最近のトラックバック

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

北九州まで

先週末(土曜日)に西日本総合展示場に行って来ました。

産業機械の展示会です。

たくさんの企業、大学、研究機関が展示をされておりました。

社員5名を引き連れての日帰り強行軍でしたが、

何かしら、感じ取ってくれたらよいなぁと思います。

感受性は、人それぞれに違うものですので、

どこに惹かれたかを知りたいですね。

新しい風を起こすのは、自らであることを知っていただきたいと

思います。

みんなそうしているのだと。

練習すれば

ゴルフの練習をここ2日ほどしているのですが、

先日、グリップを強制していただいてから、

スライスが出てとまらなくなっております。

延岡ゴルフ界の達人が言っていました。

「ゴルフは練習すればするほど難しくなる」と。

この状態を克服するのも、練習しかないなぁと

思っております。

とほほ。

ベンチャーキャピタル

昨日、宮崎太陽キャピタルの磯貝社長様が

来社されました。

久しぶりに県北地区を訪問されていたようですが、

当社にもお立ち寄りいただき、ありがたく思っております。

以下 ウィキペディアより

ベンチャーキャピタルは、未上場企業へ投資し、

投資先の企業が上場(株式公開)することによって得られる

上場益を主とした運用益を収益源とする。

通常、資金を融融資するのではなく、

株式の取得という形で投資を行って、

ベンチャー企業の資金需要に応じる。

その投資基準は、簡単ではないですね。

当たり前だが、投資は融資に比べてリスクが非常に高いからです。

以前勉強をしたときに感じたのは、

とにかく人を見られるということです。

磯貝社長は、宮崎県から上場企業を育て上げたいと

語っておられました。

現在、新興市場は一時のブームが去り、

冷え切っておりますが、この時期に取り組む企業が

大切だともおっしゃられておりました。

上場するとさまざまな恩恵があります。

その反面、縛りも厳しくなります。

会社がパブリックなものになったと言えますね。

本来、会社とはパブリックなものもしくはその性質を

持っているのですが、それが厳に求められるということでしょう。

まずは、事業計画ですね。

夢を語ろう。

備えあれば憂いなし

先日、西階にあるお店を訪ねました。

そのお店には、お米と酒類、住宅設備(エアコンとかボイラーとか)

そして、消防設備が取り扱われております。

あと、地下から灯油が産出されております。

なんでもありだなぁと思いながら、店内を見渡していると

Photo ん??

なんだ、なんだ??

缶詰?

でも、パンって書いてあるぞ。

保存期間3年間

非常時用保存食品でした。

そのご主人曰く。

結構おいしいよ

3年間も保存がきくパン

技術って凄い。

石川県にて

先週末に、石川県金沢市にいってまいりました。

鉄鋼機械工業部会の常任委員会です。

しかし、金沢は遠い。

いや、宮崎が遠いのか・・・。

全国から来ているメンバーが総勢20名くらいでした。

業種も鉄鋼部会というくらいですので、

鉄に関係している人たちが主にいますが、

工具や機械を取り扱う商社の方もいらっしゃいます。

生の情報がいただけるのでとてもありがたいですね。

企業訪問もしてきました。

能登にある機械メーカーです。

木工機械を製作するメーカーですが、

この機械屋が非常に面白く、とにかく大型機械に特化しております。

しかも、3m×16mの平面研削盤 重量400t などといった、

そんな大きな鋳物をふけるところは現在ないくらいの大きな機械が

たくさんありました。

ソ連時代のものや、ドイツのものとにかくある機械は古いのですが、

現在のメーカーでは作りきらない(採算が合わないからね)ものが

たくさんあり、とても参考になりました。

それから、もっと凄かったのが、

その人の自宅。

いま、建築中でしたがやっと屋根が取り付いているところでした。

すでに着工から1年間が過ぎているそうです。

見た目は、お寺か?と思うくらい重厚なつくりです。

いぶし銀といいますか、渋い趣味ですねというと、

親父の趣味だから・・・・・。

あんな家をもらえるのであれば、文句も言えまい・・と思いました。

それから、

自宅の駐車場には、ポルシェが2台、ベントレー1台、

ベンツ500と600が1台ずつ、

圧巻は、家族一人一台のランドクルーザー。

たぶん6台はある。

そういえば、ユンボもたくさんあったなぁ。

土地も凄くて、ここに10000坪、あそこに30000坪、それから・・・。

ほとんど、山ですが。

おいおい、どうなってるの?

いやいや、日本にはいらっしゃいます。

最低賃金

以前にも、書いたことがあるが、

等価交換の原則。(鋼の錬金術師より)

物の価値をどうやって判断するかが、

難しいのであるが、通常の経済はお金を媒体にして、

価値を表わしている。

最低賃金が、755円に引き上げられる。

という案が検討されているそうだ。

現在の生活保護費を基準に設定している最低賃金を、

今後5年間で高卒初任給の最低水準まで引き上げるよう

提案する方針を固めたそうである。

全国平均の話であろうから、

宮崎県は、そのまま当てはまりはしないけど。

最低賃金が上がることは、結構なことだ。

弱者救済(セーフティネット)的要素があるから。

しかし本質はどうだろうか。

原理原則からすると、

需要と供給のバランスからなっていると言える。

商売をしている人はよく解ると思う。

お客様がほしいと思うから、買っていただける。

Yahoo!などのオークションを見ればよく解る。

あれが原理原則だと。

ただ、すべてがオークションで決まっているわけではないし、

そんなことをしていては、経済が進まないから取り決めたルールの中で

動いているということだろう。

賃金をオークション形式でというわけには行かないから、

ある基準を設けてそれからスタートするということだ。

大切なことは、

最低賃金ベースで検討するのではなく、

給料を稼ぐためには、どんなスキルが望まれていて、

自分にどんなスキルがあり、今後どんなスキルを

取り入れていくかということが大切だと思う。

給料がほしいと100万回念じたところで、

給料はいただけない。

その対価に見合う価値を提供するほかにないのである。

タイガーウッズを見て

全米オープン。優勝。

昨日のプレーオフは、

きっと足が痛くてたまらなかっただろうに。

マッチプレーの彼の強さは、突出している。

なんと言っても、あきらめない姿勢に感服する。

ゴルフは自分との戦いであると思う。

アンクルパー(パーおじさん)との戦いでもあろう。

ゴルフ場を設計した設計者との18ホール72打の

勝負である。

そのコースをどうやって攻略していくのか、

自然という刻々と変化する状況にどう対応するのか、

トラブルに見舞われたときに、どう対処するのか、

さまざまな場面、戦略があってゴルフというスポーツが

成り立っていると思う。

そういったことを考えると人生に似ている。

私?アンクルパーどころではない。

40くらい足してやっとです。とほほ。

たな卸し

年度末、月末、週末、日々、それぞれにおいて、

たな卸しをしていると思う。

本来は、資産がどれほどあるかを実際に数えて、

数値計上することをさしておりますが、

たとえば、自分の資産という意味合いで、

現状を整理してみるという使われ方もします。

現在、今期の予測をしているところです。

正直なところ

一年後などは正確にわかるはずもないので、

3パターンくらいのシナリオを考えております。

そのためには、たな卸しが重要でして、

現状分析が正しくできないとスタート位置が

間違ったものとなってしまいます。

いろんな意味合いでの「たな卸し」が

大切だなぁと思いますね。

しかし、昨日のタイガーは勇気をくれました。

あんなに足が痛そうなのに、

ミラクルショットを連発。

決してあきらめない姿勢には、感服します。

日雇い派遣禁止案

舛添厚労相は会見で、

「メーカーなどでは常用雇用が普通で、基本的には日雇い派遣はいかがなものか」とし、

通訳などの専門的な業種は除いた上で、

製造業などへの日雇い派遣を原則禁止したいとの考えを表明。

グッドウィル問題が、波紋を見せている。

規制をするのは簡単であるが、

では、現在の日雇い労働者はどうなるのであろうか。

なぜ、彼らが日雇い労働者になっているのか、

その根本を解決しない限り、厳しい結果になりそうだ。

今回は、「製造業は」としてある。

大臣の発言は、製造業には日々の生産の変動はないというように

聞こえてならない。

製造業だから、大量生産で平準化が進んでいると思ったら、

大きな間違いである。

日本の製造業は、多品種少量、変種変量生産に対応できる

ように、日々改善を繰り返してきた。

その結果、労働力の変動費化というところまでたどり着いた。

その受け皿が、派遣労働であると言える。

雇用側と非雇用側とのマッチングが新しい市場を作ったともいえる。

表の理由は、雇用サイドは生産の変動に労働力を変動させることができる。

非雇用サイドは、自分の好きなときに仕事ができ、

いろんな仕事を経験することができて、スキルアップにも繋がる。

そんな夢物語的な発想がある。

実態はどうであろうか。

派遣労働者にできることは、限られている。

スキルなんてものはない。

その派遣社員が仕事に従事して得られるスキルも、

ないに等しい。

簡単なことしかさせられないのであるから、スキルがアップするはずがない。

社員であれば、会社は投資として新しいことに挑戦させたりするが、

一時的な労働力でしかない派遣社員に投資をすることはない。

そんな簡単な原則を優秀な官僚がわからないはずはない。

一時的なパフォーマンスに過ぎない。

雇用側も、困ることになる。

その分のコストアップを吸収しなければならないからである。

しかも、労働力は確実に減少している(少子化だもの)

外国人労働者を受け入れる以外に今の生産性を維持できるのか?

それとも、ロボット大国として、未来を築き上げるか?

この国の未来を語る政治であってほしい。

公益法人制度改革

昨夜は、公益法人制度改革に関してのセミナーを

拝聴させていただきました。

現在、公益法人は、社団法人と財団法人があります。

私の所属している延岡青年会議所は、

社団法人ですので、

公益法人ということになります。

公益法人制度が改革されるきっかけになったのが

KSD事件だどうです。

今でもそうでしょうが、

役所の天下り先としての機能が主なように感じられます。

特に、財団法人は人事を見る限りその傾向は強いとかんじますね。

みのもんたの朝ズバしかり、サンデープロジェクト然りで、

多くの問題点が報道されております。

一部そういった団体があると、

全体がそのような目で見られてしまうということは、

悲しいサガです。

で、どうなるのかというと

平成25年までに公益法人もしくは一般法人、解散のいづれかを

選択しなければならないということです。

大きな違いは、監督範囲と税制にあると思いますが、

やはり公益法人を目指すのが筋でしょうね。

ただし、ハードルも高く、

公益目的事業費比率が50%以上ということです。

現状の貧乏団体では・・・・。

でも、うまく救済処置での科目仕訳をしていけば、

何とかなっていくのかなぁと思いました。

まずは、現状分析からでしょう。

そういえば、セミナー終了後になぜか私に

質問をしてくる後輩(nota町民さん、ただいま臨時でkadogawa町民)が

おりました。

非常にやる気を感じました。

問題意識を持ち、それを解決する努力をすること、

すばらしいですね。

対価

───人は、
何かの犠牲無しに、
何も得ることは出来ない。


何かを得る為には
同等の代価が必要になる。

それが、錬金術における
等価交換の原則だ。


その頃ボクらは
それが世界の真実だと

信じていた───

鋼の錬金術師というアニメの

冒頭のナレーションである。

錬金術という

人間の欲望を満たすための技術を

題材にしているのである。

実際に錬金術は、

鉛や鉄を金に変えようとした

おろかな科学であった。

今となれば、元素が発見されているので

あり得ないことは、高校生ならばわかるはずである。

冒頭にある

何かを得る為には
同等の代価が必要になる。

というフレーズは、

一見簡単ではあるが難しい。

同等の代価とはいったいどうやって

量られるのであろうか。

一般に経済は、お金を媒体にして

成り立っている。

そしてその価値は日々の相場によって変動する。

つまり物の価値は、

日々変動しているということである。

いま、原油価格が高騰している。

実際の価値よりも倍近いという。

実際は1バレル=60ドルくらいだそうだ。

(需要と供給のバランスから計算して)

それでも、経済は動いている。

代価で我々の源泉になっているのは、

給料である。

労働の代価として支払われるものである。

その価値は、その人のもたらすものの評価できまる。

ここで勘違いしてはならないことは、

その評価は、現在の評価だけではないということである。

その人の過去から現在、そして未来の期待までを

含めて評価されているということを

知らなければならない。

中国に数年前に行ったとき、

朝から工場の前に大勢の人たちが

並んでいた。

どこの工場の前もそうだった。

聞くと、仕事を探しに来ているのだと言う。

一円でも自分を高く買ってくれるところを探しているのだという。

共産社会の中国での1シーンだ。

結論は、

代価とは、相対評価で決められるのである。

ということ。

そのフィールドは、

現在は世界が相手になっているということを

知らなければならない。

立ち話から

立ち話で、ゴルフが話題になった。

その方は、延岡のクラブチャンピオンで、

とってもゴルフがうまい方です。

尊敬できるところもたくさんあって、

いつも感心させられております。

その話題から、クラブシャフトのフィッティングが

いろいろ試せるよ

と教えていただきました。

その場では、社交辞令だと思っていたのですが、

彼は、社交辞令は許さないというよりも、

まずは行動で!というタイプですので、

しっかりと段取りをしてくださいまして、

来週、練習場にて試すことになりました。

また、趣味を持ちましょうとアドバイスされて、

多趣味ではあるのですが、最近は趣味と呼べるものが

ないなぁと思い、

ゴルフの練習を始めることにしました。

まずは、100を切ることを目標に練習します。

たばこ1000円の時代

もうひとつ昨夜の話題に、タバコがあった。

昨夜のメンバーはJC現役メンバー有志。

この組織の喫煙率は、高い。

当然のように話題が、タバコ増税になる。

一箱1000円になるらしい。一本50円か・・・。

簡単には、1本頂戴とは言えなくなるなぁ。

そんな話題で盛り上がっていた。

仮に、一箱1000円(欧州並みらしい)になって、

現在の喫煙量が1/3に減っても、3兆円くらいの

税収アップが見込まれるという。

どこにでも頭のよい方がいらっしゃいますね。

社会保障制度が、破綻している中、

消費税率を上げることが話題になっているが、

今の福田内閣では、とてもそんなことはできないでしょう。

つまり、

うまく消費税の話題を先送りにする妙案と言えるでしょうね。

喫煙をしない私は、タバコが1000円になろうが

直接影響ないのですが、

社会から厄介者扱いされてきている喫煙者が、

胸を張って、俺は救済者だと言えるときかも。

いずれにしても、先送りは

よい結果に繋がるとはいえない場合が多い。

容易に予測できることは、

おそらく1000円になってもJCの喫煙率は下がらない。

組織の長

昨日、友人が会社社長になられたので、

ささやかながら、就任祝いをさせていただきました。

急なお誘いにもかかわらず、参集していただきいた

皆様、そして祝福をくさった皆様に感謝しております。

Moriyamaparty ←有志のみなさま

その会場での話題に、

社長って?というものがありましたので、

今の私なりの見解をお伝えしました。

一言で言い表すことは、難しいのですが、

単純に考えて、組織の長ですから、

その人のようになりたいと思われるか否か。

「かっこいいなぁ」と思われることだろうと思うのです。

それは、憧れであり、尊敬であり、目標であり。

そういった社長を目指さなくてはならないと思うのです。

そんな人物になることは、とても難しいと思います。

万人から尊敬されるような人物は、

実際存在するのか・・・。

そういった努力は必要ですけどね。

かといって力を入れるのではなく、自然体で。

難しくなってきたのでこのへんで。

秋葉原の事件

昨日、秋葉原で凄惨な事件があった。

被害にあわれたかたがたの冥福をお祈りします。

気になったのが、犯人の紹介であった。

派遣社員とあった。

犯人のコメントに、社会に疲れたとか言うものがあった。

これは現在の日本社会の一面を表しているのではないかと

思う。

どうしてそうなってしまったのか。

通り魔無差別殺人という狂気に走ってしまったのか?

その精神構造はどうだったのか?

その根本的な原因を究明しなければとも思うが、

この現象は、今の現象なのであろうか。

実は、ずーと以前からあったことではあるが、

情報化社会となってしまって、情報として目にすることが

多くなってしまっているからではないか。

そんなことも思うのです。

現状を打破するには、努力する以外にはないという

当たり前といえば当たり前のことが、

答えになると思う。

わんぱく相撲延岡場所

明日、わんぱく相撲延岡場所があります。

今年で、第7回目を迎えることになります。

小学4年生から6年生までの優勝者は、

国技館での全国大会に参加します。

このわんぱく相撲全国大会には、

かの横綱貴乃花関(現貴乃花親方)も、出場しております。

最近の大相撲は、外国人力士が活躍しているので

いまいち盛り上がりに欠けてしまいます。

外国人力士が悪いわけではないのですが、

やっぱり国民心情としては、

日本人力士に活躍していただきたいものです。

6月です

今月は、カレンダーが頭からうまっている。

とっても見やすい

本日は、出張です。

と言っても、夕方からなので

出張という気分ではないが・・・。

入梅したらしく、天気もどんよりとしている。

気がつけば、台風が太平洋沖にあったりしている。

この時期は、雨には降っていただかないといけない。

田植えの時期であり、梅雨を迎えての商売もあろう。

日本の四季を感じるためには、必要な時期だ。

まぁ、仕事の効率は上がらないが・・・。

6月から変わったものが、ガソリンの価格と

シートベルトの後席義務化。

深刻なのは、ガソリン価格。

原油がこのまま上がり続けると、

経済に悪影響を与えてしまう。

何とかしていただかなければならない。

代替エネルギーを探さなければならない。

当面は、原子力・・・。

省エネ商品への変換も必要だろう。

この問題は、単に経済問題ではなく、

環境問題や格差問題、貧困、戦争、などさまざまな要素が

複雑に絡み合っているので、

簡単には解決なんてできない。

そろそろ、頭がパンクしそうになってきたので、

この辺で。

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ