最近のトラックバック

« 夏になってきた | トップページ | 善悪の判断 »

危機感

財務省は21日、全国財務局長会議を開き、

各局長が全国11地域の今年1~3月期の経済情勢を報告した。

原油高や米景気減速を背景に

企業の景況感が全国的に悪化したことを踏まえて、

全国の景気の総括判断を「緩やかな回復が続いている」から

「このところ足踏み状態」と下方修正した。

総括判断の下方修正は02年1月(01年10~12月期)以来、

約6年3カ月ぶり。

景気が「踊り場」に入っていることを裏付けた。

(毎日新聞)

いつの時点から、景気が回復していると判断していたのであろうか。

確かに、そういった業界もある。

しかしながら、私には実感がない。

宮崎県を見ても、知事が知名度を上げてくれたが、

売れていると思うのは、マンゴーと地鶏くらいだ。

マンゴーにいたっては高騰しすぎで、買えなくなってしまった(T_T)/~~~

問題なのは、

確実に日本は格差社会に移行してしまったことであろう。

さらにこの格差は拡大する。

富める者とそうでないもの、

都市と地方、

大企業と中小企業、

勝者は、勝ち続け、敗者は限りなく叩きのめされる。

日本は、そういったシナリオを受け入れてしまったのである。

昨日、イ・ミョンパク韓国大統領が来日され、

ニュース23に出演されていた。

彼のような、スーパーマンはなかなかイナイ。

疲弊した韓国経済を立て直す政策が打てるか否かだが、

就任して早々に、訪米しその足で日本を訪問された。

今後の日韓関係に期待したいと思う。

いづれにしても、いまの政治では国民は報われない。

弱者にとっては、厳しい政治であると思う。

資源のない日本を世界に貢献する国にするためには、

人材しかないのである。

それも、労働力としての人材ではなく、

知的財産としての人材である。

教育に力を入れるべきである。

日本は、金融大国にはなれない。

そんな幻想は捨てるべきである。

ものづくりでこそ、世界に貢献できると思う。

« 夏になってきた | トップページ | 善悪の判断 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 危機感:

« 夏になってきた | トップページ | 善悪の判断 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ