最近のトラックバック

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

春の嵐

今日は、朝から強風が吹き荒れている。

まるで台風。会社の屋根が一部飛んで行った(TT)/~~

昨夜は、所属する団体で嵐が吹き荒れた。

反省することが多い一日でした。

今日も、何かと自分の範疇でないところからのクレームが多い。

しかし、どんな事実も自分と少なからず関わりがあるから私のところに

話がくるのだということを感じる今日この頃です。

話をしてくれてる人がいることに感謝ですが・・・・。う~ん。

組織とは

日曜日に組織について考える機会をいただいた。

一般論として考えると、会社組織が一番しっくりくるが、今回はJC。

なんだかんだと考えるうちに、原理原則は同じだなという結論に。

強い組織は、どんな組織なんだろうか。

組織の単位で大きなものは、国家。

多民族国家であるアメリカと単一民族で単一言語の日本では、それは大きく異なるのであろう。

アメリカという国は、事あるごとに国家を斉唱しているように感じる。

日本は、学校の行事ですら国家斉唱、国旗掲揚をやめようとする動きがある。

生まれも、育ちも、顔も違う人が集まっているのだから、ただ集まっている集団から

組織になるには、思想の統一が必要であろう。

リデザイン

先週末、九州ビジネスアカデミー委員会に参加してきました。

社団法人日本青年会議所九州地区協議会の委員会ですが、

地方の企業がビジネスにおける活性化をするためには、自社はどうすればいいのか

を考えていく委員会です。実利一杯の委員会です。

その委員会に出ているとかなりの刺激を受けます。

タイトルにリデザインとしたことも、これからの自社の事業ドメインを

再考するいいきっかけになっております。

川口委員長には感銘を受け、誘ってくださった吉岡福会長には感謝しております。

さて、これからリデザインを考えることにします。

理事会で

毎月一度、延岡青年会議所の理事会に参加させていただいています。

本年度は、副理事長という立場での参加です。

昨年までは、事務方(運営サイド)での参加でしたが、今年は少々趣が違います。

青年会議所は、組織体として縦社会がきっちりと機能しております。

毎年、組織変更がありますので一年間の任期でそれぞれの役割を全うすることになります。

立場上、苦言を呈する場面が多くなってきているなぁと思う今日この頃で、

これも立場が人を変えるということだろうと納得しています。

小春日和

今朝の気温からするとなんと暖かくなってきたのであろう。

宮崎はこんなに暖かいのだなぁとあらためて思う。

週末は、福岡に行くのであるが気温はどうなんだろうとぼんやり思う。

福岡には、金融機関の勉強をしに行くのであるが、それぞれの世界での

実態を知る、いい機会であることを期待している。

判断する

昨日、人材派遣会社と契約をした。とりあえず、4ヶ月間の期間限定での派遣です。

明日から、5名が出社してきます。

ここで、人材派遣をなぜ選んだのかというところであるが、派遣のほうがいいという判断が合ったからです。

判断するということは、決めるということですから理由があります。

その理由というのは、人それぞれで少々違ってきます。というのは、決めるにはその人の経験から判断されて行われているからです。

経験値は、人それぞれ違いますので、少々違ってくるということです。

なんにせよ、派遣のほうが今の当社にはあっていたということになります。

派遣社員と正社員、業務上大きな違いはありません。ただ所属が違うというだけです。

会社経営で考えれば、人件費は大きな固定費です。それを外注で変動費化するというだけですが、そのリスクは費用で跳ね返ってきます。

目の前の費用と将来の保全。そのバランスが大切であると思います。

春めいてきて

今日は、穏やかな日和でした。

風もなく、暖かい日差しが南国宮崎を思わせてくれた。

そんな今朝、まったくもって・・・・、叱らなければならないとは。

朝礼で、工場長が掃除のことを言った。

誰に言ったわけでもなかったが、その対象者はわかったはずである。

にもかかわらず、何の行動もなく、すまし顔で職場で仕事をしている。

あきれてものが言えない。

仕方がないので、呼び出して全員に掃除をさせた。情けない。

精密加工技術

シチズン時計と大阪大学は六日、シチズンが精密加工技術を生かして製作した超小型ロボット「エコビー!」の開発で提携したと発表した。2cm

産業用機械への応用を考えているとのことであるが、やはり時計の精密加工技術と言うのは、すごいなぁと感心させられます。

最近有名な時計のムーブメントといえば、フランクミューラーなどですが、

いやいや日本のシチズン、セイコーだって全然そん色ないし、それ以上だというところはあると思います。自動車産業もすごいと思いますが、手のひらに乗るこの世界も絶句してしまうくらいすごいなあと思いますね。

健康管理

先週の土曜日から昨日まで、ひどい高熱に見舞われた。

昨日に至っては、強度の下痢。

病院に行っても、白血球も正常値でばい菌ではないらしい。

原因不明なのはいささか不安である。

とはいえ、今朝は熱も下がり、残すところ下痢君とのお付き合いだけである。

これも、いづれは落ち着くのであろうが、先週に行った中国がなぜか怪しい。

5年前も中国に行ったあと1週間くらいしてひどい目にあったのを記憶している。

今回は、気をつけていたつもりだったが・・・、油断があったのかもしれない。

ボーダレス

政治では、冷え込んでしまっている日中関係も、こと経済になるとかなり過熱している。

先週行った中国は、中国でも南に位置し、経済特区として経済中心に社会が回っている。

そちらの方に聞いたところ、たとえば北の将軍様が視察されたこともほとんど気にも留めていない状態。

政治には関心がないとまで言っておられたのが、印象的であった。

やはり、豊かになってくると政治には関心が行かないのであろう。日本も同様で、政治には関心がない。貧困な地域ほど政治に関心が行くのは、必然である。

脱線しましたが、経済交流はできればしていきたいと思う。

喫煙に関して

ドイツのシュミット保健相は1日、禁煙推進運動の一環として、禁煙成功者らに総額1万ユーロ(約140万円)の賞金を贈るキャンペーンを5月に行うと発表した。同相は「お金持ちになれるばかりか、健康にもなれる」と喫煙者に呼び掛けた。

禁煙をするということは、かなり難しいことだと思うが周囲の健康を害するといわれれば、避けられない社会現象になりますよね。

思うに、喫煙をするようになるのは、その人の周囲の環境が大きく影響するのだと思います。実際に、周囲が禁煙になればすわない環境が当たり前になり、結果やめる確率が上がるということは、実感しております。

私の周辺を見る限り、申し訳ないが喫煙者と非喫煙者の文化レベルの違いは、傾向としてあるといえるでしょう。一概には言えませんが・・・。

同じように、肥満に関してもいえると思います。こちらは、当方も人事ではないので、今年の大テーマにすえることにしておりますが、なんだか毎年言っているような・・・。

なかなか、難しいものです。

雨上がり

さっきまで降っていた雨が上がって、夕日が差し込んできた。

気のせいか、空気も澄んだ感じがしている。

3月になって、新しい気持ちでがんばれるような気持ちである。

今月は、なかなかハードな月になりそうだし、今年の動きで今後のスタイルも

変化しそうな予感がしている。

この夕日をもう少し眺めておこう。

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ