最近のトラックバック

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

ロボットイベント

私が所属しているみやざき飛翔会という会があります。

そこで現在企画しているのが、宮崎テクノフェアとの連携での

ロボットイベントです。

昨夜、その会議があって参加させていただきました。

なかなか熱い議論が交わされる中で、いろいろと夢というか妄想が広がって、

ただいまかなりワクワク感に包まれております。

もうひとつのイベントで、人材の長期育成を視野に入れたアルバイトマッチングイベントも

企画しております。

こちらは、宮崎県の労働政策課のみなさまとの連携につながれば、

おもしろいことができそうです。

まだまだ企画段階ですので、どれくらい実現性があるかの検討が

これからなされていくのですが、ぜひともどちらのイベントも成功させていきたいと

感じた昨夜でした。

もう、3月も終わり

気がつけば、本日は28日。

なんと一ヶ月のたつのが早いことだろう。

今日も一日があっという間に過ぎてしまった感じがしている。

朝から金型の組立をした。

何とか上手く組みあがったが、明日の生産がうまくいくことを祈っている。

やられました

今日は、なぜがか、やられてしまう一日でした。

朝から、コンプレッサーが停止。

予備のコンプレッサーまで壊している。

何が起こったのか?それすらも分からないまま一刻も早く再起動させるために

四苦八苦。

それが済んで2時半からずーと今まで来客。

あんまりいい話ではない。

それでも、何とか次回につながるように話をさせていただいて、

現場に行くと金型が疲労破壊寸前。

トホホな一日でした。

練習は大切

ひさしぶりにゴルフに行きました。

練習に一度も行くことなくコースに出るという無謀と言うか、

一緒にラウンドしてくれる方には気の毒と言うか。

それでもなんとか61-57 TOTAL 118でラウンドできました。

今回の目標は、ボールをなくさない。

と言う目標のおかげで、集中して打てたのがよかったのでしょう。

しかし今回も「 練習しなくちゃなぁ 」と帰りの車中で反省。

感心します

昨夜、先輩から電話をいただきました。

福岡出張に行って時間ができたから、Y-CUBEによってみたというお話でした。

このブログでも書きましたが、3月2日に人材セミナーをしました。

そこでの内容を聞いて、すぐに行動に移すところがとてもまねできないなぁ。

さらにすごいところは、行って話を聞いたよ!と軽く電話をくれるところ。

間違いなくこの人が宮崎の工業会を引っ張って行くような感じがしました。

さすがは、みやざき飛翔会県北部会のリーダーです。

福岡にて

会社説明会を開催しました。

6名の学生のみなさまより、参加いただきました。ありがとうございます。

福岡は、というよりも全国的に寒い一日でした。

福岡市内でもみぞれ混じりの雪が舞っていて、風も冷たかったですね。

しかし会場は、熱く語ってくれる学生の熱意で1時間開催のところが30分延長してしまいました。

大変気づきの多い90分でした。

当社は、Y-CUBEの福岡支店にお世話になっています。

毎年、学生に一番近いところで接している彼らは一日の長がありますね。

当社は、川人氏が担当してくださっていまして、ノウハウ本にはない当社オリジナルの提案をしてくれています。

昨日も、しっかりレクチャーしていただきました。

コンサルティングと言う点においても、Y-CUBEという会社は、視点がおもしろいです。

ただ、心を動かしてくれたのは、安田社長の著書であり、中川副社長の講演の中での

「何があっても新卒採用を続けなければならない」という言葉でした。

そんな想いが、福岡支社のみなさまにも伝わっているように感じますね。

今回のコンサルティングの狙いは、採用のノウハウもさることながら、社内の意識改革にあります。

すでに採用に携わっているメンバーの意識に変化が見られてきているし、

これが一年後にはどういう変化をもたらしてくれるかを期待するとワクワクしてきますね。

さらには来年採用したメンバーがもたらしてくれる新しい価値観とエネルギーは、

もっと大きな影響を与えてくれると信じています。

多くの人々との出会いに感謝。

組織の存続

昨日、散髪に行ったときのことでした。

私の行く床屋さんは、理容協同組合の理事をされております。

その組合の理事長を打診されているそうです。

本人は、非常に困惑されておりました。

そんな話の折に思ったことです。

私も、社団法人延岡青年会議所の理事をさせていただいております。

本年度は、会員拡大委員会と研修委員会を副理事長という立場で担当させていただいています。

組織の存続は、その組織が社会から必要とされている限り、あり続けなければならないと言う使命があると思っています。

しかし、それをその組織の大半が同じ認識で行動しなければ、実質的に存続は困難になってきます。

会社もそうですが、組織とは同じ目的を持って行動していかなければならないのです。

JCでいえば、「綱領・クリード」にあることを延岡のため、宮崎のため、九州のため、日本のため、そして世界のために行動しようということです。

今年、50周年を延岡青年会議所は迎えます。

7月25日には、記念式典が開催されます。

それまでにどんなことができるかを最大限に考えて行動に移さなければなりません。

時間がなくなってきています。そろそろ優しい副理事長でいられるのも限界か・・・。

Project321  Project322

Project323 3月1日のプロジェクト会議の風景

Y-CUBE

昨日、宮崎県工業会に関係している「みやざき飛翔会」という団体の定例会が

宮崎県北地区部会担当で開催されました。

おかげさまで、無事に終了することができました。ありがとうございました。

当日は日向中島鐵工、島原社長様、キヨモトテックイチ、清本社長様、

会社見学のほうを快くお引き受けくださいまして、誠にありがとうございました。

当日は、県北地区部会の森山様。髙田様がフットワーク軽く動いてくださいまして、

助かりました。参加してくださいました皆様に感謝です。

おっと、忘れておりました。標題のY-CUBE のことですね。

今年、みやざき飛翔会は人材をテーマに活動しておりまして、

その一環として、Y-CUBE 人材セミナーを企画させていただきました。

当日は、福岡より「 藤田様 ・ 川人様 」の両名にお越しいただきまして、

非常にユニークかつ斬新な切り口での人材開発によって、宮崎県の明日を

作り上げていく人材戦略をご提示いただいたように思います。

参加されたみなさま、ぜひこのブログをご覧になっていらっしゃれば、

コメントを入れていただくといいなと思っております。

Y-CUBE と言う会社。かなり斬新です。一般的ではないと思います。

でも私は、中小企業が一般的でどうするのか!と言うところがあります。

人と同じことをしていては、それ以上にはなれない。

また、中小企業だからこそ、その特徴を生かした企業体でいることができるし、

そうなければならないと思います。

早々、こんな話が懇親会の席で出ました。保守、超保守と言う意見です。

これは、宮崎県という自治体の話ですが、今回新知事が誕生した背景には、

保守ではもう期待できないと言う県民の意識があったという分析が

できるかもしれません。おや?じゃぁ、宮崎県民が革新派になったの?

そんな話ではないでしょう。ミーハーなだけです。

ただそこに、知事の選挙戦における宮崎県をどうにかしたいと言う純粋で

ひたむきな姿を感じ取ったからこそ、今回の結果になったと思います。

というところで、今回のY-CUBE講演、宮崎県の若手ものづくり関係者に如何に伝わったのか、興味に思う今朝の心境です。

3月になって

早いもので今日から3月です。一日一日が早々に過ぎ去って行っている感じです。

時間が経つのが早いのは、充実しているか追われているか。

今の状態は、後者。

なんでもそうだが、追われていてはいい結果はえてして得られないように思う。

できれば追う立場で物事に対峙したい。

元気のよい方にお会いすると思うことは、基本的に前向きな考え方をしているという

ことでしょうか。

発想が、プラス思考であることはいうまでもなく、マイナス要因にしてもプラスに変えて考える

思考回路が備わっているように思えます。

悲観的に考えればいくらでもマイナス要因なんて挙げられるでしょう。

やはり、マイナスからはプラスは生まれないと言うことかな。

だからと言って、楽観思想だけでも困ったものです。

重要なことは、バランス感覚。

今月は、バランスよく乗り切っていこうと思う。

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ