最近のトラックバック

« 新総理誕生 | トップページ | チャンピオンデータ »

小泉元首相の引退

昨夜は、小泉元首相の政界引退がトップニュースでした。
新総理誕生の背景になにがあったのでしょう。
知る由もありませんが、
小泉政権がもたらしたものとは、いったいなんだったのでしょう。
その検証をしなければならないと思います。

私が思うことは、
小泉元首相は、とにかく人気があったということでしょう。
結果はどうあれ、
リーダーシップも官邸主導という点において、「あった」と言えます。
任期5年中、常に高い支持率を得ていたことも事実です。
その後を引き継いだ安部政権も高い支持率ではじまったし...。

もうひとつ、
規制緩和というものがあります。
2000年前後ですから、規制緩和の動きは小泉政権誕生前から
あったのかもしれません。
それでも、加速させたのは間違いなく小泉政権でしょう。

通常、

規制緩和
    ↓
ニュービジネスの誕生
    ↓
多くの中小ベンチャー企業が誕生
    ↓
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

という図式を考えることができます。

しかし現実は、中小企業が規制緩和を利用した例は極わずかで
大企業がニュービジネスを展開したというほうが正しいでしょう。
その一例が、
NTTの規制緩和です。
京セラ、JR、各電力会社など多くの大企業が参入しました。
その下に、ソフトウェアのベンチャー企業はあったかもしれませんが、
その多くは、ITバブルのときにはじけました。

もうひとつ。
規制緩和の裏側には、
それを守るための行政機構が存在します。
緩和によって、それが必要なくなるので当然役人の数は
減る、もしくはほかの業務に当たることができたはずです。
しかし、そうはならなかった。
というのが実態だったということでしょう。

小泉元首相の功罪、
いづれにしても、国民は支持したのです。

光あるところに影あり。


« 新総理誕生 | トップページ | チャンピオンデータ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小泉元首相の引退:

« 新総理誕生 | トップページ | チャンピオンデータ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ