最近のトラックバック

« 景況感 | トップページ | 永遠ではないが永遠でなければならない »

就職活動2010

リクルートの人材・組織に関する研究部門のワークス研究所は9日、平成22年卒業見込みの大学生・大学院生の採用に関する調査結果を発表した。

 それによると、21年と比べて採用を「減らす」とした企業が15・7%となり前年調査の6・8%に比べ大幅に増えた。一方「増やす」とした企業は8・3%で前年調査の18・0%から大きく減った。金融危機の深刻化が企業業績を悪化させており、新卒採用を絞り込む動きが強まっている。

 採用を減らすのは不動産、機械メーカー、金融機関で目立った。

 ワークス研究所の徳永英子研究員は「すでに来春採用予定の学生の内定取り消しが現実となっている」と“就職氷河期”再来を懸念する。(産経新聞)


この急激な世界経済悪化によって、
再来年の就職活動にまで影響が出てきています。
2010年春の卒業生を対象にした就職活動は、
もう始まっています。
10月にオープンしたマイナビ2010には、
当社も掲載しています。
今年で、採用活動を始めて3年目を迎えることになります。
今年の採用活動には、今年4月に入社した新入社員が
あたってくれています。
いまは、その準備をしている最中です。
通常業務をこなしながらのことですので、
たいへんでしょうが、がんばってくれています。
彼らにとっては、大切な後輩をつくるための活動であり、
会社のあり方であったり、自分たちの会社をこうしたいという
思いをもついい機会です。
就活用のパンフレットもつくりました。
デザインは、オノコボデザイン!
16ページにわたる力作です。
企画はじめの段階から、携わっていただきました。
いろんな試行錯誤があったと思います。
今週末が出来上がりと聞いていますので、
楽しみです。

« 景況感 | トップページ | 永遠ではないが永遠でなければならない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 就職活動2010:

« 景況感 | トップページ | 永遠ではないが永遠でなければならない »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ