最近のトラックバック

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

調整中

お取引先の部品を作るために金型を製作している。

本日は、最終調整をしているところである。

曲げ寸法が、あと0.1ミリほど足りないのでそこを調整している。

あと、気になる点が少しあるのでその辺もいっしょに調整する。

結構、なかなかの金型を製作することができ、少し安心しているが、

量産するとなるとまた違った問題が出てくる。

その辺は、臨機応変に対応できるのが当社の強みであろう。

Dsc01324 プレス金型である。

250tワイドプレスに乗せている。

順送金型といって、連続で生産することができます。

連続トラブルなしで生産するのが難しいとです。

少子化の対策?

少子化対策として、ロボットが期待されている!

そんな記事を見つけました。

以下に転記します。

Photo

[東京 27日 ロイター] 見た目は車輪の付いた洗濯機。都内の高層ビルの廊下を掃除するこの装置、実はロボットだ。高齢化が進む日本にとって、労働人口の減少にどう対応するかが緊急の課題となっている。その解決策として、研究者はこうしたロボットに期待を寄せている。
  富士重工業<7270.T>が開発したこの掃除ロボットは、すでに国内のビルやマンションなど13棟で使用されている。掃除ロボットが稼動するのは、オフィスが無人になる夜間。フロア間の移動にはエレベーターを使い、エレベーターから「清掃運転中です。乗車できません」というメッセージが流れると、ロボットが乗り込む。
 世界で稼動中の産業用ロボットのうち、日本は4割を占めるロボット大国。だが、家庭やオフィスなど工場以外で使用できるものはまだ少ない。日本の人口は2055年までに65歳以上が4割を占めると予測されており、研究者は高齢者の生活を支援する賢いロボットの開発を急いでいる。「少子高齢化によって(ロボットに)少し助けてもらう状況にならざるを得ない」と東京大学情報理工学系研究科の下山勲教授は言う。

ロイター通信が伝えたものである。

昨日、お取引先の専務が当社を訪れてくれた際に、

ロボットの話題が挙がっていたので非常にタイムリーに感じております。

専務曰く、ロボットの導入を検討しているそうである。

自動化の一歩先をいく先見性をもった方である。

彼の会社では、すでにロボットが導入されている。

初号機と呼ばれているらしい。(^_^;)

次に導入した場合は、弐号機となるのである。

専務曰く、シンクロ率(同期化)を高めていって、

生産性を上げたいとのことであった。

わが社にも、ロボットがある。

将来は、ロボット工員が作業している可能性は高い。

ガリガリ君

夏の定番商品「ガリガリ君」が、コンビニなどでのあまりの人気で生産が追いつかず、工場を新設して増産することが決定。「ガリガリ君」の生産販売を行なう赤城乳業は約70億円を投じて、埼玉県本庄市に30年ぶりに冷果の工場を新設。生産能力を現在の1.5倍に引き上げる。現在本社の工場を24時間フル稼働させ、全力で生産をおこなっているが、同業他社の工場を使って生産を委託しなければ注文をこなせない状況。
0925gari

ガリガリ君の生産が追いつかないようですね。

ここ最近の傾向で思うことは、売れる商品と売れていない商品の

違いは何かと言うことですね。

ガリガリ君の場合でも、類似している商品は、たくさんあります。

でも、ガリガリ君がうれているわけです。

どういう仕掛けをしているのかが、赤城のノウハウなのでしょう。

よくよく考えると、ストーリーの組立で爆発的に売れる商品に

なってしまうものがまだまだ埋もれているような気がします。

業務提携

昨日、大きな業界再編の兆しとも思える業務提携が発表されている。

ひとつは、シャープとパイオニア。

もうひとつは、ビックカメラとベスト電器。

興味深いのは、製造メーカーと販売店が同時期にと言う点。

特に因果関係はないと思うが、同じ電機業界でのことである。

何かしら予言めいたものを感じてしまいがちである。

業務提携で考えさせられることは、なかなか対等とはいかないなぁと言う点である。

お互いの思惑が一致したときに提携できるのであるが、

それぞれの思惑はなかなか一致しない。

今回の場合も、同じく相互補完といいつつも、パイオニアとベスト電器は、

財務基盤の強化が狙いだ。

そこに、出資者の思惑が合致したと言うわけである。

今後、その動きはもっと加速していくだろう。

株式がネットを通じて身近になり、証券会社のネット化が

進んでいく。

まさに激動の時代になり、一瞬の油断が破滅を招く。

裏返せば、アイデア次第で群を抜くことができるといえる。

簡単に資本が直接金融により調達が可能な市場も見えてくるかもしれない。

となると、業務提携や企業合併が盛んになってくるであろう。

中小企業は、相互の持っている技術を相互補完できるような

業務提携を見据えていかなければならないと思う。

趣味(自動車編)

趣味と言えるかどうかは分からないが、

私は動くものが好きである。

いわゆるメカが好きなのである。

で、本日の話題であるが、

スカイラインクーペが10月2日にデビューと言う話題だ。

http://www.nissan.co.jp/SKYLINE/COUPE/PRE/

どんな車かは、上記のアドレスを見てくれれば分かる。

今、日本車にクーペはこの一台になっている。

実は、私はクーペがたまらなく好きだ。

わが社の前社長もホンダ レジェンドクーペに乗っていた。

選んだのは私である。最終的には、私に決定権などなかったが(-_-;)

クーペボディの美しさがとても好きなのである。

本田は今秋 アコードクーペをアメリカで発売するはずである。

今年のデトロイトショーで発表していた。

Photo アコードクーペコンセプト

この車は、非常に気になっている。

私の大好きなアメリカ車のにおいがする。

それでいて、安心できる日本企業が生産している。

アメリカで生産されるだろうから、アメリカ製であるが、

ものづくりの思想が違うので安心だ。

しかし、なぜ日本で売らないのか?

たぶん売れないのであろう。(-_-;)

車なんて、大抵は一人か二人で乗っているはずである。

非常時を考えても、クーペで十分だ。

大勢で出かけるときは、レンタカーがあるじゃないか!

と少数意見を主張したところで、むなしいのでやめる。

企業訪問

昨日、お取引先の専務を訪ねてまいりました。

すると、打ち合わせを終えて専務と昼食に出かけようとしたら、

社長にお会いでき、ありがたいご講義をいただきました。

私のことを心配してくださっており、本当に感謝したしだいです。

講義も程なく終わり、

専務といっしょに先輩の建てたモデルハウスを訪問しました。

もみの木の家という健康住宅で、

なんともいえない、まったりとした空気感につつまれた家でした。

間取りは、3LDKなのですが、

空間を上手く利用していて、開放感溢れる住宅を演出されておりました。

なかなか良いなぁと思って、その場を後にしました。

その後、昼食をとって、専務の建てているご自宅の大工さんを激励に訪問。

設備屋さんがいらっしゃると思っていたのですが、

まだまだ設備の設置は程遠い感じの進捗状況でした。

9月納期だったと思っていたが、10月の間違いだったらしい。

おそらく引渡しは、11月かな?

でも、なんだか楽しみな感じがして、自分の家でもないのに

ワクワクしております。

ハードな週末

先週は、ハードスケジュールで動いておりました。

金曜日、象印マホービンの工場見学。

魔法瓶(今はステンレス)の製造工程を拝見させていただきました。

なかなか興味深く、かなりのノウハウが必要なようです。

組立工程も拝見しました。

およそほとんどの社員が契約社員。

日雇いの社員もいました。

そんな彼らが組立をしているのですが、恐ろしく正確で早い。

セル生産方式なのですが、上手く作業分担をしており、

単純化に成功しておりました。なかなか参考になりました。

土曜日は、福岡にてグランドフェア視察後に、

来年の新卒者といっしょに食事会。

いやいや、頼もしい新入社員が入社してくれます。

来年が楽しみです。

今のスタッフはうかうかしていては、あっという間に・・・。

と言うことになりかねませんよ。

今週末は

昨日の阿部首相の辞任は、やはり衝撃的でした。

ここでの辞任には、かなりの批判が集中することは明白だが、

それでも辞任を選択してしまうほど、総理は疲労困憊状態だったに違いない。

衆参で与野党逆転状況が起こっている状況下でのテロ特措法の延長もしくは、

新法立案は難しかったのであろう。

いろいろ魑魅魍魎の野心渦巻く永田町の住民たちの餌食になったのでしょう。

こわい、こわい。

明日は、大阪に行ってきます。

象印の工場見学と日本青年会議所 鉄鋼機械工業部会の総会に参加してきます。

最新の業界情報が得られるので今後の方向付けにも役立ちます。

15日は、そのまま福岡に入り来年度の新卒採用者とセミナーおよび懇親会を

企画しており、その場でもいろいろと刺激を受けることになると思います。

学生が今何を思っているのか、その感性を理解できたらと考えております。

楽しみな週末です。

ひさしぶり?

4日ぶりに書くブログは、久しぶりに感じてしまう。

これはちょっと病気かも・・・。

毎朝、メールチェックをして一日が始まるのであるが、

自宅には、インターネット環境が整っていないために、

会社でのチェックになる。

土日、出張などが入ると次のチェックには200件を超えることが

しばしば。そのほとんどが、よくわからない海外からのメール。(-_-;)

しかもご丁寧に、カーソルを乗せただけでホームページにリンクしてくれている。

いちいち、エクスプローラーが立ち上がって迷惑である。(ーー;)

しかも時々問い合わせのメールもあるので、簡単には消去できずに、

いちいちチェックしている。

ブログも、同じでいつの間にかスパムメールが大量に届くようになってしまった。

設定を変えて対策しているが、それでも届くヤツがある。

ネット社会が定着してきている現在、情報を如何に分析して自分のものとして

利用する能力が問われている。

雑誌が届いた2

私は雑誌が好きである。

ただ眺めているだけの雑誌も好きであるが、

実用書に通じる雑誌もよく見ている。

本日は、日経ものづくりが届いた。20070907094824

特集に「 見得る化の徹底 」 があった。

以前からある改善手法であるが、

その徹底振りがすごいと評判の工場が

紹介されていた。

当社も、昨日から改善活動をはじめた。

まずは、床のペンキ塗りから。

1ヵ月後の仕上がりが楽しみである。

そろそろ

台風が関東に直撃しそうな感じです。

関東にいた頃、一度台風にお目にかかったことがあります。

そのときに感じたのは、たいしたことないなぁ、と言うもの。

10年以上前の話ですので、今の強力な台風とは比べモノになりませんが、

東京での台風はそんな印象です。

今回も、大きな被害もなく済んでくれることを願っています。

そろそろ日向に越してきて、一年になろうとしている。

まだ1ヶ月ほどあるけど。

私もそろそろ日向に引越しをしてみようと思っている。

この地に少しでも根ざしてみたいと考えているからである。

単に、独立を意味しているだけでもある。

そろそろ呪縛から抜け出さなければ。

モチベーション

製造スタッフとのミーティングが終わりました。

彼らの考えるところ、私たちの考えるところ、同じベクトルを持てた

とても有意義なミーティングでした。

私は学生時代に心理学を専攻したことがあります。

工科大学ですので、あくまで一般教養のレベルではありましたが、

非常に参考になっています。

学問としては、多く学んではいませんが

心理学とは、コミュニケーション、喜怒哀楽などと言うものの

機微を感じ取れる感性と思います。

人間ですから、完璧な人などいませんし、悟りを開いた人間なんて

人間らしくなく、ちっとも面白くないに違いありません。

何かの本にあったと思いますが、

神様は変化しません。それは欲がないからです。

人間は変化をします。それは欲があるからです。

とありました。

森羅万象を超越しているのは神のみである。

私たち人間は、未熟であるからこそ変化をしていくのである。

宗教みたいになってしまいましたが、

私は、多くのことに貪欲に生きて行こうと思います。

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ