最近のトラックバック

« 組織の長 | トップページ | 立ち話から »

たばこ1000円の時代

もうひとつ昨夜の話題に、タバコがあった。

昨夜のメンバーはJC現役メンバー有志。

この組織の喫煙率は、高い。

当然のように話題が、タバコ増税になる。

一箱1000円になるらしい。一本50円か・・・。

簡単には、1本頂戴とは言えなくなるなぁ。

そんな話題で盛り上がっていた。

仮に、一箱1000円(欧州並みらしい)になって、

現在の喫煙量が1/3に減っても、3兆円くらいの

税収アップが見込まれるという。

どこにでも頭のよい方がいらっしゃいますね。

社会保障制度が、破綻している中、

消費税率を上げることが話題になっているが、

今の福田内閣では、とてもそんなことはできないでしょう。

つまり、

うまく消費税の話題を先送りにする妙案と言えるでしょうね。

喫煙をしない私は、タバコが1000円になろうが

直接影響ないのですが、

社会から厄介者扱いされてきている喫煙者が、

胸を張って、俺は救済者だと言えるときかも。

いずれにしても、先送りは

よい結果に繋がるとはいえない場合が多い。

容易に予測できることは、

おそらく1000円になってもJCの喫煙率は下がらない。

« 組織の長 | トップページ | 立ち話から »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たばこ1000円の時代:

« 組織の長 | トップページ | 立ち話から »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ