最近のトラックバック

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

仕事納め

今年も、無事に仕事納を迎えることが出来ました。
本日は、大掃除でした。
普段出来ないところを重点的にといいますか、
絨毯爆撃のごとく、全体を整理です。
ふだんいかに2Sが出来ていないかを
証明するがごとく、不要なものが・・・・!!(゚ロ゚屮)屮
2008年は、どんな一年だったでしょう。
サブプライムがこんなになってしまうとは、
年当初には誰も予測も出来なかったことです。
来年がどうなるかなんて、誰も予測できないですよね。
それでも、どう転んでも前に進むしかないですね。
2009年が、良い一年であるように作戦を考えなければ!

年末

2008年も、残すところわずかになってきました。
今年を振り返ってみると、
あわただしく一年が過ぎ去ってしまったように感じます。
昨年の7月に社長に就任してから、約1年半。
早いものです。
まぁ、この年末になって世界的な不況に見舞われるとは
思いませんでしたが(||li`ω゚∞)
それでも、多くの人に支えられて今があると思っております。
その多くの方々の感謝しつつ、
期待にこたえられるように、事業計画を見つめなおして、
2009年を迎えたいと思います。
読書の年末年始となりそうです。

Yahoo!Dome

先週末、福岡に行ってきました。
マイナビ2010です。
2010年卒業予定の大学生が、約2万人。
合同会社説明会です。
企業もたくさん出展しています。
今年は、12月の開催になっています。
だんだんと学生の動きが早くなってきているので、
それに対応するためのことでしょうか。
今回は、今年入社してくれた社員と
ベテラン社員といっしょにいってきました。
かなり、若返ってきております。

20081220121948

こちらは、新卒組。


20081220144413

10年前は、新卒だったひと。
かなり、がんばってくれております。

厳しい経済環境ですが、
なんとか未来を勝ち取りたいですね。

真の原因ってなんだろう

連日のごとく雇用悪化の報道がなされている。
目にするたびに、不安が頭をもたげてくる。
今朝の報道では、大分キャノンが契約打ち切りをした
派遣労働者を杵築市役所で臨時職員として、
採用するらしいことをいっていた。
社会におけるセーフティネットということであろう・・・・ん?。

そもそも、こういった原因はどこにあるのだろうか。
ある方がおっしゃられていたことが、頭をよぎった。
「 IT(インターネット事業などソフトコンテンツ)を売り物に
している会社は、実体がないから信用できない。 」
感覚的なものであるが、実に真理をついているなぁと思った。

実は今回の激変の真の原因は、インターネットではないかと思う。
もともとは、UCLAとスタンフォード研究所、UCサンタバーバラ、ユタ大学の
4箇所の接続にはじまり、それが世界的に広がった。
その爆発的拡大のきっかけは、Windows95だと思う。

ここで何が起こったのかというと、
生産性が飛躍的に向上したのである。
何の生産性かというと「 情報 」
瞬時にして、世界中の情報が入手できるようになった。
ホワイトカラーの生産性が飛躍的に上がったということだ。

われわれ製造業では、よくわかることであるが、
ホワイトカラー(間接部門)は、直接の利益を生むことは出来ない。
ブルーカラー(直接部門)のみが、直接の利益を生むことが出来る。
直接の利益というところが味噌なのですが、
いわゆる「ものを作って、なんぼ」の世界だ。
実態があって初めて評価される。
何よりも、作ったそのものが評価の対象である。

そう考えると、
インターネットとは、まさに仮想空間であり、実体を伴わないものである。
そこで、ある方のいったことが真理ではないかと思うのである。
ソフトウェアのコンテンツも、モノである。
しかし、製造の世界とは決定的に違うことがある。
なにかというと、
それは、また次回。

 

結団式

2009年度社団法人日本青年会議所

九州地区宮崎ブロック協議会の結団式が、

昨日、ありました。

私は、来年はブロック運営専務という役を

与えていただいておりますので、

しつらえを担当させていただきました。

お昼からの会場準備に始まり、

15時からは、各グループごとのミーティング。

(4グループあります)

17時からは、全体会議。

19時から、結団式と

タイトスケジュールで進んでいきました。

これができたのも、ブロック運営スタッフの

おかげです。

日程の調整から始まり、会場手配、シナリオ作り、

備品の準備、各グループとの打ち合わせ、練習、

さまざまな準備をしていただきました。

少々、ハプニングもありましたが、

それはそれで、経験値が上がったと思えばよいわけで、

来年の今頃(もうちょっとはやめで)は、

解団式を当たり前のようにこなしていることでしょう。

その経験は、今後必ず活きてきますので、

あせらず、一歩一歩、

でも滞りなく進んで行きたいですね。

09会務グループが安心して、

事業を展開できるように運営をしていくことが

われわれ運営グループの使命です。

楽しくがんばりましょう。

2010年度採用活動PART2

いよいよ、今週末には、Yahoo!Dome で

2010年の採用が始まります。

今年は、雇用状況が厳しい中での

採用活動になりますので、どうなることでしょう。

例年は、2月、3月の就職合同説明会に参加していたのですが、

今回は、12月です。

就職活動もスタート次期が早くなってきているようです。

対象者は、まだ3年生です。

卒業までには、1年半もあります。

たくさんの企業を訪問して、自分の方向性を見定めて

ほしいと思います。

当社の2010採用のパンフレットができました。

オノコボデザインと今年の新入社員とで

作り上げた力作?です。

今回は、モノづくり社員のススメというタイトルです。

20081215080433_2

中身は、オノコボデザインさんのHPで紹介されるかな?

車検

私の愛機、Z33も車検を迎えてしまいました。

3年間での走行距離は68000kmを若干越えておりました。

その間、何のトラブルもなく安心して乗れましたね。

やっぱり、国産車はそこがいい!

車検を受けたからには、あと2年間は乗らなければ!

と思い、日産サービスパックも継続してしまいました。

半年毎の検査がお安くなります(*^-^)

予防処置ですね。

きちんと整備された機械を維持してこそ、

品質を保証できるのです。

うちの機械は大丈夫なのか?

で、デーラーに行く前に、担当営業マンに℡を

すると、

taku616さん!Z34が来ています!

本日だと、試乗で来ますよ

!!(゚ロ゚屮)屮 なにぃ!

これは!と思い、友人のIT社長に℡。

今日しか試乗できないらしいから、

今から見に行こう!

さっそく、お迎えに行き(夕方5時だというのに)

試乗させていただきました。

まずは、文化センターまで行ったのですが、

渋滞してたので楽しくない!(。>0<。)

北側の「はゆま」までドライブです。

いやぁ、楽しかった。ヽ(´▽`)/

Z33とのフィーリングの違いは、

パワフル&トルクフル!

ハンドリングも申し分なく。

3年前、カマロからZに乗り換えたときの印象は、

斧 から 日本刀になったような感じだったが、

今回は、さらに名刀になったように感じます。

室内も、良いです。

質感も上がってますし、メーター周りがかっちょいい!のです。

スポーツカーですね。

普段、私が見るのは室内ですので、ここは重要です。

1時間ほどの試乗ですので、インプレッションはこの辺で。

Fairladyz_2

永遠ではないが永遠でなければならない

世界的金融不況によって、
生産活動がシュリンクしている。
こういった状況におかれると需要と供給のバランスが
崩れてしまい、生産過剰に陥る。
すると供給者は在庫を持ちたくないので、
生産をやめて需給バランスが回復するのを待つ。
回復をしたら、また生産を再開するというサイクルである。
経済に波があるというのはこういうことだ。

社会問題になっているのが、雇用。
連日連夜、
派遣労働者や内定取り消しの話題が取り上げられている。
問題なのはわかるが、根本的な解決策は別のところにあると思う。

上記の議論は、別の機会として、
現実としてはどう捉えるべきであろうか。

日本、世界は資本主義経済で動いている。
このことの意味するところを知らなければならない。
原則として、強い物が勝つという世界だということである。
だから、セーフティネットという社会保障の問題とは切り離して、
考える必要がある。
この経済の仕組みが良いか悪いかという議論は、ここではしない。
現実として、今がそうであるので、
それに対応しなければならないということである。

企業というものは、
永遠ではない。

新しく設立した会社の5年後の生存確率は20%に満たない。
10年以上存続できる会社は、6.3%
20年以上続く会社は、0.3%(2005年国税庁調べ)

つまり、永遠ではないのである。

破綻したリーマンブラザーズは、創立1850年だから
創立158年で歴史を閉じたわけだ。
欧米では、長寿企業である。
売上高500億ドル 資本金224億ドルの企業でさえだ。

だが、永遠でなければならない。

その原則は、必要とされ続ける存在であるということだ。

永遠とされる企業、
100年続く企業が日本には多い。
10万社を超えるという。
近隣アジアでは、皆無に等しいそうだ。
日本人の考え方にその秘密がありそうだ。

その根底にあるのが、利他の精神であり、
武士道精神ではなかろうか。
他人を思いやる気持ちであろう。

GIVE & TAKE ではなく
GIVE & GIVE だ。

今回の問題にしてもそうだ。
問題の矛先を企業にしていたのでは、解決しないのである。
企業にも、問題はあるだろう。
しかし企業そのものがなくなったのでは、どうしようもないのである。
派遣が認められているのであるから、社会の仕組みに欠陥があったと
いうことである。

なんでもそうだ。
パーフェクトな存在などありはしない。
元来、人間なんて欠陥だらけだ。
だから、味わいがあっていいのである。

結論としては、
問題の矛先は、自分に向けなければならないということだ。
そうしなければ、問題を解決することは出来ない。

来年、日本青年会議所 安里会頭は

やさしくあるために、つよくある 

といっている。

就職活動2010

リクルートの人材・組織に関する研究部門のワークス研究所は9日、平成22年卒業見込みの大学生・大学院生の採用に関する調査結果を発表した。

 それによると、21年と比べて採用を「減らす」とした企業が15・7%となり前年調査の6・8%に比べ大幅に増えた。一方「増やす」とした企業は8・3%で前年調査の18・0%から大きく減った。金融危機の深刻化が企業業績を悪化させており、新卒採用を絞り込む動きが強まっている。

 採用を減らすのは不動産、機械メーカー、金融機関で目立った。

 ワークス研究所の徳永英子研究員は「すでに来春採用予定の学生の内定取り消しが現実となっている」と“就職氷河期”再来を懸念する。(産経新聞)


この急激な世界経済悪化によって、
再来年の就職活動にまで影響が出てきています。
2010年春の卒業生を対象にした就職活動は、
もう始まっています。
10月にオープンしたマイナビ2010には、
当社も掲載しています。
今年で、採用活動を始めて3年目を迎えることになります。
今年の採用活動には、今年4月に入社した新入社員が
あたってくれています。
いまは、その準備をしている最中です。
通常業務をこなしながらのことですので、
たいへんでしょうが、がんばってくれています。
彼らにとっては、大切な後輩をつくるための活動であり、
会社のあり方であったり、自分たちの会社をこうしたいという
思いをもついい機会です。
就活用のパンフレットもつくりました。
デザインは、オノコボデザイン!
16ページにわたる力作です。
企画はじめの段階から、携わっていただきました。
いろんな試行錯誤があったと思います。
今週末が出来上がりと聞いていますので、
楽しみです。

景況感

景況感というと最近はどうなのでしょう。

昨日、取引先の方が見えられて、

その辺のお話をしました。

かなり、厳しい現状です。

具体的に調査されているものがありますので、

ご紹介しましょう。

企業が前年同時期や前期と比較して

景気が良くなったと感じているかということです。

「良くなった」という回答した企業の割合から、

「悪くなった」という回答をした企業の割合を引いたものが

DIという数値です。

この数字の変化を見て、世の中の景気を判断する材料にします。

たとえば、このDIがマイナスでもマイナス幅が縮小していれば、

景気は改善していると捉えます。

*DI値とは(ディフーズ・インデックス)

算出特性:「良い」と「悪い」との差

これは、企業にアンケートが送られてきます。

それらの回答から得られる結果です。

マインドですので、あくまで感覚的なものですね。

それを統計としてみていくと面白い結果が見えてきます。

今回は、9月上旬から中旬にかけて、アンケートが実施されていますので、

リーマンショック以前のマインドです。

あまり当てになりません。

それでも傾向は変わりないと読めます。

悪化の度合いがひどくなっていると思ってよいでしょう。

「DI.xls」をダウンロード

上記の表をダウンロードしてみるとわかるのですが、

全国的にDI値は悪いですね。

7-9月期の値は、▲27.2です。

さらに、先の予想は▲34.0ですね。

悪化しそうだと皆さん思っています。

その先は?というと、▲30.9!

おっ!よくなるのか?と思いますが、

そうではなく、良くなってほしいという願望があると思われます。

では、宮崎のDI値はどうでしょうか。

7-9月期は、▲21.6、

1期先は、▲23.2 さらに2期先は、▲20.6

です。

全国と比較すると、さほど悪くないように感じます。

これは大間違いで、

すでに全国に先駆けて景気が悪いので、

悪化しているという感覚が麻痺しているための結果です。

というわけで、

今年から来年にかけては、

非常に厳しいということになります。

製造業とくに輸出関連企業は、世界経済の悪化を受けて、

大量に在庫を抱えております。

その調整を現在しているというところです。

この影響は、個人消費にも直接的に出てきます。

ここが踏ん張りどころです。

アマゾン

アマゾン.com は、たいへん重宝している。
今朝も、一冊の本が手元に届きました。
先週木曜日に注文していたものです。
これから、読もうと思います。
本を買うのには、普通は書店へ行くのですが、
なんとなく本を探すのには便利ですが、
ほしい本を求めていくと、これがなかったりします。
そこで、アマゾンのご利用となります。
アマゾンを利用するとわかるのですが、
読者の興味をそそるような本を同時に紹介してくれます。
ここがすごいところで、消費者は思わず、
ポチッとしてしまう。
私も、その策略にはまっているひとりかも・・・。
今日届いた本は、これです。

20081208092712


工業デザインを手がける有名なデザイナーの書いた本です。
エンツォ・フェラーリをデザインした日本人ということで、
有名な方です。

ウェッジプロジェクト2

ウェッジプロジェクトなんていって始めましたが、

とりあえず、形になったので

お披露目しますね。

とりあえずというのは、まだまだ完成形には、

ちょっと遠いので。

でも、形になってきたことは確かですよ。

次回は、レフティにも挑戦します。

Dsc020091

銅で出来ております。

溝の加工はまだ出来ておりません。

Dsc020081

裏側です。

3軸のマシニングセンターで加工しております。

かなり、難しいのですよ。

プログラムやら、治具やら、ややこしやぁ。

磨きレスです。仕上がりも、うまく出来ました。

つぎは、ハステロイで作ってみようかな。

でたぁ!超合金!

あ、調子に乗ってしまった。( ̄Д ̄;;

ユニクロ売れてますね。

この不況時に、ユニクロは3割UPですね。
同業他社が、10%ダウンしているときにです。
これは、売れない理由ではなくて、
どうやったら売れるか、
消費者がほしがるものを提供すること。
まさに、原理原則を知っているからだと思いますね。
昨日の九州合同商談会に、
若手社員が行ってきました。
さきほど、報告がありましたが、
なかなか厳しいようです。
とくに、自動車、半導体業界は最悪。
でも、そこに生産がなくなっているわけでもなく、
多少なりとも、動いているのだから、
何かしらの仕事は発生しているはずだ。
ユニクロに学ばなくては。

プロダクトデザイン

社内で面白い取り組みを始めました。
以前にも話題にしたのですが、
「ウェッジプロジェクト」です。
一つ作ることができました。
まだ、シャフトをいれる穴とフェイス溝の加工が
終わっていませんが、ほぼ90%完成です。
toraさんには、レフティモデルを用意しますので、
しばらくお待ちください。(゚ー゚)
第2弾を考え中です。
パタープロジェクト。(lll゚Д゚)
ALL削りだしで作ります。
ここで重要なのが、デザイン。
機能美と言いますか、
仕事の美しさが求められます。
デザインそのものの美しさと
仕事自体の美しさ。
もうひとつ、
別のプロジェクトも立ち上げようとしております。
まだ、企画会議前の段階ですが、
自社ブランドでのものづくりを始めようと思っております。
デザイン勝負でいきたいと思っているのですが、
これは感性の問題が多分にあって・・・。
オノコボデザインとのコラボが
できるといいなと思ってたりして。


年末ジャンボ

年末ジャンボ宝くじのCMが始まっています。
毎年、3000円だけ購入しています。
まぁ、いまだに当ったためしはないです。
かすったこともないです (ノ_-。)
宝くじというくらいですから、当ることはないと言っていいよね。
だから買わないという人もいるけど、
買えば確立は0%ではないわけで。
で、何を期待して買うのかといえば、
抽選日までのワクワク感を楽しみたいから。

いきなり、3億円の使い道が計画されます。
以前は、いきなりスポーツカーがランキングされていましたが、
いまはちがいます。
ほぼ投資に向けられてしまうことになります。
ここがなんだか現実っぽくていやなのですが・・・・。
あとは、世界中を旅行するかな?

みなさんは、何に使うのでしょうね。
海人さんやkatanaさんは、プールくらいおっきな水槽に
たくさんの魚をいれて、一緒に泳ぐ!くらいの
ことが想像できます。

toramorioさんは、ゴルフ三昧かな。
オーガスタでプレーをして、ぺブルビーチでプレーをして、
セントアンドリュースでプレーして・・・。

買いますか?年末ジャンボ。

事業説明会へ

昨日、日本青年会議所の事業説明会があり、
熊本に行ってきました。
17時からの開会でしたので、
終了したのは、22時30分。
しかし、充実した内容でした。
内容は、2009年の日本青年会議所の運動、
活動内容に関して。
とくに私たちにとって大切なのが、
公益法人制度が変わること。
本日より施行されました。
現行の公益法人は、特例民法法人となり
2008年12月1日法律完全施行日から5年以内に
新制度への移行をしなければなりません。
選択肢は、3つ。
公益社団法人をめざす。
一般社団法人をめざす。
解散(強制)
今後5年間がリミットです。
日本青年会議所は、
公益社団法人格取得をめざすということで、
決議されております。
延岡青年会議所はどうするのでしょう。
総会議案としてかけないといけないのでは?

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ