最近のトラックバック

« 会計と経営 | トップページ | 想像力 »

次年度委員会

昨夜、来年担当させていただく、2つの委員会で合同会議を開催しました。

参加人数は、2委員会合わせて、4人・・・・・・・。

本当は、18人いるはずなのに・・・・。

自分の不徳のいたすところでしょう。

素直に反省しました。

とは言ったものの、会議後の懇親会にはなんだか人影が多くなっている。

どうしたものであろうか。

私は、基本的に委員会は委員長のモチベーションで活性化するかしないかが決まると思っている。

だいたい青年会議所に入会しているメンバーは、元来モチベーションは高い。それを引き出すのが委員長の役割である。テクニックで言うと、委員長はいかに副委員長のモチベーションを上げるかに注力していくというところが、大切であろう。

委員長一人の力なんて高が知れている。そこに副委員長を加えてさらに委員会全員の力を集結するから、大きなことができると言うことである。実はそのことが、委員長の一番の成果であり、委員会メンバーの成果であると言える。

実際に委員長のしなければならないことは、考えると言うことそしてその考えを委員会メンバーに伝えると言うこと、伝えるにもレベルがあって、同意していただくと言うこと。

それが最も、しなければならないことであろう。

« 会計と経営 | トップページ | 想像力 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ