最近のトラックバック

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

会員会議所

JCでは、県内各地の青年会議所の理事長に
集まっていただいて宮崎ブロックの事業を審議する会議が
あります。
それを会員会議所とよぶのですが、
昨日はその会員会議所がありました。
09年度の会員会議所組織でありまして、いまは、
予定者と呼ばれる準備段階です。
ここをしっかりしておかなければ、来年はスタートから
ままならないということになります。
おかげさまで、年内の会員会議所は終了できました。

昨日は、オブザーブで北九州青年会議所の理事長、
事務局次長2名が、いらっしゃいました。
2011年の全国大会誘致をがんばりたいとのことでした。

延岡青年会議所からは、H次年度理事長と
今回は、セクレタリーのW君が参加してくれました。
W君は、初めての参加だったと思いますが、
いかがでしたでしょうか?
懇親会で、自分もあの場所に立ちたいと
おっしゃられていたのが、印象に残っています。
いやぁ、あの光景を見てそう思われるのですから、
なかなかたいしたものです。

懇親会でも、これまたメリハリがあって、
大盛り上がりでした。
なんて芸達者な理事長たちが多いこと。
都城のN理事長のときは、優勝間違いなしと思ったのですが、
最後には、日南のS理事長に大逆転され、
優勝を持っていかれました。
いたし方ありませんね。
次回はきっとH理事長も何か仕込んでくるはずです。

会長がよく使われる言葉に、
「準備したこと以上のことは出来ない」という言葉があります。
実感しますね。

日本政策金融公庫

10月1日から、国民生活金融公庫と農林漁業金融公庫、
中小企業金融公庫、国際協力銀行が
統合されて出来た政府系金融機関です。
昨日は、そこの宮崎支店で勉強会があり、
参加してきました。
組織が変わって、いろいろと現場では混乱もあるでしょうが、
印象としては、あまり業務に変化なし。というところです。
ただし、株式会社になっていますので、
いままでとは、確実に変化してくると思います。
基本理念は、「政策金融の確実な実施」と「ガバナンスの重視」
政策金融の確実な実施は、今までの理念と変わらないのですが、
ガバナンスの重視は、今回の公庫が4つの組織が
統合されているが故のことだと思いました。
やはり大切なことは、おのおのの役割をしっかりと果たしつつも、
大きな一つの組織として、
同じベクトルをもって運営されるということだと思います。
昨日は、景況感を示すID値についての
話でした。
あぁ、そういう風に見るものなんだと、
改めて感心させられました。
ここでは説明しきらないので、知りたい人は、
後日聞いてください。
雑談の中で、
公庫の歴史のはなしがありました。
戦後、敗戦国であった日本が立ち直るために
復興金融公庫があったこと、
いまでいうIMFからお金を借りて、
どこに投資をしたのかということ。
それを誰が牽引したのかということ。
などなど、非常に面白く、興味深いものでした。
国家が破綻するとどうなるのかを日本は、60年前に
経験済みなのですね。
いやぁ、勉強になりました。
歴史は大切ですね。特に近代史は。
学校の歴史も、
縄文時代とか弥生時代の時間を短縮して、
近代史に時間をかけなければならないのではないかと
痛感しますね。

エントロピー増大の法則

昨日は、インドでテロ。
タイでは、空港封鎖。
世界金融危機と関係はないかもしれませんが、
確実に世界は混沌に向かっています。
で、
思い出したのがエントロピー増大の法則。
もともと、熱力学の世界の話で、
学生時代に物理学で勉強した程度なので、
ほとんど忘却のかなたの話です。
なぜこんなことを思い出したかというと、
エントロピー=混沌として解釈をしたものが
通説となって表現されることが多いような気がしてましたので。
エントロピーは、熱力学第2法則といわれるものです。
簡単に説明すると、
熱いコーヒーと冷たいコーヒーがあったとして、
混ぜ合わせるとぬるいコーヒーになります。
これを熱力学では、熱量が熱いほうから冷たいほうへ
移動したと考えるわけです。
逆はありません。
このような蓄積がエントロピーの増大です。
平均化されていくのです。
もちろん、閉鎖系でのはなしです。(条件がつきます)
必ず、エントロピーというものは増大していくのです。
実はこれは厳密には証明されておりません。
ただ実際の現象があるので、経験則から導き出されています。
もっと簡単に言うと、(正確ではないので、テストの解答では、NGです)
整理整頓されている状態は、エントロピーが小さい状態です。
乱雑になっている状態は、エントロピーが大きい状態です。
水の場合は、氷になっている状態は、エントロピーが小さい。
気体になっている状態は、エントロピーが大きい。(分子レベルで考えてください)
そのようなことで、
似たような現象があれば、エントロピーが増大していると
言われていると思います。
情報工学でも、情報理論のエントロピーというものがあります。
この場合のエントロピーは、情報量そのものです。
その辺は、よく知りませんのであしからず。

そこで今の社会現象を見ると
一番の根底にあるのは格差ではないかと思います。
以前は、東西格差、南北格差、
今は、格差社会。
ずはり、富める者と貧しい者、強者と弱者。
そんなわけ方が出来てしまいました。
そして、いまのテロであったり、世界金融恐慌へと
つながってきた。
これをもたらしたものはなにか?
インターネットに他ならない。
インターネットによってもたらされた情報量の蓄積(エントロピーの増大)が
情報の格差をなくしていったと言える?
これは、エントロピー増大の法則から言うと、
平均化していくための現象ではないかと表現できます。
そんなことを考えていたのでした。
あくまで、疑似科学なので物理学的にはNGですけどね。


今朝のNHKで

トヨタショックによって、下請け企業の雇用悪化が
報じられていました。
朝の忙しい時間なのですが、
思わず見入ってしまいました。
報道では、2次下請けの部品加工会社が
取り上げられておりました。
会社の規模は、20名とありました。
当社と同じくらいの規模です。
20台の工作機械があり、
そのうち7台が稼動していない状況でした。
そこに11月の受注量が半減と情報が入ってきた。
打つ手はない。
正社員の雇用にまでメスが入った。
苦渋の決断だったと思うが、
受注額半減では、雇用調整だけでは追いつかない。
抜本的な対策で
活路を見出すほかに、
生き残る道はない。
窮地に追い込まれたとき、
人の真価が問われる。

将棋

16歳の女流王将が誕生した。
将棋といえば、小学校のころに少々かじったくらいだ。
棒銀くらいしか、戦術は知らない。
将棋にはいくつもの定石がある。
これを知らなければ、勝つことは出来ない。
ほんとうの勝負はそこから先にある。
わずか、16歳の高校生が成し遂げることは、
容易ではないだろう。
そもそも、戦略とは軍事用語である。
将棋も王将を詰めていくというゲームの要素から、
戦いの素地がつよい。
囲碁も同じだが、囲碁の場合は陣取り合戦。
戦略に話をもどすと、
戦略とは、資源の分配に尽きる。
将棋では、王将を中心にさまざまな駒が配置されている。
それを再配置することによって、さまざまな陣形を取り、
しかけていく。
今、世界金融危機に端を発して、
世界は大きな局面を迎えている様に思う。
ドルを基軸通貨とした経済の仕組みは、
もう成り立たなくなってきているのだと
思ってしまいます。(まだまだ続きますけど。)
世界的には、大きな再配置の局面です。
ということは、
私たち(企業)も、
この大きな局面の影響は避けられませんから、
再配置しなければならないということです。
何を再配置するのか?ということですが、
これは、資源です。
資源=「人、もの、金」になります。
この配分の仕方が、戦略ということになります。
ここに、時間軸を入れて戦略を練る。
かなり難しいですね。


今朝のニュースで

20日のニューヨーク株式市場で、

ダウ平均株価(30種)は続落し、

前日終値比444・99ドル安の7552・29ドルで終えた。

円は、一時94円をつけていた。

おいおい、どうなってしまうの?

もともとの実力値は、いったいくらなんだ ゚゚(´O`)°゚

日本は、基本的に輸出で食っている国。

円がこれだけ高くなると、競争力が失われてしまう。

こまるぅ。

話題は変わって、

昨夜は、第1回プロジェクト会議にオブザーブしてきました。

いやぁ、緊張されておりましたね。

実行委員長殿 ( ̄▽ ̄)

緊張しないほうがどうかしてますから、気にしないで、

次回からお気楽極楽ですよぉ。

会議前の雰囲気は、

Dsc018991

余裕のブロック役員たち。

奥のお二人は、遠方よりご参加いただきました。

真ん中で嬉しそうにしている御仁は、

カメラを向けると必ず気づいて、目線を合わせてくれます。

Dsc019011

正面には、本年度専務と本年度と次年度の事務局長が!

密談している二人は、本年のコンビ。

話の内容は、懇親会の鍋についてです・・。!!(゚ロ゚屮)屮

Dsc019001

私の目の前に陣取られていたお二人。

次年度副理事長と記念事業部会長です。

パソコンの使い方がよくわからないので、

副理事長に伺っているところです。(;ω;)

こんな雰囲気の中、会議は始まりました。

感想はというと、

・・・・・・・・

・・・・

理事会みたい。

まぁ、第1回目ですのでご祝儀相場ということで、

よかったのですが、

次回もこういった感じで運営をされていくのでは、

なかなか意見は出にくいでしょうね。

プロジェクト会議ですので、私は委員会と同じだと考えております。

あくまで、私見ですが・・・ (゚ー゚;

イメージは、九州地区の委員会ですね。← 地区の委員会しか知らないから。

構成メンバーは、延岡JCの理事クラスですので、

能力は十分ありますよね。

意識も高いですので、そのポテンシャルを

十分に発揮していただく場のしつらえを運営側がするという

ところでしょうね。

プロジェクト会議の運営は、実行委員会に任されているでしょうから、

形にとらわれずにやってほしいと思います。

そうそう、共通認識として延岡のメンバーに持っていただきたいことが

ありました。

ブロック会員大会は、あくまでブロックの主催だということ。

延岡JCはその主管であるということです。

ここを正確に認識していないと、LOMとブロックで意見が分かれてしまい、

実行委員長の胃のあたりに異変が!Σ( ̄ロ ̄lll)

ということになりかねません。

そういえば、最後にN次年度副理事長が、

この議案では、会員会議所で通用しませんとおっしゃられておりました。

なぜ、通用しないかを考えなければなりませんね。

N副理事長は、ブロック委員長経験者です。

会務系のとてもたいへんな担いを背負った委員会でした。

だからその辺をわかっての発言だったと思います。

議案において大切なことは、目的です。

目的とは、達成したい状態を指します。

そこに、手法や背景が入ってはいけません。

チェックポイントは、

事業計画とプロジェクトの内容両方からみて、

委員会の担う運動が明確に書かれているかです。

目的に達成された状態(ゴール)がかかれているかです。

今はまだ、ゴールを明確化していく段階でしょう。

これに関しては年内に、まとめてくださいね。

これから半年が、勝負ですね。

今夜は

今夜は、延岡でプロジェクト会議なるものが開催されます。
何で実行委員会ではないのだろうか?
と、ふと疑問に思いましたが、
名称なんて気にしないので、どうでもよいか。
何の実行委員会かというと、
2009年度の宮崎ブロック会員大会の主管を延岡JCが
するので、その実行を推進していく会議体ですね。
宮崎ブロック協議会の主催ですので、
第1回目は、ブロック運営専務としてオブザーブをしようと
思っております。
久しぶりに延岡JCの会議に出席です。
たのしみですね。

モンスターP

モンスターというと、
浦沢直樹の作品を思い出しますが、
今回の話題は、
昨夜のTV番組に、出演していたモンスターペアレントの
ことです。
あまりの自分勝手な言い分に、
5分ほどで、チャンネルを変えてしまいました。
じっさいに、番組に登場していた当人たちは、
顔はモザイク処理されておりましたが、
いかにもという人たちでしたね。
おいおい、世界は自分中心に回っているわけではないぞ!
といいたくなります。
途中で、大竹まこと氏が同じようなことを
言って諭そうとしましたが、
無理でした。
その後どういう展開になったかは、知りえませんが、
この背景には、何があるのかを考えなければならないですね。
君子、危うきに近寄らずと傍観を構えても、
それは確実に近づいてくる。
となると、如何ともし難い実態が目の前に展開されるのでしょう。
あまりにも利己主義な、バランスの崩れた人たちなのでしょうね。

戦前、戦後まもなくは、先生といえば、
やっぱり、尊敬される存在でした。
今でも、尊敬されなければならない存在ではないでしょうか。
そういった尊い職業であるという自覚が薄れてきていると言えはしないか。

最近、ONE PIECE という漫画を見ています。
ただいま、ウォーター7という島で、仲間がたいへんなことになっています。
麦わら海賊団を襲うさまざまな試練。
船長のルフィーを中心に色物ぞろいの仲間たち。
ちょうど、ウソップと決別し、ロビンが別れを告げたところです。
どうなるのでしょうね。

船長(社長)の決断、海賊団(組織)のあり方、考えさせられますね。

GDP2期連続マイナス成長

内閣府が17日発表した7〜9月期の国内総生産(GDP)速報値は、

物価変動の影響を除いた実質で前期6月期)比0・1%減、

年率換算で0・4%減となった。

2期連続のマイナス成長はITバブル崩壊の影響を受けた平成13年以来、

7年ぶり。

GDPの結果を踏まえ、与謝野馨経済財政担当相は

同日の会見で「景気が後退局面にあることを示している」と述べ、

景気の先行きはさらに厳しくなるとの見通しを示した。(産経新聞)

2008111700000009maipbus_allview000

政府の経済見通しは、厳しいとあるが

実際は、最悪だ。

歴史は繰り返すというが、本当だなと実感している

このまま世界金融恐慌に突入するのか否かだが

これだけ世界の情報が瞬時にして判ってしまう現代は、

そうなる前に何か手を打てると思うが・・。

この場合、世界的に見れば人間は性悪説が前提ですので、

そうならないような気がして仕方がない。

今回の不況は、中小企業を直撃している。

特に製造業は深刻だ。

前月比50%ダウンというところまでたくさんある。

自動車メーカーの30%生産ダウンは、

部品メーカーにとっては、計り知れないものである

きっと多くの孫請け、ひ孫請けの会社は、

仕事そのものがなくなってしまっただろう。

当社も、一般的ではない素材や加工の組み合わせで、

しのいできているが、今回は市場に例外なく縮小傾向だ。

NHKのニュースを見ると、こんな状況下で売上を伸ばしている

ところも紹介されていた。

その戦略は、低価格。

その分、お客の増加で補っているという

売上を伸ばす方法は、3つしかない。

1.単価を上げる。

1.顧客を増やす

1.たくさん売る。

回は顧客を増やす以外になさそうだ

宮崎テクノフェア

先週末、宮崎テクノフェアが開催されました。
例年は、佐土原にある県工業試験センターで
開催されているのですが、
今年は、宮崎市民体育館が会場となりました。

毎年参加しているのですが、
今年の参加企業が少ないのが印象的でした。
やっぱり、この不況の影響なのでしょう。
人足も例年に比べて少なかったように思えます。
そんななかでも、
緑のバッタさんが、一生懸命に焼き芋を
作っている姿をみて、
がんばっているなぁと感心したところです。
そうそう、焼き芋の差し入れありがとうございました。
(/ ^^)/アリガトネ

ひさしぶりに、飛翔会のメンバーにもあいました。
なかなかみなさん、いつもと変わらずに、
勢力的にご活躍をされておりました。
\(;゚∇゚)/


でも、少々さみしいテクノフェアでした。
九州は、飛行機の後輪経済とよばれております。
離陸は最後で、着陸は最初。
しかし今回の不況は、今までとは違った経過をたどりそうです。
すべての業界が一度に不況という事態に見舞われています。
先週末のG20は、歴史的にはすごいことでしょうが、
実績としては、先送りをしてしまったようです。
G8は、もはやその機能を果たすことが出来なくなって、
新しい枠組みが見えてきたといえます。
今後ますます新興国の発言力が強まってくることは、
まちがいないですね。
その中での日本の位置づけをしっかりと
していただきたいと思います。
そういう枠組みの中で、
宮崎の位置づけ、そして製造業の位置づけ、
社の位置づけを考えていかなければ。

新年度に向けて

昨夜、延岡青年会議所の2009年度理事長所信に始まり、

副理事長、室長、委員長と決意表明をされていきました。

なかなか、頼もしいメンバーです。

Dsc018861

来年のスローガンです。

実は、この後ろに理事長が隠れています。(-_-;)

Dsc018881

最近、似てきたといわれているらしいお二人。

Dsc018981

そして、大取にてわれらが、長曽我部会長の登場です。

延岡青年会議所メンバーであると同時に、

宮崎ブロック協議会の会長として、

そして、ひとりのJAYCEEマンとして、

力強いメッセージを送っていただきました。

さすがです。ボス!

いま、この混沌とした時代だからこそ、

私たちが信念を持って行動することが大切であると

思ったところです。

さて、話は変わって、

先般、M社長が新しい車に乗って、来社されました。

印象は、とってもエレガント!

しかもその社長様は、いつもなら車に乗り込むと同時に

つけていたタバコの火を

一向につけようとしません。

そしておもむろに、車の中は「禁煙」とおっしゃられました。

こりゃ、ほんものだ!この調子で本当に禁煙するかもしれないと

思って、タバコやめるの?と聞くと、

いや、車の中だけね。(^^)v

だけど、すう本数は減ったねぇ。という感想を述べられました。

その後、ちょっと昼食をとりにご一緒させていただきました。

おかげで、とっても快適なドライブを楽しめました。

とにかく、ほしくなってしまったというところが

実感です。

私の愛車も3年目の車検を年末に控えております。

すでに、67000km走破しており、

下取りに出して、・・・。

考え中です。

たぶん、エコカーに乗り換えてしまうかも。

これを敬愛するkatanaさんに意見を求めたら、

エコは、似合わないといわれました(-_-;)

好きな車は、高くて買えないし、

エコカーは、ダメだし食らうし、

車検を受けることになりそう。

本日は3S

先週末から、5Sに関してリーダーとミーティングをしました。

その結果、土曜日にキックオフをかねて、

一斉清掃を敢行する予定でしたが、

あいにくの雨で中止。

本日に延期されております。

朝から、工場を停止しての整理・整頓です。

小さい所帯ですので、ある程度は今日だけで何とかなりますが、

5Sで大切なのは、しつけ。

習慣化するということです。

昨日、延岡最大の鉄工所を訪問させていただきました。

目的は、5Sの参考にさせていただくことです。

K本部長は、快く引き受けてくださりまして、

本部長自ら会社内を案内してくださいました。

とても製缶工場とは思えないくらい、しっかりと整理されておりました。

しかも、社員の知恵と工夫が随所にあって、

感心させられました。

見学終了後には、ミーティングまでしていただきまして、

本当に感謝しております。

今日は、どこまでできるかな?

ガソリン

先週末、車で宮崎往復をしているときに
目に付いたのが、ガソリン価格。
どのスタンドも、130円くらい。
急に安くなってきたぞ!と思っていたら、
最安値のスタンド発見!

123円? !!(゚ロ゚屮)屮

なにかのまちがいか?
プリペイドカードでの価格ではありましたが、
それでも、この値下がりぶりには驚かされます。
原油価格が50ドルで安定しつつあるからかもしれませんが、
春先からの原油価格の高騰は、いったいなんだったのか!

週末、G20財務相、中央銀行総裁会議がサンパウロで
開催されている、金融危機に一致して対応することが
決まっているが、詳細は来週末の首脳会議に持ち越された。
この経済不況も一時的なものであってほしいと願う。

日々に新たなり

09宮崎ブロック協議会会長が
いつもおっしゃることで、
日に新たなり、日々に新たなり、また日に新たなリ。
という格言があります。
感心させられているのですが、
最近、ようやく成長の兆しが見えてきたなぁと
思えることがあります。

昨日は、新卒社員と10年選手のベテランが一緒になって
みやざき合同受発注商談会に行ってきました。
初めての経験をさせたので不安でしたが、
見積もりの図面をいただいてきました。

面談したところは、きっと皆さんもらえていたと思いますが、
もらえたということは、少なからずとも、
会話が出来たということでしょう。

いただいた図面をしっかりと吟味して、
お客様の要求するスペックのものを
いかに競争力のあるコストで提供できるかが、
今後の課題ですね。

今から見積もりをがんばりますが、
そこに到達できるか否かが今の実力です。

新しい自分を発見できていることでしょう。
期待しています。

先輩のアドバイス

昨日の夕方、高校のK先輩が会社に立ち寄ってくれました。
超多忙な方なので、時間なんてないだろうに、
そんななかでも、気にかけていただいていることに、
感謝いたしております。

立ち話で、20分くらいでしょうか。
それでも、たくさんのダメだしをいただいきました。
でも、なんだか気持ちが楽になったような気がします。
たぶん、私の心中はお見通しだったのでしょう。

そのK.K先輩は、とても頭の切れる方でしかも、謙虚です。
話は、とても合理的で、理路整然としております。
会社では、本部長の立場ですが社員思いで、優しい方です。
でも、毒舌です。(p_q*)

そろそろ、県北部会の忘年会を企画しないとね。
月曜日に、再度ダメだしをもらいに行くことになっているので、
そのときにでも、スケジュールを確認しないとね。

もう、忘年会の季節ですね。
早いところは、今月末くらいからですか。

ターニングポイント

先日、日経大予測2009を購入しました。

20081105100811

こちらの書籍は、毎年出版されています。

今年は、2009年度は大きな変化があるように

思えて購入してしまいました。

2009年を見ていくと、

本日、アメリカ大統領が決まります。

就任早々に、新たな世界秩序づくりや、

経済・金融問題に取り組まなければなりませんね。

アフガニスタン問題やグルジア問題、

石油、天然ガスで復活しつつあるロシア。

かつてのイデオロギーでの対立ではなく、

食料、エネルギー問題、世界的な格差問題、

EUや中国といったかつてなかった勢力。

アメリカは、サブプライム問題で経済は大きなダメージを

受けている。

今年は、世界経済再生に向けての新しいシナリオが

かかれる年になるかも。

産業界はどうか。

原材料の高騰によって、コスト増加は目に見えてます。

それを価格に転化できればよいのですが、

経済状況が悪いので、すぐには転化できない。

よって、体力のある大手以外は生き残れない。

そんなシナリオがなりたってしまう。

われわれ中小は、どうすればよいのか。

ここの特徴をしっかりと打ち出して、大手が

手を入れない(入れにくい)分野を確立していくことが

大切だろう。

JIMTOFに行きました

先週末から、情報収集に小林、久留米、東京といってまいりました。
小林、久留米では、宮崎と九州の情報を、そして東京は、
2年ぶりのJIMTOFです。
前日の会場は、4万人の入場者だったそうで、
森精機なんて
あまりにも、混みすぎて
進むことも出来ない状態だったそうです。
日曜日は、そうでもなく午後3時過ぎていたこともあって、
熊本の所長と話す時間が出来ました。
会場自体は、熱気に包まれており、
どこが不況なの?という感覚でしたが、
やっぱり、直接話すと、相当な不況感が漂っておりました。
もちろん、村田機械にも
しっかりと立ち寄らせていただきました。
当社では、3ポイントベンダーという機械を使っています。

いろいろと見て回ったのですが、
印象としては、自動化が進んでいること、
工作機械は、5軸化、複合機化が進んでいること、
プレスは、サーボ化が進んでいること、
制御装置は、ナノレベルまで到達していると
いったところで、
今後ますますシステム化して、それによって
複雑な形状も可能になってきます。
要求される技術は、レベルが上がりますから、
対応できないところが簡単に淘汰されてくるでしょう。
設計段階での3D化が今後ますます進んでくるでしょうから、
データでのやり取りが当たり前のようにできなければ、
仕事もなくなってくることが予測できます。
反対にできるところは、仕事が増えるということになります。

やっぱり行き着くところは、人=教育ですね。

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ