最近のトラックバック

« 普及するか | トップページ | AirForce1まで使って »

基幹産業ですね

14日付の米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は、
米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)
連邦破産法11条の適用を申請し、
新たな会社として出直すことを選択肢の1つとして
検討していると報じた。
 GMは、政府への再建計画提出が
来週17日に迫っている。
 同紙は「計画の1つには、
米国ブランドや国際業務の一部など、
GMのすべての存続可能な資産を新会社にまとめる形での
破産法11条の申請が含まれている」と伝えた。
 「好ましくない資産は清算されるか
破産裁判所の保護の下で売却される。
債券保有者、労組、販売代理店、部品供給業者との契約も
作り直される」という。
 ただ、同紙が複数の関係筋の話として報じたところによると、
GMは破産法適用申請を回避するため、
政府に追加資金供与を求める可能性もある。

自動車産業の影響がいかに大きいかが、
今回の金融危機ではっきりしました。
自動車は、やっぱり消費財だったのです。
それもかなり大きな金額をともなうものですね。
金融危機がなぜ、自動車なのか。
もうそれに関して原因はわかっていますが、
自動車が売れないのではなくて、
買えないというほうが正しいように思えます。

この影響で、産業機械、原材料、輸送、関連産業のすべてが
停滞してしまいました。(停止といってもいい)
おそるべきスピードですね。
先週末は、鉄の値下げを聞きました。(H鋼材で40000円/t下がるそうです)
鋼材商社は、在庫の切り売りをしているところですので、
高炉が下がるとなれば、一段の在庫処理に費用が必要になりますね。
3月から4月には、鋼板にも値下げの予測がでているそうです。

自動車業界は、生産システムがしっかりと確立されていますから、
すぐに適正在庫を持つために生産調整が出来ます。
しかし、今回の金融危機は、生産調整のバッファを
遥かに超えるスピードで進んでいます。
生産調整が整うまでの期間は、減産が続くという
わけです。
これでは、消費マインドは冷え込んだままでしょう。
これを断ち切るには、政府の財政出動しかありません。
消費を刺激する起爆剤を早急に打ち込むことを
期待してやみませんね。
道路を作ればいいのです。
じゃんじゃん、ばんばんとね。
お金がないのではなくて、使い方に問題があるのでは?と思いますね。

私たちは私たちで、今を是として捉えて
今の体制で十分に利益が得られるようにしなければなりません。
まずは、出血を止めることが先決です。
製造業は、かなりの苦境に立たされていることは
間違いないところです。
この影響は、いづれすべての産業におよびます。
需要と供給のバランス、この見極めを出来る限り早くできるところが
生き残るということでしょうか。

冒頭のGM問題。
コルベットちゃんは、どうなってしまうのでしょう。
心配です。


Z06


« 普及するか | トップページ | AirForce1まで使って »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 基幹産業ですね:

« 普及するか | トップページ | AirForce1まで使って »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ