最近のトラックバック

« 内閣改造 | トップページ | モチベーション »

人材育成

会社の組織改革を始めている。

その第一歩である組織編制を考慮中である。

私は、社員にとって会社は場所の提供であると思っている。

そこで働くと言う意義は、その人の能力を発揮できてこそ達成されるのではないか?

「働くとは何か」などと言うことは、考えたこともないはずである。

仕事はしなければならないものであると言う前提に立って、仕事を探しているからである。

それはそれで、当たり前のことなので問題ないのであるが、

私にとっては重要なことである。

そこを考えていないと会社の存在意義を考えるときに抜けが生じる気がするのである。

地域社会も同じではないかと思う。

なぜ、その地区に住むのか。

昔から先祖代々住んでいたから、働く場所がそこにあるから、様々な理由がある。

地方から都市への人口流出が激しい。

地方の過疎化は進む一方である。

それに対して地方は何もできないのであろうか。

そうではないと思う。

住みやすい町づくりを標榜している自治体は多い。

なのに人口の流出は止まらない。

なぜそこに住むのか?真剣に考えなければならないときである。

« 内閣改造 | トップページ | モチベーション »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人材育成:

« 内閣改造 | トップページ | モチベーション »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ