最近のトラックバック

« 大分廻りで福岡 | トップページ | SUPER CAR 世代 »

インターネットTV

Gyao というインターネットテレビに登録しているのですが、

昨日、あまり天気も良くなかったので、

Gyaoをのぞいてみると、Super GT2008の

鈴鹿開幕選の番組があったので、見てしまいました。

Super GT 私が夢中になっていた学生時代は、

グループAと呼ばれていたカテゴリー。

当時は、R32 GT-R が今となっては伝説的な

活躍をしていた時代です。

星野、長谷見が争っていましたねぇ。GT-Rどうしで・・・。

そして、久しぶりにGT-Rが、帰ってまいりました。

圧倒的な速さを誇って。

昨年まで、最速を誇っていたNSX。

チャンピオンのSC。熱い戦いが繰り広げられそうですね。

インターネットで放送されるのですから、

好きなときに好きなだけ見ればいいのです。

便利なものですね。

ただ、画面がノートパソコンなので、ちょっと小さい。

テレビにつなげたいのですが、

端子が合わない・・・。(T_T)/~~~

新しいパソコンは、そんなことができるのにねぇ。

このパソコンも、購入してからずいぶん経ちますから、

文句は言えないのです。

まだまだ健在ですから、

あと2、3年はこいつを使っていると思う。

« 大分廻りで福岡 | トップページ | SUPER CAR 世代 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

そうですね。
Zは、ノーマルのままで過ごすか、
もう最後まで乗りつぶす覚悟で、いぢっていくか、
岐路に立たされております。
今年の年末で、3年目を迎えるので(^^)v
すでに、56000kmを走破しております。

「紫電」!そうだったんですね!
ホンダ・レクサス・・・ホントなんでもありなんですね。

よぉ~し、こうなったら私の知っている方が黒い”Z”に乗ってますのでやってしまいましょう!その「なんでもあり」に・・・

そう決まったら、スポンサーを探さなきゃ!

SHIDENですね。
これは、ホンダカーズ東海のチーム車です。
たしか、由良卓也氏がデザインしてサポートもしているはず。
元になっている車は、本田なのに
アメリカデイトナのプロトマシンです。
エンジンは、トヨタ(レクサス V8)
SUPER GTのレギュレーションを見ると解りますが、
GT-300は、結構何でもありです。
名前は、戦闘機の紫電に由来しているそうですよ。

私たちの時代のCカーに似たデザインですね。
ル・マン24に出てくるタイプ。

いやぁ~私も観てました・・・(違うかな?)
GT-RにNSX、SC430にフェラーリ・ポルシェ・・・
スポーツカーというより高級車がまぁ揃いにそろって。
以前、ディアブロも見ましたよ!そんな中でRX-7とか
見るとなんだか応援してしまいます・・・
ところでSHIDENのマシンってベースカーは何??

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インターネットTV:

« 大分廻りで福岡 | トップページ | SUPER CAR 世代 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ