最近のトラックバック

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

絶句

昨日から今朝のニュースでも、

餃子問題が取り上げられていた。

あまりの展開に、絶句してしまった。

いつのまにか論点が餃子の農薬混入から、

日本の警察の対応が悪く、遺憾の意を表明する!

なんて方向に摩り替えようとしている。

しかも、中国の実験結果と日本の実験結果が、

まったく違ったものである。

公開実験でもして、どちらが正しいかを証明してもらいたい。

まぁ、結果は日を見るより明らかだが・・・。

どこをどうやったら、

ああいった考え方ができるのだろうか?

きっと北京オリンピックに行きたくない選手がいるはず。

すくなくとも、二十数カ国の選手団が、

直前まで安全な日本で調整するらしい。

中国国民の大半はこんなことが起こっている事すら知らずに

いるのでしょうね。

新しい発想

ソフトバンクモバイルから、

面白い携帯電話が発売されるらしい。

Os_815tpb001 この携帯電話は、

テレビ東京系6局で放映されている

番組に出てくるキャラクターらしいです。

感心したのが、

実機にも、アプリ機能が搭載されていて、

携帯電話の持ち主の会話などから、

学習して、いわゆる相棒のように、

携帯電話と会話をするという

面白い機能も付属しているという。

手足がついているところなんかも、

ユニークだが、実際は邪魔になるんだろうな。

でも、こういった発想ができるのは、

ソフトバンクという会社の風土によるのだろう。

棋士

昨夜の番組で、羽生善治棋士が紹介されていた。

もう10年位前になるが、

当時天才棋士として、将棋界にあるタイトル7冠を制した

人物である。

一見、ごく普通の目立たない青年という印象だが、

将棋をさしているときの眼差しは鋭い。

そんな昨夜の番組で、

「直感を信じる」という流儀が紹介された。

彼の言う直感とは、

経験の中から生まれるものであるというもの。

まったく同感であった。

現在、主だったスタッフにヒアリングを実施しているのであるが、

彼らに話しているのは、

自身を持って取り組むということ。

判断は、自分の経験という裏づけにしか、

基づいていないということ。

だから、たくさんの経験をしなければならないということ。

そして、数多くの人たちが経験したことが

書物になっているのであるから、

読書をしなさいということ。

を伝えている。

これ以上は、本人次第である。

勝負強さ

Picsrvjptigerwoods 「ウッズ、アクセンチュアマッチプレー選手権最終日」

決勝戦でスチュワート・シンクを8-7で下し、

今大会3度目の優勝!!

ご存知、タイガーウッズ、世界で一番ゴルフのうまい人。

彼のマッチプレーでの強さは、群を抜いている。

ここぞというときの、集中力、マネージメント力、そういった総合力が、

強いんだと思う。

私の友人にも、

マッチプレーになると異常な強さを発揮する人がいる。

彼を見ていて思うことは、

集中力がすごい。

前向きな姿勢、攻めの姿勢、そして絶対に勝つのだという信念。

そういったところが、タイガーに似ているように感じる。

そこに至るまでの努力も尋常ではないのですが・・・。

タイガーも同じく、

ゴルフが好きなことは間違いない。

スポーツ全般ではあるが、ゴルフはとくに人生にたとえられたり、

経営にたとえられたりする。

とくに、ゲームの性質上、戦略性が問われるからだと思う。

精神的にも、安定していないと

コンスタントに良いスコアは得られない。

そういった意味合いで、経営者にはゴルフをする人が

多いのではないだろうか。

顧客満足

顧客満足(CS)経営を目にし始めて、何年になるのだろうか?

昔から、言われていることであるが、

CS経営などといわれだしたのは、

ここ最近(10年くらい)のような気がする。

われわれ製造業の正解では、

次工程は、お客様という。

自分の工程で作ったものは、責任を持って、

次の工程(お客様)に渡しなさい。

ということ。

それと同じく、従業員満足(ES)というものもある。

同じことであるが、

CSもESも、バランスが大切であると思う。

必要とされなくなったら、

その社会からなくなるという現実があり、

必要とされれば、拡大、繁栄するということである。

原理原則だと思う。

前社長の

「お客様が困っているときは、助けてあげなさい」という

言葉が、心にしみる。

人材育成

昨日、社団法人宮崎工業会が主催する

「ものづくり大学」の卒業報告会がありました。

当社からも、1名が出席を続けて無事卒業してくれました。

ごくろうさまでした

人材育成という表題ですが、

2009年度の人材確保にエントリーしました。

手始めに、マイナビに登録。

そして、3月5日は、宮崎での就職セミナー(合同説明会)

同じく、10日には、ヤフードームで合同説明会に、

参加してきます。

昨年から本格的に始めたのですが、

4月に、3名の新入社員を迎えます。

彼らに対する期待も大きいのですが、

それ以上に、彼らの期待に沿えるように、

組織作りをしていかなければならないと、

気合を入れなおしております。

ある会合で

中小企業金融公庫の取引先の会がある。

その会合に、初めてお邪魔しました。

県北地区異業種交流会でしたので、

知っている顔ばかり。

一番の若輩者の私は、

ずーと、緊張しておりました

講和は、日銀宮崎支店 所長が、

最近の経済動向に関して、お話をされ、

宮崎県の景気状況などの所感をいただきました。

言える事は、

注目されている宮崎県ではあるが、

経済的にそこまで効果が上がっているとはいえない

一部観光で、効果が見られるが、

観光資源としての宮崎というところを考えたときに、

ハード面はある程度あるが、

ソフトの充実が見られないなどという、

厳しい所感もいただきました。

私が感じたのは、

やっぱり、宮崎をこうするのだというリーダーの強い意志と

そのためのお金の使い方を明確にしてからの

話しだなぁというところです。

プロフェッショナル

昨夜、NHKのプロフェッショナル仕事の流儀を

見ていたら、

京都にある中小企業が

ものづくり大賞に選ばれて、その特集みたいな感じで

放送されていた。

内容は、番組のホームページを見ていただければ、

わかりますが、http://www.nhk.or.jp/professional/

そのなかで、協力してくれた地場メーカーがありました。

muratec メーカーさんのユニフォームには、

その文字が!

おお!ムラタだぁ (^0^)/

京都で、繊維と前段であったので、もしや?と思って

いましたが、期待通りです。

一個人の京都繊維業界をなんとかしたい、

日本の繊維業界を何とかしたいという思いが、

今回の結果に繋がってきたと思いますね。

慎重だけれども、大胆。

そんな村田機械という会社の企業風土も大きいでしょう。

村田機械のホームページは、こちら

http://www.muratec.jp/index.html

4月ごろです

2月18日13時7分配信 毎日新聞


 新日本製鉄とJFEスチールは18日、
ブラジルの資源大手、ヴァーレ(旧リオドセ)と行っていた
08年度の鉄鉱石価格の交渉が、
07年度比で65%以上の大幅値上げとすることで
決着したと発表した。
今年はじめから、4月に鉄が値上がりします!
っていう、アナウンスを受けていたけど、
それも現実的な価格が決まりそうですね。
原料の鉄鉱石価格が大幅値上げ・・・(-_-;)
高炉メーカーは今後、ユーザー(自動車メーカー)と
価格の交渉に入る。
間違いなく、値上げですね (T_T)/~~~
これで、不況にならなければいいのですが・・。
 

軍配は

新世代DVDの規格をめぐる主導権争いは、

「HD DVD」を主導する東芝が

再生機器類の製造を停止する方向となったことで、

今後はソニーなどが推す

「ブルーレイ・ディスク(BD)」に一本化される見通しとなった。

ただ、「消費者置き去り」のまま続いた規格戦争は、

すでにHD機を購入した消費者への対応など、

重い禍根をメーカー側に残す。(産経新聞)

次世代DVDは、ブルーレイに

なりそうですね。

ベータ規格で敗れたソニーのブルーレイ戦略が

今回は、生かされたのでしょうか?Ps3

このままブルーレイで決定でしょうから

PS3が再浮上しそうな感じです。

残すは、Wiiとの対決ですが、

こちらは、Wii に軍配が。

景気って?

【ニューヨーク13日時事】

13日の米株式相場は、

個人消費の底堅さを示唆する経済指標を眺めて大幅高となり、

優良株で構成するダウ工業株30種平均は3日続伸、

前日終値比178.83ドル高の1万2552.24ドルで取引を終えた。

ハイテク株中心のナスダック総合指数は急反発し、

53.89ポイント高の2373.93で終了した。

(時事通信)

景気とは、よく言ったもので、

まさに気持ちだけで、こんなにも変わるものなのか?

最近の指標で、時価総額というものがあるが、

こんなにも、マネーゲーム的に株価が変動しては、

正しい指標とはいえないのではないか?

と思ったりする。

結局、企業というものに対する価値観が欧米と日本とでは

違いすぎるところにその原因があるように思う。

日本人は、自分の会社に対して思い入れが強い。

帰属意識というものだ。

それが、中小企業であればなおさらである。

社長は、わが子のように会社を思い、資材を投じる。

欧米のように、業績が良いうちに売ってしまえ!または、

悪ければ、悪い部門を切り売りしろ!などという発想は、

なかなか出てこない。

グローバルスタンダードというが、

それだけでは片付けられないと思うのであるが・・・。

キャリア開発

2月も半分を過ぎようとしている。

当社の年度末は、4月であるから、残りあと2ヶ月半。

こりゃ、あっという間である。

実は、来年度の組織改革を考えている。

そこで現状分析である。

私は、改善手法しか知らないので、

なんでも、それを当てはめてしまう。

で、今回たどり着いたのが、

CADAS(キャリア開発シート)と

CADI(環境変化自己診断ツール)である。

まずは、CADIからしてみた。

自分がしてみないと社員には展開できないからだ。

結果は、全般的に高いキャリア志向を示した。

まぁ、社長が上昇志向を持っていないと始まらないので、

結果的には良かったと思っている。

基本的に、キャリアプランなどというものは、

個人のものであるので、個人的にすればよいのであるが、

企業はそのサポートを担っている。

それが企業を強くしていくものであると信じている。

どこにいったの?

【ニューヨーク8日時事】

米調査会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は8日、

米国のリセッション(景気後退)懸念などを背景とした株安連鎖の結果、

世界の株式市場の時価総額が

1月だけで5兆2000億ドル(約557兆9600億円)減少したと発表した。

日本の国内総生産(2006年度、511兆円)を大きく上回る額が、

わずか1カ月で吹き飛んだ計算。

株価下落の激しさが改めて浮き彫りになった。

いつも思うことである。

この時価総額が約557兆9600億円損失した!とあるが、

いったいこの金は、どこから生まれて、どこに行ってしまったのか?

普通考えると、損をした人がいれば、

得をした人もいるはずである。

そうであれば、誰かが約557兆9600億円の利益を得たことにはならないのか?

報道を見る限り、損をした報道は多いが、

得をしているという報道はない。

この金が全部、株式市場以外の、

金属やオイルに回っているのであろうか?

それにしたって、一月の損失だけで約557兆9600億円である。

日本のGDPよりも大きい金額が、消えてなくなるとは・・・。

このままでは、世界経済は混迷を極めるのではないか?

そんな危惧さえも感じる。

マネーゲームでまじめに仕事をしている人々が、

結果的に損をしてしまう世の中になってしまったのであろうか?

つづきというわけではないが

本日、友人が数名、北京へ旅立った。

まだ、今頃は福岡国際空港内にいるはずだ。

中国東邦航空で旅立つらしい。

定刻に飛び立てれば、上出来であろう。

無事に帰国できることを祈っている。

で、なぜ今の時期に北京に行かれるのか?

オリンピックにあわせても、よかったのではないか?

いろいろあるが、今の時期がリーズナブルだということらしい。

せっかくだから、

餃子問題の真相でも突き止めて帰国されたら、

時の人になれるかもね。(^^)v

海外に行くと、カルチャーの違いに驚く。

自分たちの常識は、世界の常識ではないことに

気がつく。

どれだけ日本が平和で安全な国であるのか、

認識させられる。

これでは国際競争をしたときに、勝ち目はあるのか?

と心配になる。

国際競争は、対岸の火事ではない。

まさに、日々の出来事である。日常。

餃子問題でも然り。

輸入に頼らなければ、食糧は確保できない。

輸出がなければ外貨は稼げない。

一目瞭然なのである。

年に一度は、海外視察くらい

行かなければならない時代だろう。

チチカカ湖さん、katanaさん、行ってらっしゃい。

過剰反応

中国製冷凍ギョーザの中毒事件による影響が、

野菜流通にも出始めた。

青果物を扱う東京・中央区の築地市場では事件発生後、

中国産野菜の買い控えが起きる深刻な事態になっている。

今朝のニュースである。

餃子の問題は、致し方ないが、

それに関して、ほかの中国食品までも、すべてが

有毒(残留農薬)であるかのように、

取り扱ってしまう国民性には、恐れ入った。

たしかに、品質のセオリーでは、

水平展開して、ほかも全数検査を実施。

なんてことはよくあるが、まったく関係ないのもが、

取引を一時的にでも、中断。

恐ろしいことである。

これは、中国製だからというわけでは無い様に思う。

過度の情報の垂れ流しから生じているのだ。

明らかにマスコミ(一部としておこうっと)に、問題ありだ。

判断できない(判断材料をメディアにしか持たない)国民は、

普通に、テレビで報道しているのだから間違いないと

勝手に思ってしまう。

品質に携わっている人間だと、実際に見ないと信用し無い様に

訓練されている。

「社長、こういった不具合が出ているそうです。」

「見たのか?」

「いや、まだ見てません・・・。」

「見てから話せ。」

こんなふうに、訓練されていくのである。

実際に見てみると、どんなものかがしっかりと判る。

ただ、餃子のような問題は、自分で確かめるわけにも行かないので、

たくさんの情報を収集してそのうえで、判断することが

大切ではないか。

ある偏った情報だけで、判断はできない。

今回のような、ほかの食材にまで影響があるのは、

それ(餃子)だけが、原因ではないけれどね。

メンタルヘルス

昨日、ある方が尋ねてこられた。

私のことを知っているというので、

お会いしたら、取引先の方だった(^_^.)

正確には、以前、取引先にいらした方である。

現在は、独立してメンタルOfficeという事務所を

経営されている。

内容は、個人のカウンセリングからグループのカウンセリング、

企業のメンタルヘルス講座、研修などさまざまだ。

挨拶程度に、話を済ますつもりが、

30~40分ほど、話し込んでしまった。

以前から、興味をもっていたこともそうだが、

メンタルヘルスは、大切だという認識があったため?

日本では、精神科にかかっているというと、

ややもすれば、色眼鏡で見られる。

しかし、アメリカでは精神科にかかっているというと、

メンタルケアができていて、精神的に安心できる人だと

評価される。

同じことであるが、見る角度、認識の仕方によって、

こうも違いが生まれる。

延岡青年会議所では、

TA(交流分析)を勉強する。

そういった経験もあってか、

興味深い分野である。

今月中には、スタッフとの個別面談もあるので、

付け焼刃でも、勉強しなければ。

県政報告会にて

昨夜、宮崎県の若手議員が結成している会派「愛みやざき」の

県政報告会に行ってきました。

Photo_2

国政報告会も行ったことがないのですが、

県政報告会とは、初耳のことで、非常に興味深く

参加させていただきました。

それにしても、参加者の多かったこと。

ホテルメリージュ延岡の鳳凰の間が、満員御礼。

500人は、確実でしたね。

しかも、政党色なんてまったくなく、まさに市民が

聴きに来ているという感じです。

まぁ、無所属議員の会派ですので、

政党色はないのですが。(^_^.)

さすがに、県議一年生とはいえ、議員さんですので、

お話の上手なこと。

とくに、お姉さま方の人気がすさまじい方がトップバッターで、

話すたびに、ドリフのコントで後音声でつけられる笑い声と

同じ声が会場内各地でしていたのには、

驚かされましたね。

それだけ、市民の感性に近い議員だということでしょう。

日向からも、西村議員が参加しておられました。

彼も、積極的に議員活動をされているようで、

頼もしく感じました。

上海に、視察に行かれたそうですが、今後は、

この日向、細島港から、海外を視野に入れた、

戦略的な動きを期待したいです。

それこそが、県北が浮揚する起爆剤ではないかと、

ひそかに思っている。

Photo 会場に来ていた松下君。

久しぶりだけど、

相変わらずだった(^_^.)

キャリア形成

橋本知事が大阪に誕生した。

彼は、子育てと教育を柱にしようとしている。

小泉元首相は、国会において、米百表の精神を唱えた。

米百表の精神とは、

北越戊辰戦争で焦土と化した長岡に、

支藩の三根山藩(現在の西蒲原郡巻町峰岡)から

見舞いの米が百俵送られてきました。

食べるものにもこと欠く長岡藩士たちにとっては、

のどから手がでるほど欲しい米でした。

しかし、時の長岡藩大参事小林虎三郎は

「食えないからこそ、教育をするのだ、学校をつくるのだ」と

米を売り払い、その代金を国漢学校にそそぎこみました。

教育を最重要視すること、つまりは、人に投資することを

最優先させてきた結果がいまの長岡ではないでしょうか。

(長岡技術科学大学などがあり、教育熱心)

個人のキャリア形成において、企業の果たすべき役割は、

大きく、いかに社員教育に投資できるかが、

企業の成長の礎ではないかと考えるのです。

今年、3名の新入社員が入社してくれます。

この3名に負けないように、現社員もがんばらなければなりません。

こんな本を読みました。

Photo 個人向けのビジネス本ですが、

裏を返せば、こんな会社が選ばれるという

ことになります。

なかなか大変です。(^_^.)

自分ブランド

今日は、午前中にスタッフに集まってもらって、

自分ブランドをつくってもらった。

自分ブランドとは、「私はこうありたい」という

自分だけのスタイルを作ろうというものである。

そういったものをやったのであるが、

そのための資料を作ってみました。

POWER POINT 2000を使ったのであるが、

思うような、サンプルが少ないこと。

これが、2007だったら、どうなんだろうか?

もっと、わかりやすい、素敵な演出ができるのではないか?

などと思い、近くのYA○○DA電器へ入ってみた。

そしたら、置いてあったのは Office 2007・・・・。

たしかに、パワーポイントは入っているけど抱き合わせかぁ・・・。

しかも、予算オーバーじゃん! (-_-;)

仕方がないので、今回のところは見逃してやった。 <`ヘ´>

最近パソコンも、重くなってきている。

そういえば買ったのが、2004年だったから、

そろそろ、4年だ。

だからといって、不満があるわけでもないので、

このまま使い続けてみる。

たしか、5年間の保険に入っていた。

後1年間は、壊れることはないだろう。

保険が切れたあたりが、寿命というものだ。

今日は、話題がないので、ブログサーフィンでもしよう。

 

驚いたね

[東京 31日 ロイター] 全日本空輸(ANA)<9202.T>が約6000億円を投じ、

低燃費機約60機を米ボーイング<BA.N>から購入することが明らかになった。

関係筋がロイターに語った。

これまで新型機の購入は年間10機程度だったが、

低燃費機への切り替えを急ぎ、燃油価格の高騰に対応するねらい。

Anawp_03_1024x768

いやいや、ボーイング787ですね。

機体の約35%を日本企業が担っている最新鋭機です。

原油高騰を受けて、燃費向上がうたい文句の同機を

一日でも早く導入したいのでしょうね。

しかし、6000億円で、60機?

一機 100億円!\(◎o◎)/!

値段にもびっくりですが、

燃費がいいので、遠くまで飛べるそうです。

いままでは、大型機でしかいけなかったところまで、

中型の同機でいけるので、コストが大きく違ってくるらしい。

導入コストよりも、ランニングコストが大きなものほど、

その効果が大きいのでしょう。

地球温暖化にも、従来機よりは貢献しそうです。

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ