最近のトラックバック

« メンタルヘルス | トップページ | つ »

過剰反応

中国製冷凍ギョーザの中毒事件による影響が、

野菜流通にも出始めた。

青果物を扱う東京・中央区の築地市場では事件発生後、

中国産野菜の買い控えが起きる深刻な事態になっている。

今朝のニュースである。

餃子の問題は、致し方ないが、

それに関して、ほかの中国食品までも、すべてが

有毒(残留農薬)であるかのように、

取り扱ってしまう国民性には、恐れ入った。

たしかに、品質のセオリーでは、

水平展開して、ほかも全数検査を実施。

なんてことはよくあるが、まったく関係ないのもが、

取引を一時的にでも、中断。

恐ろしいことである。

これは、中国製だからというわけでは無い様に思う。

過度の情報の垂れ流しから生じているのだ。

明らかにマスコミ(一部としておこうっと)に、問題ありだ。

判断できない(判断材料をメディアにしか持たない)国民は、

普通に、テレビで報道しているのだから間違いないと

勝手に思ってしまう。

品質に携わっている人間だと、実際に見ないと信用し無い様に

訓練されている。

「社長、こういった不具合が出ているそうです。」

「見たのか?」

「いや、まだ見てません・・・。」

「見てから話せ。」

こんなふうに、訓練されていくのである。

実際に見てみると、どんなものかがしっかりと判る。

ただ、餃子のような問題は、自分で確かめるわけにも行かないので、

たくさんの情報を収集してそのうえで、判断することが

大切ではないか。

ある偏った情報だけで、判断はできない。

今回のような、ほかの食材にまで影響があるのは、

それ(餃子)だけが、原因ではないけれどね。

« メンタルヘルス | トップページ | つ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 過剰反応:

« メンタルヘルス | トップページ | つ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ