最近のトラックバック

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

GMとクライスラー、まさか・・・。

米政府は同日、経営危機に陥っているGMとクライスラーに対し、1―2カ月の運転資金を供与する代わりに経営再建計画の練り直しを強く要求。オバマ米大統領は記者会見で、両社の再建に破産法活用も辞さない考えを表明した。(時事通信より)

やっぱり、見放すのかな。
これは大変なことになりますね。
オバマ政権は、何を狙っているのでしょう。
インフレでしょうか。

GMが倒産ということになるとかなりの影響が出ます。
120万人とも言われる人々が失業することになるそうです。
下請けや部品メーカーも含めてですが。
GMの発行している債券が紙切れになりますよね。
そうすると時限爆弾のように、
CDSによる保険の支払いが発生します。

オバマ政権では、シティをはじめとして金融機関は
つぶさないとしています。
FRBも同じことを言っているので、そうなのでしょう。

ということは、

保険料の補填をしなければなりませんよね。

どういうことなの?

AIGって、9兆円くらいの赤字だっていうし、
金融機関は、想像できないくらいのCDS抱えているように
思えるのですが・・・・。

補充ですから、
当然のように、米ドルを大量に発行して金融機関につぎ込む。

その原資は?

米国債ですよね。

誰が買うの?

日本と中国。

どうなんだろう。

買う金あるのかな?

これがどこまで続くのかがよくわからない。

日本は何を原資に買うのでしょう。
赤字国債か?
なんだよ、結局税金なの?
そんなことにならないように、神に祈りましょう。

ちょっと、つらくなってきました。(-_-;)

GM破産になると
コルベットはどうなるのでしょうか。
キャデラックもどうなるのでしょうか。
心配ですね。

Crsm0000000000

キャデラック エスカレード

Z06

コルベットZ06

組織編制

年度末ですね。
水曜日からは世の中の大半は、新年度を迎えます。
当社は、5月からが新年度です。
でも、来月には新入社員が入社してまいります。
先週末には、新入社員研修をすでに受けております。
入社前から、研修とは・・・いやいや、なかなかですね。

というわけで、
朝礼で新体制のお話をさせていただきました。
世の中というのは、変化しているのが当たり前で、
変化に対応できる種族だけが生き残ってきたという
真理があります。
ダーウィンの進化論ですね。

人間はとかく保守的になりがちです。
というよりも、保守が本流かもしれませんね。
でも、変化するのが世の常であれば、
それには対応できなければならないとなりますよね。
そこで、変化に対応できる組織になるということになります。

私個人的には、革新派でありたいと思っています。
変化に対応するというよりは、
変化を能動的に起こしていく組織でありたいと思っています。
世の中の変化を先読みしていくということですが、
かんたんなことではありませんし、
まだまだそんなレベルでもありません。
でも、そこを目標にしたいと思っています。

変化を能動的に起こすということであれば、
転勤や配属換えということがあります。
大手企業は、かんたんに来週から東京ね。と
有無を言わさず通達されます。
強制的に変化を起こすにはこれが原則なのでしょうね。

当社は、30人ほどの組織ですし、
日向以外には支店も営業所も出張所もないので、
転勤はありません。
でも、配置換えはあります。
早速、事務所もレイアウトの変更があっていました。
こういうことをすると一番に変わるのが
コミュニケーションの相手です。
新しい相手と仕事をしていくことになります。
コミュニケーション能力が問われることになりますね。
どういうことかというと、
相手を思いやるということでしょうか。
みんな強制的に変化を受けた後は、不安です。
その不安を取り除くということがたいせつなことでしょう。

誰もが、強い人間ではありませんから、
それを理解してあげる心の広さが必要であるということでしょう。
ただし、世の中は変化しているのですから、
甘やかすというわけには行きません。
人間誰しも、今日よりも明日成長した自分でありたい
と思っているということが原則であるとして、
接してあげるということでしょうね。

人それぞれ、持っているスピードは違います。
リーダーは、バランスよく成長を促してあげることが大切ですね。

そういっても、資本主義である以上、
そこには競争原理が働きます。

だから本人は、
可能な限り
がんばらなければならないのですよ。

先輩

今週末は、JC鉄鋼機械工業部会の九州・沖縄地区大会が、
宮崎で開催されます。
設営は、私が担当させていただいています。
全国各地から、現役、先輩と30名が参加してくれます。

今回、担当者として先輩たちとの連絡をさせていただく
機会が多くありました。

その先輩の一人が、明日 延岡へいらっしゃいます。
なんでも仕事を絡めてのことだそうです。
宿泊はベルフォート日向ということです。
翌日は、当社も訪問してくださいます。
楽しみです。

昨日は、久しぶりにある先輩を訪ねました。
いつも、延岡に行った帰りに車があるかどうかを確認しながら、
機会があれば立ち寄ってみようと思っているのですが、
中々多忙なお方で、タイミングが合わなかったのですが、
昨日は、タイミングよくお見受けしましたので、
立ち寄らせていただきました。

急な訪問にもかかわらず、快くお時間をいただきまして、
感謝しております。

その先輩には、いつもながらたくさんのことを
気づかせていただきます。
とりとめもない世間話にその要素が多く含まれており、
この不透明な時期に光明を見出す方法を
教えていただいた様に思います。

そんなJCでのつながりを
大切にしていきたいですね。


東京

先週、土日に東京へ行ってきました。
日本青年会議所の総会があり、それに出席するためです。
延岡JCからは、理事長、宮崎ブロック協議会会長、私と
3名が出席しました。
お疲れ様でした。

久しぶりの東京でしたが、
その変化には、驚かされます。
羽田に到着して、モノレールで移動したのですが、
その移動中にも、たくさんのビルが建設中です。
再開発も、進んでいるように感じました。
とても、不景気感は感じられません。
人口が多いということは、そういうことなのでしょう。

総会は、問題なく終了したのですが、
総会前にあった2大政党代表者による討論会がありました。

自民党は、自民党政調会長代理 園田議員。
自民党選挙対策委員長 古賀議員。
民主党は、民主党副代表 前原議員。
国会対策委員長 山岡議員。

JCは、総理大臣がJC出身ということもあり、
自民党と思われがちですが、
特定の政党に加担はしていません。

話を聞いていて思ったことは、
各人共に国益を考えているのだと
おっしゃられていましたが、
私には、党利党略しか考えていないなぁと
思えましたね。
少なくとも、今の不況がいかに深刻なのかを
実感されていない感じですし、
では、将来の姿を示しているのかといわれれば、
その場では感じることは出来なかったですね。

印象的だったのは、
山岡国対委員長がおっしゃられていたこと。
日本には、過去3回大きなショックがアメリカから
あっているといい、それによって変革がなされたそうです。
1回目は、ペリーの黒船。
2回目は、敗戦。
3回目は、今回のサブプライム問題。
だそうです。
ようするに、外圧なしにはこの国は変化できない。
そういっているように聞こえました。

そんな東京でしたが、
夜は、六本木で懇親会でした。
福岡県の糸島JCの先輩がやっている焼き鳥屋です。
東京ミッドタウンの近くにあります。
さすがは、六本木です。
日本人とおなじくらい外国人がいます。
それも、黒人が多くて、身長も2mを超えそうな人たち。
ちょっとこわい。
USアーミー、ネイビー、海兵隊あがりの人たちらしいです。
強面なので、そう感じるのでしょうか。

道路は、空車でお客待ちのタクシーで渋滞。
タクシーの運転手に聞くと、
売上は激減しているそうです。
きびしいですね。

そんな東京での週末を過ごしたのでした。

春闘が

毎年、この時期になると春闘の話題がトップニュースを
飾る。
思うところもたくさんある。
組織が大きくなってくれば、
そういうことが自然と生じてくるのは理解できるが、
中小企業で同じようなことが起こっているならば、
かなり厳しいものといえる。
そもそも、小規模の組織では、家族的な雰囲気のなかで
仕事をしているのでそのようなことは発生しにくい・・・ばず。
誰もが、今の会社が置かれている現状が
手に取る様にわかるからだ。
当社のような小企業では、バブル期以降(それしか知らないので)
濡れ手に泡のような好景気を経験したことがないのではないかと思う。
もし、そのような好景気の状況下におかれたのであれば、
きっと適正に配分しようとしていくはずである。
第一は、会社の保全。
雇用の場を確保することが先決であると思います。
次に、未来への投資。
私は、設備投資よりも人材への投資に重点をおきたいと思います。
結局のところ、人がすべてだと思っています。
どんな資金配分にするのか、その時々で変化するものですね。


最強企業といわれているトヨタが、昨年の予測から
下方修正を余儀なくされて、今期は3500億円の赤字だ。
昨年の予測では、2兆3500億円の黒字予測だったのですから、
一年で2兆7000億円が消えたとなります。
トヨタの予測ですので、
山勘というわけではないですし、しっかりとした
バックボーンがあったはずです。
トヨタ自身も、なぜ?というところでしょう。

2兆円というと、びっくりしますが、
売上高の利益率からは、8~9%ほどです。
そんなに際立って高収益企業というわけではないですね。
NINNTENNDOのほうが、
遥かに高収益ですし、武田薬品やキーエンスのほうが、
超高収益体質です。

中小企業の戦略は、オンリーワン戦略、もしくは、
ニッチナンバーワン戦略になると考えております。
オンリーワンはいうまでもないのですが、
ニッチナンバーワンは、
大手が参入しない市場や地域において市場占有率を
高めたりする戦略です。
ランチェスター戦略などが有名ですね。

さぁ、頭を使おう。


新年度を迎える

宮崎県では、昨日桜が開花したそうです。
来週末には、見ごろになってくるのでしょうね。
しかしお花見のイメージは、
桜の花を愛でるというよりは、
桜をねたに宴会をする!というものですよね。
この不景気の折ですので、
花見もコストダウンか?

当社は、4月決算なので新年度は5月からです。
しかし世の中は、4月からが一般的ですし、
当社も、4月1日より新入社員が入社します。

昨年の社会人一年生は、来月から先輩としての
心構えをもって新年度を迎えることになりますね。

新年度を迎えるにあたり、
組織変更を考えています。

昨日は、幹部社員とミーティングをさせていただきました。
大半は、お小言になってしまったように感じていますが、
わかってくれているものと信じています。

いろんな話をしました。
ワークシェアリングの話では、
話題になっているが、あれをそのまま受け入れてはいけないこと。
日本は、資本主義社会であること。
つまりは、競争社会であること。
その前提に立てば、ワークシェアリングは共産主義であること。
一時的には、ありかもしれないが、恒久的ではないこと。

個人的には、

努力をしていることは認めるが、問題なのは、
君の目標が達成されるまで、世の中は待ってくれないということ。

大切なことは、我々の問題は我々でしか解決できないこと。

等を話させてもらいました。

来月からは、

新しい組織で

新しいことを

推進していかなければならないですよ。


Sakuranight

会頭訪問アカデミーにて

先週末、13日です。
社団法人日本青年会議所の本年度会頭を
お迎えしての会頭訪問例会がありました。

私は、日本青年会議所の宮崎ブロック協議会に
出向しておりその関係で、
ほかのメンバーよりかは、少しだけ会頭、副会頭に近くで
接することが出来ました。

同じ、年代でありながらこうも違う現状はなにかを
考えながら。

アカデミーでは、会頭本人の生い立ちが話されました。
そこには、等身大の生身の会頭がいらっしゃいました。
必死に生きてきた証として今の自分があるということを
伝えていただきました。

己を律すること。

それが今の会頭の生き方であると感じました。
その時々で、感じたことを精一杯考え、行動に移してきた結果が、
今であると。

自分との違いを考えさせられる日となりました。

公益社団法人

昨夜は、延岡青年会議所の例会でした。
例会アワーという企画があり、
今回は、その担当を事務局がしております。
今回のテーマは、
公益社団法人について。

昨年12月1日に施行された
公益法人制度改革3法に伴う変更に
対応するために現在猶予期間5年間という
ところにあります。

つまり、2013年11月30日までに、
一般社団法人か公益社団法人のいずれかを
選択しなければ、強制的に解散という道を
たどることになります。

昨夜の例会アワー。
まだまだ新制度を知ろう!という
レベルでした。
この件は、もう3年位前から取り組んでいるのでは?
と思ってしまいましたが、
だんだんと情報が見えてきているおかげで、
説明内容の精度は上がっているのかな?

個人的には、昨夜のアワーでは、
一般社団法人と公益社団法人との
違いを具体的に想定したものを
例に挙げるなどして、
公益とはなんぞや!という
本質を探る内容にしていただきたかったなぁ。

まだまだ、制度自体を知らないメンバーも多いので、
それも必要かもしれませんが、
タイムリミットが近づいてきていることは、
まちがいないですよね。
強烈に印象付ける手法がまだまだあったように
感じますね。
とくに、昨夜のアワー。
内容は凄くまとまっていただけに、
事務局スタッフのポテンシャルならば
まだまだその力を発揮できたように思いますね。

延岡JC事務局スタッフのみなさま 
お疲れ様でした。

なんでもそうですが、
なぜするのか、どうしてしなければならないのか。
それを実行したら、どうなるのか。
そこを考えなければならないですね。

そして、考えたのであれば試してみる。
これが大切だと思いますね。

試してみることに失敗はないから。

考えさせられる

昨夜のクローズアップ現代。
格差社会の厳しさを特集したものだった。
貧しいがゆえに満足な教育も受けられない。
その結果が、さらに貧しい人たちを生んでいく。
こんな国に明るい未来は描けない。
そう思える番組でした。

まがりなりにも、経営者をしている人間は、
かならす、社員の幸せを願っている。
社員にとって、働くものにとって何をもって
幸せといえるのだろうか。

拝金主義の成れの果てが今の不況だとすれば、
金がすべてではない。
しかしながら、豊かな生活をするためには
最低限のお金が必要になる。

「足るを知る」ということであろうが、
そのバランスが大切である。

市場原理主義の経済が偽者であったとわかった今、
幸せの価値観が変化していくのであろう。

think different

昨夜から、日向に宿泊された鉄鋼部会の先輩と
森山工業様を訪問させていただきました。
山口県岩国市から延岡まで仕事でいらしたそうです。
せっかくだからと連絡をいただきまして、
弊社を訪問していただいたのが、昨日。
で、今朝から森山工業様を訪問させていただいたという
次第です。
同じ業界なのですが、
得意としている分野は、異なっているので、
お互いに協力できるところがあれば、
うまくマッチングできるねと
話が出来ました。
それも、近くに来たからといって、
ご連絡をくれた先輩に感謝ですね。

午後は、別の取引先が来社されました。
彼らとの話題の中で、
人と違うことをしたいということがでました。
ここは私と非常に共通するところで、
人と同じことをしていたのでは面白くない。
それが、原点だねという話題で盛り上がったところです。

think different

アップルコンピューターのCMで有名ですが、
ここでしかできない、その技術があって
将来があると信じています。

先輩と

昨日は、先輩との関わることが多い日でした。
午前中はそうでもなかったのですが、
午後からは、日向のT先輩が電話をしてくださいました。
黒のZが南に走っていたから、気になって電話をくださったとのこと。
私ではなかったのですが、本当にありがたいです。
でも、そんなに目立つのか・・・・(゚ー゚;

その後、東京のN先輩から電話がありました。
今回、JC鉄鋼機械工業部会で九州・沖縄地区大会を
担当しているのですが、
お礼をしたいので住所を教えてほしいと。
たいへん恐縮しています。
この先輩、現在はビル管理をしているのですが、
もともとは、鉄鋼屋です。
10年ほどまえに廃業したそうです。
現在は、ビル管理業。
東京の鉄鋼関係の別の会にも参加されているそうですが、
その会では、半分以上の方がビル管理をしているそうです。
その先輩曰く、変化していかなきゃ生き残れないよ。甲斐君。

ダーウィンの進化論ですね。
さすが、アメックスブラックカードを持つ方の言葉です。

そして、夕方雨の中、
大武町のK玉先輩が、
ひょろっとお立ち寄りくださいました。
ひさしぶりに、K玉節をきかせていただきました。
気にかけてもらい、ありがとうございます。
感謝、感謝です。

先輩たちの激励に応えて
がんばりますか。

ミニPC

最近、ミニPCが気になっています。
土曜日に会員会議所
(宮崎県内の青年会議所が集まっての会議)
があったのですが、
そこには、30台くらいのパソコンが持ち込まれます。
各人ひとり一台のパソコンを見ながら、
電子資料で会議をしていきます。
というわけですので、
たくさんの種類のパソコンを見ることができます。
先日の会議において、
DELLのミニPCを持ってきていた方が
いらっしゃったので、かなり気になっていました。
しかし!
そのミニPCを凌駕する薄さのPCを発見しました!
dynabook SSです。
しかも、2名の方がそれをお使いになられておりました。
かなりよさそうです。
5年目突入の私のPCは、元気に動いてくれていますが、
ときどき大事なときに固まってしまいます。
電源が突然落ちたりしてくれます。
でも、まだ動いてくれている。
特にそれを除けば、支障はない。
がんばっていただきましょうか。


読書

最近読んでいる本があります。

「小さな会社のブランド戦略」 村尾隆介氏著


20090306090903


この本の紹介は、読んでみてからにしますが、
サブタイトルが気に入っております。

「生き方」と「働き方」が一致するビジネスモデル

とあります。
これは、新卒採用でも、何度も言ってきていることで、
私の考え方と同じように感じたので、
手にとってしまいました。

社長に就任させていただいて、1年半が過ぎました。
ここ数ヶ月の急速な変化は、
想像以上にスピードを意識させてくれております。
ダーウィンの進化論時代における時間軸と
現代の時間軸の違いが
身にしみます。

生き方と働き方が一致する。
仕事が生きがい、そんな世界は今までもたくさんあります。
一子相伝の業!伝統工芸や歌舞伎、茶道などなど
さまざまです。
でも、一般的ではありません。
商売人も、そうかもしれません。

それが組織になったときに、
ブランドというものが大切になってくると思っています。
組織とは言いますが、そもそも個人の集合体です。
これが原点であるかぎり、
いつでもすぐにバラバラになる可能性があります。
それを同じベクトルにしていくことが
ブランドではないかと思うのです。
ミッション=使命を持っているか否かですね。

学生には、これから社会人として働くことをしなければなりません。
つまり、少なくともあと40数年間は、
仕事をしなければならないのです。
そして生きている時間の大半が仕事に割かれるという
事実を知らなければなりません。
であるならば、
楽しいほうがいいでしょ?
という論法です。

楽しい会社を作っていこう!
その仲間を探しているのだ!と
呼びかけています。

できないことはない。
自分を信じてチャレンジしよう。


3月になりました

本日は、すでに5日。
日曜日から、出張しておりました。
昨日は、佐土原へ朝から出張です。
なにかとバタバタとしております。
こんなときは、心を落ち着かせて、
しっかりと判断を誤らないようにしなければ。

第2次補正予算の関連法案が成立しました。
これで少しは、不安要素は解消されるのか?
話題は、定額給付金になっているようですが、
それもどうかな?
後は地方自治体にまる投げですからね。
どうなるのでしょう。

最近、ノートパソコンの調子が悪い。
何とか使っているものの、
ストレスなく動くというわけには行かないようですね。
5年前に購入したものですので、
そろそろ限界かな?
気になっているのが100円パソコン。
100円って!と思っていると、
ちゃんと仕組みがあります。
携帯電話と同じ手法ですね。

年内は、このパソコンにがんばっていただこうと思っております。
つぎは、モバイルパソコンになると思います。
会社では、デスクトップにしたい。

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ