータブルゲーム機は、かなりの高性能ですね。
一昔前のゲームなんかは、
簡単にネット配信で購入できますし・・・。
このPSP go は、ソフトをネット配信で購入するそうです。
つまり、カセットまたはDVDがなくなる!
ということですよね。
またもや、製造の世界から一つ作るものが
なくなってしまいます。(;ω;)

これも、世界の流れですので、
これに対応できなければ、逝ってよしということです。

ゲーム機としては、
実は i phone がかなり有力です。
この夏に、OSもVer.3.0になって
さらにパワーアップします。
iアプリの開発がかなり容易になるそうです。
今、いろんなソフトメーカーが、iphone 市場を
有力な市場として参入しようとしています。

うちもなにか、iphone用に開発しますか?
ソフトではないですけど・・・ハードで。

商工青年ネットワーク

商工青年ネットワーク 通称 CN宮崎 の
今年1回目の会議が昨日ありました。
参加メンバーは、
宮崎県内の商工青年団体で構成される団体で、
宮崎県商工会議所青年部連合会、
宮崎県商工会青年部連合会、
(社)日本青年会議所九州地区宮崎ブロック協議会、
宮崎県SSグループ連絡会議、
宮崎県中小企業団体中央会青年部
です。

私は、本年 宮崎ブロック協議会の運営専務を
している関係で、オブザーブさせていただきました。

日向商工会議所で会議があったのですが、
そこにお懐かしいお顔が!
2001年に宮崎ブロック協議会にセクレタリーで参加していた
のですが、
そのときの委員長でした、尾崎雅史先輩(西都JC)が
宮崎県商工会議所青年部連合会 専務として
参加されておりました。
ひさしぶりでしたので、
ブロックにでてたよねぇから始まり、
牛島先輩、松田先輩の話題でなつかしいねぇ。と
盛り上がったのでした。

当時、ぺいぺいだった私を覚えていてくださって、
感激いたしました。

CN宮崎は、どんな活動をするのかというと
簡単に言うと
ネットワークを活かして、宮崎を担う青年経済人を
育てていこうということでしょうか。
今年の事業は、
農商工連携事業セミナー(仮)が申請されています。

別件の参加依頼として、
宮崎県より
みやざき次世代経営者育成支援事業の参加者募集がありました。
かんたんな資料を拝見しましたが、
結構なボリュームです。
宮崎産業経営大学の講座を受講するイメージですね。
経営の基礎理論を中心とした講座だそうです。
経営学とかマーケティング戦略とか情報戦略とか
を勉強したのちに、
その実践を体験するのかな?
最後にフィールド・ワークという工程でしたね。
宮崎ブロック協議会からは、
岩切委員長が推薦されるかもねぇ。
まだ、これから計画を作るのだそうです。
来月くらいには、わかるのかな。

GMチャプター11申請へ

昨日からのトップニュースは、GM破産法ですね。
過去最大の製造業の破綻ですから、
それはニュースにならないほうがおかしいのですが、
その負債金額には驚かされますね。
16兆円ですか・・・。
でも、リーマンブラザーズに比べれば、
意外と小さいのですねぇ。
今回の破綻は、事前調整型の破綻ですから、
すでに債権者との調整は済んでいると思っていいですね。
60日~90日で新GMになるそうです。
一度縮小してからの復活になりますね。
ただし、根本的な技術革新が進むかどうかはわかりませんね。
そこが新生GMが今後取り組まなければならない最大の課題でしょうか。
事実上、アメリカ国営企業になったので、
NASAの技術なんかが投入されるかも!!(゚ロ゚屮)屮

さて、市場の見方は、GM破綻も折込済みだったようで、
NYダウは、上昇してますね。
日経平均もこのまま行けば、10000円を見るかもしれません。
景気は、底入れしているという感覚は、
株の世界ではでているのでしょうね。

実体経済はというと、悪化しているという判断ですので、
まだまだです。
5月の自動車登録台数は、前年比19.4%減でした。
昨年9月のリーマンショックまでは良かったですから、
9月までは前年比減は当たり前ですが・・・。
よろしくないのは、
1-3月期の需給ギャップが-8.5%の落ち込みだったということ。
金額に直すと45兆円の需要が供給に対してなかったということです。
完全に国内経済が縮小しています。
基本的には、人口が減少しているのですから、
トレンドとしては、需要は減っていきます。
今後、急激な人口減少が始まりますので、
その傾向はとても強くなります。
そして、モノあまりの時代です。
世の中にないものを提供していかなければ、
生き残ることはできません。
いわゆる差別化です。
みんなと同じことをしていたのでは、生き残ることさえ出来ない時代に
いると認識するべきでしょう。
当社は、どこで差別化するのか。
それが重要です。

6月ですね

早くも、半年。
今年は、どんな一年になるのかなぁと
正月を迎えたわけですが、
いやぁ、かなり凹んだ半年でした。

ようやく景気回復の兆しが見えてきたように思えますが、
本日発表になるGMのチャプター11によって、
今週は混乱するでしょうね。
基本的には、市場は織り込み済みでしょうが、
影響は大きいでしょう。

Gm1

ここに来て、銀の相場が急騰しています。
金も同じく上昇トレンドを描いていますね。
金と銀は、同じなのですが、
銀のほうが、プラチナと同じく工業利用が多いので、
景気は上向くと思っていいかと思います。

ただし、失業率がかなり高止まりしているので、
今後のGM破綻で更なる失業者が増えると、
よくない方向に向く可能性が高いですね。

有名な逸話があります。
ある投資家が、イギリスで靴磨きをしてもらっていました。
そこで、靴磨きの少年同士が株の話をしていました。
それを聞いた投資家はやばいと思い、
持っている株をすべて売った。
その後、世界恐慌の引き金になったNY株の対暴落という
話です。

相場は、多数派になると終わりだということでしょうか。

こんな予測は、外れてほしいものです。

そういえば、救命病棟24時が
7月からオンエアされることが
報道されてましたね。
たのしみですね。

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ