最近のトラックバック

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

手帳の形

そろそろ2009年の手帳がほしくなってきています。
そこで、検討していたのがiphoneだったのですが、
昨日、お取引先の社長を訪問すると、
なにやら、目新しいものがw(゚o゚)w

その社長様。ご購入されておりました。
i pod touchです。

Ipodtouchhero8gb

いやぁ、すばらしい。
Wi-Fiで結構、ネットにもつながります。
サクサクッという感覚でネット検索もしてくれます。
iphoneを検討していたのですが、
大きさもちょっと小さくて、よいです。
iphoneは、通話品質が悪いし電話という感覚ではないので、
今の携帯電話でいいのでは?と思いました。

その社長様も、たいへん満足されていらっしゃいました。
しかも、なかなか使いこなしていらっしゃいまして、
手馴れた感じが、かっちょいい!と思ってしまいました。

というわけで、
もう少し検討して、
ご購入という流れになりそうです。

全貌が明らかに

いよいよ、NEW Zの北米販売開始が近づいてきました。

来月発売だそうです。

その約1ヶ月遅れて、国内で販売が開始されます。

で、これがそうです。

Z001

明らかに、現行Z よりも ホイールベースが短い!

ハンドリングの向上を狙ってか?

しかも、コックピットからテールエンドまでが短くなっている。

Aピラーからルーフにかけての処理が、GTRに似ている! 

Z002

テールエンドは、コンパクトにまとまっているなぁ。

テールランプの形状は、意見が分かれるところだ。

いまのところ、私は好きになれない。実写を見ると変わるかも。

Z003

とっても重要な内装。

だって、自分が見るのはここがほとんど。

自分お車が走っている姿を見る機会は、なかなかない。

現行Zのイメージを残しつつ、新型のアクセントはしっかりと

つけてあるところが、Goodですね。

ちなみに、私の愛車Zちゃんは、

先日、走行距離66666kmを達成し、

今現在66670kmです。

まだ、34ヶ月目なんですけど・・・・。(ノ∀`) アチャー

まだまだ、快調に走ってくれます。

月末には車検です。

とほほ。

社内セミナー

本年度の取り組みとして、社内でセミナーを開催している。
社員同士が毎回講師を担当して、各人の得意分野で勉強会を
取り仕切る。
自主的な出席であるが、
半強制的な側面は否めないところだ。
まぁ、誰しも勉強はいやだから仕方がないが、
それでも、やっただけの効果はあると思っている。

題材は、さまざまだ。
切削理論に関するものもあれば、
ラグビーの話をするもの。
つりの話をするもの。
中国語講座。
多岐にわたっている。

大切にしたいこと、この目的であるが、
考えるということと教養を身につけるということがある。

当社の役員に、国際的に活躍されていた方がいらっしゃいます。
その方がおっしゃられていたことで、
印象に残っているのが、
海外へ行くと、まずはその地域の歴史、国の歴史、また文化について
話せないと仕事にならない。
教養がない人は、相手にしてもらえないといわれていたことです。

たしかに、取引先の人であってもいきなり仕事の話はしません。
教養のある人にであうとそれだけで信頼感がまします。

いまの金融危機は、その信頼が揺らいでいるから起きていると
言っても過言ではないのでしょう。
金融工学という錬金術でだましたのですから、
それで信頼せよというのは、ちょっと。

第24回日本国際工作機械見本市

今週末30日金曜日から、来月4日まで、

日本国際工作機械見本市が東京ビックサイトで

開催されます。

JIMTOF といって、

世界中から最先端の工作機械メーカーが

やってきて、

最新の技術を展示、競い合います。

工作機械って、なじみがないかもしれませんが、

金属を切ったり、叩いたり、削ったりする機械です。

モノを生み出す機械なので、

マザーマシンなんて呼ばれ方もします。

このJIMTOFなんですが、

2年に1度の開催です。

前回は、2006年に開催されました。

そのときには、工作機械の複合化が

どのメーカーもテーマだったように感じます。

今回は、おそらく同時5軸加工にシフトしているでしょう。

制御装置も、進化しているはずです。

おなじく、ソフトも進化しているでしょう。

そういったところを

目の当たりに出来るところが、よいですね。

今回は、常務と生産技術課長が行くことになります。

私も、今後の戦略を練っていくのに必要な知識だと

認識しているので、なんとか時間を作って、

行ってみたいと思っております。

楽しみですね。

どこにいったのか

気になって仕方がないことがある。
連日の株価下落に伴って、何百兆円という
お金がなくなっている。
不思議に思うのは、このお金がどこにいってしまったのか?
ということです。
普通の私たちの生活では、
お金は増えたり減ったりしますが、
なんで、そうなったのかは大体解ります。
酔っ払って、いくら使ったか解らないという方は、
よくお見かけしますが・・・。Σ( ̄ロ ̄lll)

今回のは、バブルという表現がぴったり。
まるで、大きく膨らんだ風船がパン!とはじけてしまったようです。
で、よくよく考えてみると、
はじめから、株式の価値が正当に評価されていたわけでなく、
ただの投機の対象になっていたことから、
こんなことが起こってしまった訳で、
しかも
それは金融工学などという錬金術によって、
あたかも、正論として取り扱われた結果、
レバレッジなどの手法を使い、およそ実態とはかけ離れたところで、
架空の経済が動いてしまったことに、
本質がある様に思う。
つまりは、はじめからなかったものが、
あたかも価値があるかのごとく取り扱われ、
時間がたつにつれて、わけが解らなくなってしまった。

これは、自由資本主義の崩壊を意図しているように
思えてならない。
先週、グリーンスパンも証言したように、
間違った施策であったということである。
大体がすべてを市場にゆだねるということ自体が、
格差を生み、現在のさまざまなゆがみに繋がっていることが
解らなかったのか。
解ったいたはずである。
それでも、どうしようもなかったのであろう。


今後、どうなるのであろうか。
未来は、歴史を読み解くことからしか見えてこない。
戦争・・か・・・・。
人類は、戦争を回避する知恵を得られてはいないのか。

ストックデールの逆説

毎日、たくさんのメールが届く。
1日約300通です。
ほとんどが、迷惑メール。
そのうち、数十通がメルマガ関連。
間違わないように、削除していくのが
メールを開くときの最初の作業です。

そのなかに、興味深い記事をみつけました。
表題にあるストックデールの逆説というものです。


ジム・ストックデール将軍。彼は、ベトナム戦争の最盛期、
「ハノイ・ヒルトン」と呼ばれた捕虜収容所で、最高位の
アメリカ軍人だった人物です。

一九六五年から七三年まで八年間の捕虜生活で、
二十回以上にわたって拷問を受け、捕虜の権利を認められず、
いつ釈放されるか見込みが立たず、生き残って家族に再開
できるかすら分からない状況を生き抜いた人物です。

彼は、この状況を生き残った秘訣をこう語っています。


「わたしは結末について確信を失うことはなかった。
 ここから出られるだけでなく、最後にはかならず勝利を収めて、
 この経験を人生の決定的な出来事にし、あれほど貴重な体験は
 なかったと言えるようにすると」


逆に「耐えられなかったのは、どういう人ですか」
という質問に対し、彼はこう答えました。


「それは簡単に答えられる。楽観主義者だ」


先ほどの話と相矛盾する話ですね。彼は続けます。


「そう、クリスマスまでには出られると孝える人たちだ。
 クリスマスが近づき、終わる。

 そうすると、復活祭までには出られると考える。
 そして復活祭が近づき、終わる。

 つぎは感謝祭、そしてつぎはまたクリスマス。
 そして、失望が重なって死んでいく」


「これはきわめて重要な教訓だ。
 最後にはかならず勝つという確信、これを失ってはいけない。
 だがこの確信と、それがどんなものであれ、自分がおかれて
 いる現実のなかでもっとも厳しい事実を直視しなければならない」


今後、私たちが体験したことのない混沌と不況に見舞われることが
予測される。
ストックデール将軍の教訓を活かせる会社にならなければ。

変化に対応する

急激に世界経済が収縮しています。
世界各国の名だたる企業が軒並み大幅な減益に陥っています。
国内の企業にも、例外なくその影響が出ております。
中小企業にいたっては、その影響が直撃です。
今朝のNHKでは、大阪中小企業の資金繰り悪化が報道されていました。
まったくの他人事ではなく、当社も同じです。
多くの中小企業は同じ感覚でしょう。
本日は、福岡マリンメッセで開催中のものづくりフェアに
参加している企業を訪問してきます。
また、どんなものづくりが最前線で行なわれているのかを感じてこようと思っています。
今月末からは、JIMTOFという世界中の工作機械関連メーカーが
新技術を競い合って発表する展示会が、
東京ビックサイトであります。
翌週は、幕張メッセで国際プラスチックショーが開催されます。
どちらも、メーカー主体の展示会ですが、
本日のものづくりフェアは、その機械要素技術フェアです。
ヒントを得て帰りたいですね。

ゼネラルモータース

MGが、瀕死の重傷を負っている。

何でもクライスラーとの合併交渉中であるらしい。

すでに、合併交渉が決裂した場合のシナリオも

準備されていることだろう。

私は、3年前までGMのカマロに乗っていました。

95年の円高によって(1ドル=90円くらい)

安く買うことが出来ました。通販です。(^^)v

アメ車は、壊れるとか、燃費が悪いとかいろいろ言われていましたが、

特別壊れることもなく、基本的にメンテナンスフリーなので。

燃費も、6~7km/Lでしたし、

見た目は大きくて、知らない人には、すごい車!と

思われたし・・。

そのGMがなくなってしまいそうだなんて。

世界第1位の自動車生産量を誇っていたのに。

それもこれも、今の金融危機が問題なのでしょうか。

犯人はだれだ。

でも、コルベットだけは生産続けてほしい。

MG

内定式

先週、内定式を福岡で行なってきました。

なぜ、福岡なのかというとみんな県外の学校に通っているからです。

福岡が集まるのには、ちょうどよいということで選びました。

日向からだと、車で4時間です。

途中、休憩をたくさんしますので。

で、

2009年4月入社内定のみなさまと

コミュニケーションをとるべく、

いざ、博多へ!

内定式は、福岡アクロスの会議室です。

5年ぶりのアクロス会議室でした。

あの雰囲気は、緊張します。

窓から見えるアクロス内部が

とてもコンベンションの雰囲気をかもし出しております。

内定式は、今年入社のメンバーが担当してくれました。

何も資料がない中、しっかりと作り上げてくれました。

70点くらいだね。(厳しいかなぁ)

2009年、不況の一年になることは間違いないのですが、

それでも、知恵を使って実りのある一年にしなければならないと

思った一日でした。

Photo

緊張の面持ちです。 前列三人が来年の新入社員(^^)

1

私の隣にいらっしゃるのは、アクサの佐藤さん(日田JC)

ファイナンシャルプランナーで今回のサブプライム問題が

私たちにどんな影響があるか、何で発生したのかを

解りやすく解説していただきました。

当然、JCですので、友情講演です。ありがとう!

4

終了後、懇親会です。いやぁ、まだまだ学生のパワーですね。

すでに壊れている・・・・(-_-;)

低価格パソコン

ASUS(アスース)が今年1月に発売したことで、
1台5万円のミニノートパソコンがうれているらしい。
昨夜のワールドサテライトニュースで報道されていました。
世界のおよそ8割のパソコンを生産している台湾と中国。
その圧倒的な物量を背景に、低価格化を実現しています。
ASUSは、私もマザーボードでお世話になったことがあります。
もう、10年位前の話です。
しらないうちに、パソコンメーカーになっていたのですね。
部品メーカーだったのに。


Product4_mainimg

緊急広域商談会

ありがたいことに、広域商談会という企画がある。
これは、九州各県にある工業振興公社(県単位で組織のあり方は違う)が
協力し合って企画しているものです。
ところが、今回は緊急と銘打って急遽開催されることになりました。

サブプライム問題が表面化してのち、我々製造業、とくに輸出関連企業は
生産が激減しております。
全国どこをとってもそれは同じなのでしょうが、
九州は、もともと飛行機の後輪経済と呼ばれたりするほど、
景気は最後に上がって、最初に降りるという、なんとも情けない状況です。
とにかく、九州県外から仕事を持ってくることをしなければなりません。

しかしながら、どこでも出来る仕事は残っているはずもなく、
人が出来ない仕事、やりたがらない仕事をいかに効率よく、
しかも高品質で提供できるかがキーとなります。

わが社の場合はいかに。

阪神タイガース

今年は、独走で安心やなぁと思っていた。
阪神ファンになって、25年。
バース、掛布、岡田の時代からですね。
時の1番バッターは、真弓選手。
1番しか打順がなかったので、そうなってしまっていました。
1985年のことです。
1番バッターで、30本のホームランバッターですからね。
対戦ピッチャーは、大変だったことでしょう。

その真弓氏が来期の阪神タイガースの監督になりそうですね。
まだ、正式にオファーがあったわけではないそうですが。
ファンとしては、まずはクライマックスシリーズを
がんばってもらって、来年に期待したいです。
例年だと、5月からは大相撲だ!と言わざるを得なかった阪神ファン。
がんばれタイガース!

リスクマネジメント

今朝は、NY株 9387ドルと反発していましたね。
G7の対応を市場が評価したと言われていますが、
きっと、買いのタイミングを見ていただけのように感じてしまいます。
まぁ、それが市場の評価ということでしょうか。

さて、今回のリスクは予想できたものだったのでしょうか。
当然、予想は出来ないことです。

思うことがあります。
会社の経営をしているのですが、予測できないことの連続です。
こんな状況では、不安でしょうがありません。
でも、それを当たり前と受け止めれば不安は多少なりとも解消されます。
リスクはつきものであると思うのです。
そのリスクに迅速に対応できることが大切だと思います。
対応するには、シナリオを用意するということなのです。
理科系の人は、実験をします。
実験をする前には、仮説を立ててします。
仮設において、いくつか想定されるシナリオを用意しておくと、
迅速に対応できます。またデータを客観的に見ることも出来ます。
それと似たようなものです。

そういえば、ホリエモンがよく想定内ですと言っていたなぁ。

リセッション

ヨーロッパもすでに、リセッションに入っているようです。
アメリカ発ともいえる、グローバルスタンダードは終焉を迎えたと思えます。
昨日の協調利下げも大きくは影響していません。
当面は、ドル安が続くと思われます。
輸出関連企業は、ダメージを受けます。
特に、輸出先のアメリカ経済は冷え込んでいます。
アメリカの年末のクリスマス商戦は、年間売り上げの30%近くを
たたき出すそうです。
そこで実体経済の状況が鮮明になると思います。

昨日も書きましたが、私たちは、
「生産性をあげる」ということに、今以上に注力しなければなりません。
通常業務のみならず、会議然り、トータルでの運営方法も然りです。

私は、判断するタイミングを的確にすることに注力をしなければならないと
考えております。
そのためにも、自分の判断レベルをあげることが求められます。
社内では今まで黙っていたところにも、声を上げていかなければならないと
思っております。
それだけの覚悟をもって。

今の私たちに出来ること

世界経済に暗雲がたちこめてしまっています。
日本経済も、影響がでています。
今後、どうなってしまうのでしょうか。

私の尊敬する先輩がいつも言っていたことです。
「takuちゃん、歴史からしか未来は予測できないんだよ」
「だから、本を読みなさい。」

今後どうなるかを予測するには、歴史から学ぶしかないのですが、
歴史が苦手な私は、非常に困窮します。
しかし、今はITがあります。
これを使わない手はないですね。

そこでどうやって利用するのかということですが、
手始めに情報の共有化をするというところから、はじめます。
メーリングリストでも、ブログでも、SNSでもいいです。
情報を発信し、それを共有するという仕組みを作ることが
重要です。
それも、最近は無料で簡単にできます。
私たち製造業は、生産性を重視しています。
それは諸外国との競争にいつもさらされており、
ちょっとでも油断すると、簡単に市場から退場となるからです。

サービス業の生産性が低いのは、
外国との競争にさらされない、日本語という特殊な言語に守られている
という特殊な環境があります。構造的な問題です。
で、今私たちに出来ることは、
ちょっとでも生産性をあげるということです。
しかも、無料のITを使って。

まずいですね。

アメリカの株価が急落しております。
信用不安が急速に広がっているようです。
同じくして、世界同時株安になっていますし・・・。

円相場も、ドル安になってます。
日本の構造は、基本的に輸出でなりたってますから、
この急速な円高は、輸出産業に大きな影響を及ぼします。
当然、外貨を稼げないわけなので、国内の景気は低迷します。
非常に深刻です。

いまは、見守るしか手立てはないのですが、
上がったものは、下がる。これが原理原則です。
ただし、基本的にはインフレで推移するのですが。
うーん、困った。

ナレッジマネジメント

ナレッジマネジメント(知識の共有化)によって、
作業を効率的に行なおうというマネジメント手法です。
情報工学とか経営工学に分類されるかなぁ。

で、最近グーグルのカレンダーを使い始めています。
なかなか便利だなぁと思っています。
とりあえず、社内で使ってみようかなぁと思っております。
で、どうやって使うかは、これから思案します。

できることはカレンダーの共有化です。
これで、スケジュール管理が出来ます。
カレンダーは特定のグループで共有することで、
情報も共有化することが出来ます。
こちらは、ドキュメント、Gメールでカバーします。
携帯電話でも十分出来るのですが、
インターネット環境を使って出来るところが魅力です。

最近は流行のWeb2.0は、まさにそこです。
Web2.0は、概念なので
これがそうですというものではないのですが、
このブログもそうですし、ウィキペディアなんかもそうです。

いままでは、専門家でなければわからなかったことが、
ある程度であれば、大方ネット検索で情報を得ることが出来る。
それが今起こっている産業革命ですね。


DSi 11月発売

NINNTENNDO DS がほしいなぁと思っていたら、

いつのまにか、DSiが発売されることになってしまいました。

カメラがついているということらしいですが、

そんなことよりも、使い方の提案があるのでしょうね。

個人的には、

年内に、ドラクエ9が発売される予定が、

来年3月に延期になって(いつものことだが・・。)

来年3月が、買い時でしょうね。(購買も延期です。)

そのときは、DSiを狙いますよ。

売れに売れまくった、DS。

二匹目のドジョウはいるのか?

宮崎ブロック協議会会員会議所会議

2009年度宮崎ブロック協議会の会員会議所会議が
はじまりました。
09年度は、延岡JCからブロック会長を輩出させていただく関係で、
会員会議所の運営を延岡チームで行なうことになります。

宮崎ブロック協議会は、社団法人日本青年会議所の
組織体に属しております。
わかりやすくいうと、九州地区の宮崎支部という位置づけです。
会議所なので、協議会ということでしょうか。
JCは単年度制なので、来年一年間の担いということになります。
その準備をする段階が予定者と呼ばれ、08年中に準備をしていきます。

宮崎ブロックは、県内9つの青年会議所にて構成さえております。
で、09年度の理事長様たちに昨日、お集まりいただいて
09年度の日本青年会議所の方針をお伝えして、
宮崎ブロック協議会の基本方針を展開していくことをご協議いただいたと
いうわけです。
のこり、年内に2回。
来年からは、月1回の会議を予定して会議体を運営していくことになります。
すばらしい人たちとめぐり合えたことに感謝。

昨日の収穫。
都城の理事長様のお言葉で、

仕事とは、「事に仕えること」ですよ。

事=思考・意識の対象となるものや、現象・行為・性質など抽象的なもの

仕える=目上の人に、奉仕する。官職につく。神に奉仕する。


JCでは、「Yes」と「はい」しかない。
問われるときに、「イエスか?はいか?どっちや?」と言われるそうです。
肝心なことは、声賭けをされるということは、
期待されていることは間違いないのだから、
その返事のあと、どれだけやれるかは自分次第である。
深いい~。


会社も同じで、
期待しているから、ハードルを準備するし、
突破してもらいたいと思いますね。
わたしも、たくさんのハードルをいただいております。
ありがとー(;ω;)

10月

台風一過になりそうです。
秋風が吹いてきて、朝夕は涼しくなってます。
サブプライム問題は、深刻になってきています。
世界経済は、当面悪化をすることを前提に考えなければならない。
営業活動に力を入れなくては!
今月は、生産計画をしっかりと立てて、
計画主導で生産をしていかなければならないですね。
ナレッジマネジメントをしっかり運用したいものです。
Googleのツールが役に立ちそうです。
とりあえず、どこかで実験しなければ(*゚ー゚*)
今日は会員会議所だから、
そこを実験の場にしようかなぁ(*^-^)
いきなり、会員会議所だとまずいかもしれませんね(^-^;
正副会議あたりを実験場にしようかなぁ。
まずは、延岡スタッフチームが実験台か・・・(lll゚Д゚)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ